岡山で股割り

2002年8月24日(土) 11:33:33

岡山での「ボンダレンコ&岩田守弘サマースクール」はちょっと感動的だった。朝10時半から夕方6時までそのレベルの高いレッスンに目は釘付け。こんなに丁寧で豊かで美しいレッスンだとは思わなかった。バレエを知らないボクでも目から鱗がこぼれ落ちること多数。なんつうか人生全般に通用するような普遍性があるのだ。なんでも最高峰というのはすごいものだ。
最終日だったこともあり、最後には岩田夫妻によるボリショイ・ソリスト現役バリバリのバレエを目の前で見られた。その躍動に目がちょっと潤む。ダンスという枠を越えて「表現するってすばらしい!」と強く感じさせられ、ボクも生きている限りずっと表現者であり続けたいと強く思った。うはは。なんか子供の感想文みたいでスマンが。

終わってから控え室で雑談してたら「レッスン見てて踊りたくなったでしょ!」と岩田さん。「いやー踊りたくなったけど、股割りも出来ませんからねぇ」と手を振ったら「股割り?そんなのすぐ出来ます」とボンダレンコ先生まで出てきて、みんなで寄ってたかって股割りさせられる。まるで中世の拷問絵図である。背骨と骨盤の使い方を変えるだけでここまで割れるのね、とびっくりはしたが、長年縮こまっていた腱は悲鳴を上げる。ニエーーーーートッ!

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事