ストレス解消気分転換ひとり旅の必要

2003年9月 7日(日) 10:54:08

頭痛について、セカンドオピニオン、サードオピニオン、そして東洋医学系治療など、いろいろ取り入れ始めているが、どこでも「ストレス」を言われる。ボクはストレスに鈍感でたいていのことは飲み込んで前に進むタイプなのだが、その分表面化すると酷い結果になるようだ。適度にガス抜きしてるつもりなんだけどなぁ…。というか、公私の「私」をやりすぎ? でも私を減らして公ばかりにするのは本末転倒な気がするし…。

家族でも何度か話し合い、治療と並行して「ストレス解消気分転換ひとり旅」のお許しをいただく。行き先はロシア。10日ほど休んでボリショイバレエをモスクワで毎晩毎晩観るという贅沢なストレス解消。その後建都300年に賑わうサンクトペテルブルグに寄ってエルミタージュ美術館漬け。
……インプットが多すぎて逆に頭痛くなったりして。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事