※読み方

人やお坊さんによって読み方や息継ぎの場所が違うと思いますが、参考のためにボクが祖父に習った読み方を以下に載せてみます。

改行で小さな息継ぎ、段落で大きな息継ぎ、と思って下さい。
小さな息継ぎはしてもしなくてもオッケーです。

だいたい二拍子で一気に読むのが覚える近道だと思います。ダラダラ読まず一気に。
早口で覚えていくとそれこそ1分とかで読めてしまいます。

普通に漢字を読むと「まかはんにゃはらみたしんぎょう」となりますが、お経として音読するときは「まーかーはんにゃーはーらーみーたー」というように調子をつけて読むと格好がついてきますし、覚えやすいです。
ですので、下では「−」つきで書き上げました。
「まーかーはんにゃーはーらー…‥」の全体の流れについてはある程度音程を上下したりしてメロディアスにしてもいいです。たまにいますよね、歌うようにお経を読む坊主。そこらへんに決まりはないようですよ。

 


まーかーはんにゃーはーらーみーたーしんぎょう

かんじーざいぼーさーつーぎょうじんはんにゃーはーらーみーたーじ
しょうけんごーおんかいくうどーいっさいくーやくしゃーりーしーしき
ふーいーくーくーふーいーしきしきそくぜーくーくーそくぜーしき
じゅーそーぎょうしきやくぶーにょーぜーしゃーりーしーぜー
しょーほーくーそーふーしょうふーめつふーくーふーじょうふーぞうふーげん
ぜーこーくーちゅーむーしきむーじゅうそーぎょうしき

むーげんにーびーぜつしんいむーしきしょーこーみそくほう
むげんかいないしーむーいしきーかい
むーむーみょうやくむーむーみょうじんないしーむろうしーやくむーろうしーじん
むーくーしゅうめつどうむちやくむーとーくいーむーしょーとくこぼーだいさった

えーはんにゃーはーらーみーたーこー
しんむーけーげーむーけーげーこむーうーくーふーおんりーいっさいてんどうむーそー
くーきょーねーはんさんぜいしょーぶつ

えーはんにゃーはーらーみーたーこーとくあーのくたーらーさんみゃくさんぼーだい
こーちーはんにゃーはーらーみーたーぜだいじんしゅぜーだいみょうしゅ
ぜーむーじょうしゅぜーむーとーどーしゅのうじょーいっさいくーしんじつふーこーこっ

せつはんにゃーはーらーみーたーしゅーそくせつしゅうわっ

ぎゃーていぎゃーていはらぎゃーていはらそーぎゃーていぼじそわか
はんにゃーしんぎょー

 

※これは個人的備忘録として「般若心経」を載せているページです。

本格的な読み方はもっと他のページで覚えた方がいいかもしれません。もしくは本職のお坊さんに習うとか。あくまでも上記は素人覚えですので内容に責任は持てません。また、字は当て字も少し含まれます。


般若心経を空で言えるボクって
中学時代「朱印」集めてました
コラム・トップへ


satonao@satonao.com