とてもウェットな共同作業

2006年1月14日(土) 10:20:32

昨晩は打ち上げパーティ。12月にやった怒濤の仕事群の中の大きな一個を打ち上げた。
このところ「打ち上げ」という行為が廃れてきて、区切りもなにもなく次の仕事に向かうことが多かったのだが、こうして打ち上げをするとやっぱりどこかサッパリして気持ちが良い。つか、もっともっとささやかに「お疲れ様」を言い合う会のはずだったのだが、いつの間にか巨大化していて少し面食らった。超大物にもお越しいただき、恐縮。

こういう「打ち上げ」をして、協力してくださったスタッフがみんな集まると、どれだけの人に支えられてこの仕事が成立したのかを実感する。みなさん、朝も夜も土日もクリスマスも年末もなく情熱的に動いていただき、本当にありがとうございました。超綱渡り&ウルトラCの納品で久しぶりに脂汗をかいたけど、この脂汗を次につなげたいと思います(汚い)。

しかし、綱を渡りきっただけでもラッキーだったのに、渡りきったあとでそれをドライに評するタイプがひと昔前よりぐっと多くなった。
そういう気持ちもわかるんだけど、いわゆるクリエーティブとか制作作業とかはそんな流れ作業の工業製品のようなドライなものではない。もっとぐにょぐにょしたカタチのないものを慎重に慈しみながら整えていく、とてもウェットな共同作業だ。いや、クリエーティブに限らず、仕事に愛を注ぐとそこには自分の赤ん坊に対するようなウェットな気持ちが宿るもの。そのウェットな共同作業の中での綱渡りがどれだけ危ういものなのかをわかってくれる人が激減している肌実感。オレが古いだけなのかな。

まぁ、そんな風に「打ち上げ」たのだが、今日もまだ改訂作業が続く。打ち上がってないやん。つか、休日出勤してない週がないな、まったく。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事