リストラダムス  --98.12.03




前回の日記ではかなりの方にご心配をおかけしたみたいで、なんだかたくさん励ましメールをいただいてしまいました。

しかも「疲れていらっしゃるようですから返事はいりません」っていうのばっかり。
みんな、優しすぎます。

本人としては「まぁたまにはシリアスに」ってな感じで、普段思っている生活や仕事に対する気持ちを書いてみただけなのですが、なんだか人によってはいまにも自殺しそうな風に読めたそうで。

そんなに後ろ向きに読めたのかなぁ・・・
とりあえず「パワーが落ちている」とは感じさせてしまったみたいで。

ごめんなさい。
甘えたつもりはないのです。

ただ、ああいう風に自分の想いを記録しておかないと自分を失いそうなくらいリアリティがない毎日だったことは確か。



びっくりしたんだけど、記入が七面倒くさい申請書類(仕事関係)を先週ボクは2度だぶって出してたんだよね。

「あれ? 佐藤さん、これ、前にいただいてますよ?」
「は?」

1度書類を出したのに気がつかず、また書いて提出したらしい。
しかもちゃんと担当者に手渡ししたらしい。
のに覚えていない。

あ・ぶ・ねーーーーーー!
これって、危ない。危なすぎ。
しかも未だに1度目の提出を思い出せない。


こんなことは初めて。
リアリティがあるとかないとかそんな問題ではないくらい危ないかも。
自分がしていることに自覚がない、とは・・・



ひょ、


ひょっとして、2度だぶってメシ喰ったこともあるかもしれない・・・(かなりの確率である気がしてきた)







びっくりしたと言えば、「しばらくホームページをお休みされたら如何ですか?」っていうメールが、わりと多かったんですよ。

前回の日記で「ホームページを休みたい」って書いていたなら話は分かる。
更新がつらい、と書いたならそういうメールがくるのも理解できる。
でもそんなことこれっぽっちも書いていないのに「お休みしたら如何?」という同内容のメールをいくつもいただいて、そのあまりのシンクロさにちょっとびびってしまった。

しかも具体的に「半年以上休め」と示唆してくださった方も。






そんなにつまらないのか・・・?

そんなに更新してほしくないのか・・・

なくてもいいのか、こんなページ・・・























ぐはは!
うそうそ。
いや、ありがたい。そこまで心配していただいて。


でも、いったんホームページを閉じるというのもなんだか魅力的に思えます。マジで。

「自分の時間を作る」という意味では荒療治ながらも結構効くと思うし。
家庭にとっても仕事にとってもなかなか良いかも。

それに「リニューアル」したくてたまらないんですよ、このサイト。
デザインから構成からすべてをリニューアルしたくてイライラしてます。
いったん閉じないと大手術は出来ないしなぁ・・・。






ということで、突然ですが、今年いっぱいでこの「さとなおの極私的おいしいページ」はいったんおしまいにしようと思います。

長らくのご愛顧ありがとうございました。









































どはは!
うそうそ!

いまのところ閉じる気なし!

仕事も家庭もどんどん忙しくなっていくが、ホームページが書けなくなるような余裕のない人生などまるで本末転倒だ。

仕事・家庭・遊び、それらを充分満喫した上でホームページも余裕でできる生活。
24時間あるのだから、そのくらい楽勝でできるはずなのだ。
というか、2〜3年前はできていたぞ・・・?


うーん・・・何が変わったのだろう?




まぁいいや。
ちょうど生活のリストラをしようと思っていたところなのだ。


いやさ、あと1ヶ月で1999年じゃないですか。


ボクたちの世代(昭和30年代生まれ)は「ノストラダムスの終末観」に多大なる影響を受けているんだけど、ちょうどいいから「1999年7の月」に死ぬことにしてみようかな、と思って。


人生って絶対いつかは終わりが来るくせに、みんなそれに目をつぶって生きている。

いつ終わるか、という想像力を働かせず、自分にだけは終わりがこないと思って生きている。


なら、「時限」があったらどうなるのか。
例えば来年の7月に死んでしまうとして、あと7ヶ月強、ボクはどういう生き方をするのか・・・

何を優先順位に選んで、どういう生活を送るのか。


・・・ちょっとね、興味ありありで。




かなりリストラすると思うんですよね。

生活のあれこれを。

大事ではないものをどんどん捨てていく。

だってあと7ヶ月強で「死ぬ」んだから、いらないものは捨てた方がいい。


もちろん物だけじゃなくて、「つきあい酒」だの「義理の葬式」だの「出たくないパーティ」だの、大事ではない仕事上のしがらみも切り捨てて、自分の時間をリストラクチャーする。

仕事自体だって自分の人生の中でどういう位置に置くのかを冷静に見直して、リストラできるところはリストラしていく。

極端に言えば「友達」すらもリストラして、ものすごくシンプルに人生を再構築するかもしれない。




今日なんて会社のデスク周りを思いっきりリストラしてやった。

定年した時の思い出にでもと思ってとっておいた新入社員の頃の仕事集とかも思い切って捨てたし、辞令の束も捨てた。
昔の企画ノートやキャッチコピー帳も捨てた。まだタレントに会えてうれしかった頃集めていたサインとかも捨てたし、古いラジカセ、写真集、宴会の写真、ソフトウェアの箱、古い名刺、古い見積書のファイルなんかも惜しげもなく捨てた。

あー、めちゃくちゃさっぱり!
身軽になるってすばらしい!


来年の7月に死ぬと思ったら、まるでいらない物ばっかりだ。



まだまだ捨てるぞー! あ、会社にため込んだ仕事の資料ももういらんな。あー、今年は年賀状もリストラしようかな。年末の貴重な時間を取られすぎる。そうそう、洋服も思いっきりリストラしよう。よしめちゃくちゃ捨てるぞ!
このホームページだってリストラ対象外というわけではない。ボクの中での重要度は高いので閉じないとは思うけどもう一度自分にとって何なのかをよく考え直して見るつもり。


とにかく。
いまから7ヶ月強のボクのテーマは「リストラダムス」だ。

「人生再構築キャンペーン実施中!」なのである。









「じゃ、この山のような本、
 それにCDとかも、捨てていいわね?
 あと7ヶ月で死んじゃうんだから」













そ、それは・・・・




satonao@satonao.com : Send Mail
不定期日記「雑談な日常」目次へ   「www.さとなお.com」トップページへ