死ぬ前に何を食べたい?  --97.9.1




明日世界が終わるとしたら、最後のディナーに何食べたい?

というような質問を雑誌なんかでたまに見かけるよね。


だいたいからしてそういう状況で食事が喉を通るのかは別として、芸能人や文化人たちはそれぞれ凝った答えをするのが通例だ。

「アニョー・ド・ポイヤックに1945年のムートン・ロートシルトをあわせて」とか
「三浦半島のまぼろしの鯖の刺身を国産丸大豆のたまりで」とか
「水を浸した冷飯に、あつーい具なしの味噌汁」とか

果ては「子供の頃に食べたお母さん手作りのハンバーグが食べたい」なんつう無理な願いもある。

もしくは「赤坂の●●のうなぎの白焼き」「銀座の▲▲寿司の煮はま」「ベニスは■■ホテルのエンジェル・ヘアー・パスタ」なんていう具体的現実派もいる。



あなたは何を食べたいですか?

すし? フレンチ? イタリアン? ラーメン? カレーライス? 目玉焼き? トム・ヤム・クン? 焼き魚? カツ丼? パンにチーズにワイン? そば? ケーキ? 

ふ〜ん。


いろいろあるだろうけど、とにかく「美味しいものを食べたい」「思い残すことなく好きな物を食べたい」ということだけは間違いないんじゃないですか?




僕はずいぶん考えが違う。

結論からいうと「まずいものを腹一杯食べたい」のだ。

経験からいっても、美味しいものなんて際限なくある。
そして美味しいものを思う存分食べたからって、美味しいものを求める気持ちはなくならないのである。なくならないどころかますます増してしまう。

つまり、Aという美味しいものを食べたら次にすぐBという美味しいものが欲しくなるのだ。

「アニョー・ド・ポイヤックに1945年のムートン・ロートシルトをあわせて」食事をしたら、今度は「ペトリュスをあわせたらもっと美味しいかもしれない」などと考えてしまうものなのだ。

人間の欲望というのはそういう風に出来ている。

でもそれでは死んでも死にきれないではないか!




僕はあきらめて死にたいのだ。

まずいなぁ。食べ物ってまずいなぁ。しばらく食べ物なんか見たくもないなぁ、なんて思いながら最後の食事をしたい。

ホラ、飛行機の機内食なんか食べていて「もういらない。しばらく食べたくもない」なんて気持ちになるでしょ。あんな感じ。

食べ物なんてしょせんそんなもんだ、と諦観して死にたいわけですよ。

ヒトよりかなり強い「美味しいもの欲」という煩悩を、捨て切ってから死にたいのです。




僕は前からそう考えてきたんだけど、

あいにくそういう答えを書いている人を1人も知らない。

変わった考えなのかなぁ。

普段から恵まれた食生活をしているからそんな考えが出るんだ!ソマリアの現実を見なさい!とか言わないでね。



あなたは死ぬ前に何を食べたい?




satonao@satonao.com : Send Mail
不定期日記「雑談な日常」目次へ   「www.さとなお.com」トップページへ