KISSは偉いねぇ。本当に偉い…



思わず買っちゃったツアーTシャツ。3500円。


97年1月22日。キッスのライブに行ってきました。

当日会社に行ったらフリーのゆいこが髪の毛ザンバラにして皮ジャンじゃらじゃら引きずって、魂抜かれたみたいにぬらぬら歩いている。
「どうしたんだ?レイプでもされたの?」って聞いたら「昨日キッスのライブに行った。この頃ROCK魂を忘れていた自分に気付いた。昨日自分で髪の毛バリバリ切った」と、どこか遠くを見ている目でやっとこさ答えたのだ。

「キッス?キッスってあのキッス!?え、いま大阪に来ているんか?!(注:筆者は現在大阪に勤務)」

これはぬかった。
キッスが昔のメンバーで、昔の演目でライブをする、ということは知っていたけどなんとなく遠い世界の現実感のない話みたいな感じを持っていた。それがすぐそこに、手を伸ばせば届くところでやっているとは!

「今日もやるよ、ライブ」
「ホント!ゲゲゲ!えーと今日は残業が……ええ〜い、どうでもいいや!」

というわけで、出かけたわけです。
会社の先輩の山本さんと、ゆいこと。ゆいこは連夜のキッス。当日券目当てで大坂城ホールへ。立ち見でなんとか入れました。まわりは意外と若い人が多かったな。昔のライブを知らない世代が。

KISSは中学3年の時にALIVE(キッスのライブをこう呼ぶんです)に行って以来の大ファンで、ライブに行くのはこれで4回目。
いわゆるハードロックというのはあんまり聞かなかったんだけど、KISSだけは別。
あのキワモノ感と、とにかく楽しませようという割り切り感が好きでした。曲は単調で詩の内容も単純だけど、好きな曲いっぱいあったなぁ。メンバーもそれぞれエンターティナーでバランスがいいし……
彼らのレコードはいろいろ出ているけどやっぱり真髄は「ライブ盤」ですね。とにかくライブで威力を発揮するんです。まぁそのお話は「さとなおの座右のCDコレクション」をご覧下さい。

ライブは「DEUCE」で始まりました。
17年前のLOVE GUNツアーの再現、というコンセプトだったのでほとんどが知っている曲。
「NEWYORK GROOVE」や「I WAS MADE FOR LOVING YOU」のような新しい曲も少しはやったけどほとんど古いのばっかり。
偉いねぇ、KISSは。
アーティストによっては古いのやるの嫌がったりもするのに全く昔通りの演奏をするのだから。しかも例の「キッスのライブといえばホラ、」のお約束も全部やってくれるのだから。

ジーン・シモンズは「FIREHOUSE」での火吹きと「GOD OF THUNDER」での豚の血吐き(ゆいこがエースのホームページで調べたところによると豚の血と言っているのは、卵とヨーグルトとメイプルシロップと食紅を混ぜた物らしいが)。
エース・フレーリーは「SHOCK ME」での燃えるギターにギター砲弾。
ポール・スタンレーはラストにギター破壊。
ピーター・クリスもラストでネコのセリ上り。もちろん全員昔通りのメイクで。

見る人が見たら「オイオイいい歳して(全員47.8歳のおじさん)」と言われかねない所業をつぎつぎ照れずにやるあたり、本当に彼らはただ者ではないのです。
もう楽しまそうとしか考えていないあたりが偉い。歳とったり年季を積んだりすると妙に「哲学」してしまうアーティストが多い中、彼らの「楽しますことに徹して、歳も考えず、決して照れない姿勢」は本当に素晴らしいと思う。ローリングストーンズになるんじゃないか?彼らは。このままずっと60歳になってもこれを続けたらストーンズよりすごいかもしれない。

久しぶりにあれ聞きたいなぁ、と思った曲はほとんどやった(「HOTTER THAN HELL」をやらなかったのが残念)。
「SHOUT IT OUT LOUD」も「LOVE GUN」も「THE KING OF THE NIGHT TIME WORLD」も。
そしてラストの「BLACK DIAMOND」、アンコールの「DETROIT ROCK CITY」「BETH」「ROCK'N ROLL ALL NITE」の4曲は極めつけ。
強烈。爆発。とにかく35歳にもなって異様に乗ってしまった。「ROCK'N ROLL ALL NITE」では恥ずかしいことに乗りすぎて泣いてしまった。暗闇にまぎれて密かに。

以前はロックコンサートに月1くらいは通ったものだけど、もうロックのコンサートはしんどいな、とこの頃は思ってました。
でもKISSは行って良かった!
ROCKを思い出させてくれました。
ボクはどこかでROCKを「文句ミュージック」「ストレスのはけ口」「反体制」と短絡的に考えつつあった。この頃ROCKから離れていたということもあるけど、シンプルにROCKを楽しめなくなっていたんです。
でもKISSは全然違うROCKだった。「人生を積極的に楽しむこと」--これこそROCK'N ROLLなんですね。いやぁKISSは偉いなぁ。こんな大事なことを一晩で思い出させてくれるんだから。

なんかまとまりのない文章書いてゴメンなさい。

皆さんはKISSはお好き?

P.S.
ボクが会社で濃い色(青とか)のYシャツを着ているときは、たいていこのページ冒頭のTシャツを下に着ています。
身体は会社にLOCKされていようが、心はいつもROCK、だよ。

97.1.25記




satonao@satonao.com :Send Mail

矢印「さとなおのコラム集」へ 矢印「さとなおのトップページ」へ