「ミスター・ルーキー」

2002年4月 5日(金) 7:10:56

プレゼンにトラブル発生。気分転換のため「ミスター・ルーキー」を観た。前評判高いこの邦画、ありがちな設定をいっぱい集めて作ってはいるものの、出来は良い。というか、泣ける。ラストより最終戦の中盤あたり。ふと気がつくとダダ泣きしてたり。トラキチでも野球キチでもないのになぜだ? 歳か? 甲子園いっぱいの観客をエキストラにしている効果も大きい。泣ける。○ースも泣ける。「夢を託す」というのがどういうことか、心からわかる。あと、ロケがボクがいた支社を舞台にしているようで、見覚えある景色が次々出てきたのも心をくすぐる。泣ける。ボクだけかもしれないが、泣けるツボが多い映画であった。
長嶋一茂ってバカにしていたが、演技のうまさに舌を巻く。大化けするかも。橋爪と駒田も良かった。それと野球の演出が良かった。…って褒めてばかりいるなぁ。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事