AKB48

2005年12月 8日(木) 9:28:47

ある縁があってAkihabara48というアイドルグループ(現在20人)の誕生に立ち会った。昨日がプレス発表&ゲネプロ(公開リハーサル)。オーディションからたった1ヶ月でよくぞここまで踊れるようになったと感心。デビュー前から少し関係していたこともあって、初舞台にはちょっと感動した。うるっとな。そのまま二舞台見学。将来彼女ら(もしくはこの中の誰か)がビッグになったら、「ボク初舞台見てました」って言えるなあ(アホ)。つか、娘と同学年が舞台上にいる!
最初は全員同じ顔に見えたが、なんとか20人の顔と名前は一致するようになった。どう成長するか楽しみ。今日が一般デビューである。

入浴剤は身近な話題だったせいか、たくさんメールをありがとう。
残り湯を洗濯に使っているせいもあって入浴剤を普段あまり使わないのだが、クナイプだと大丈夫らしい。それも大きい理由のひとつ。まぁ他のも意外と大丈夫なのかもしれないけど。

あぁそれにしても、昨日も深夜まで残業してタクシー帰宅したのだが、タクシーの運転手さんの口臭があまりにあまりにひどくて、朝になってもまだダメージあり。寒いのに窓全開にしたので喉も少し痛い。細胞にあの口臭が染みついている感じ。うぅ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事