サナギ  --00.05.05




ワタシは眠り病になったのダラウカ?

って、本当の眠り病の方には失礼だが、とにかくいままでの人生にないくらい、よく眠っているのである。



30歳を越えてからの平均睡眠時間はだいたい5時間弱なボクである。

いや、4時間30分くらいかもしれない。

だいたい4時間30分を基準にしているのだ。
1時間30分周期の3倍。
これだけ眠ればだいたい疲れはとれる。充分。20代の頃からそう自分に言い聞かせ、思い込ませているうちに本当にそうなった。
4時間30分眠れば、満足して目が覚める。そういう体質になっているのである。


だから、6時間寝ると「6時間“も”寝た」と自然に思う。 「いっぱい寝たからとっても元気!」という気分になる。

これが「ワタシって8時間寝ないとダメなの」と思いこんでいるヒトだと、「6時間“しか”寝ていない」になってしまう。
「寝たりないから、なんだかダルイわ。1日持つかしら」となってしまう。
同じ睡眠時間なのに、起きたときの体調にとっても差がついてしまうのである。


6時間“も”寝たから体調がよいボク。
6時間“しか”寝てないからなんだか疲れているアナタ。


そりゃ人生、前者の方がいいっしょ?

だいたい、必要睡眠時間なんて「思い込み」「先入観」の世界だとボクは思っている(病人・子供など除く)。4時間30分で充分足りていると思い込めば、それで全然オッケーなのである。
どうも、7時間睡眠や8時間睡眠が世の中の常識になりすぎている気がする。4時間睡眠でも充分疲れがとれるのに、それでは少ないと思い込んで勝手に疲れているヒトが多すぎる。
たぶん時間の長さより質だよね。それと周期。長さより、1時間30分の周期を気にした方が良い気がするな。


まぁとりあえず、眠る時間を減らせばそれだけ1日は長くなるという意識がボクにはあるなぁ。それだけ活動もいっぱい出来てうれしいのである。

ボクの場合、徹夜も多いから、なるべく少ない睡眠時間で充分なように自分を思い込ませているところもあるけどね。
「4時間30分」という基準になれてくると、2時間睡眠でもなんだか疲れが半分はとれた気になってくるから不思議なものだ。これが8時間睡眠派だと、2時間睡眠では4分の1しか疲れがとれていない気になってしまう。そりゃ疲れがたまるだろう。




閑話休題。




そのボクが、4時間30分で充分なボクが、いよーーーーーーに眠っているのである。

まぁ生物学的にも、春は眠くなるらしい。「春眠、暁を覚えず」っていうアレですね。
つまり、人間にとって、年単位で見ると、春から夏は活動期、秋から冬は休息期になるらしいのね。それを1日単位で見ると、

   春・・・朝
   夏・・・昼間
   秋・・・午後〜夜
   冬・・・深夜

つうことらしいのだよ。

ええ、つまり「春は朝」なのですね。休息期と活動期の変わり目だからやたら眠いのだそうだ。
起きたてはそりゃ眠かろうて。

あー、秋は芸術の季節とか言うのもわかるな。午後〜夜だもの。休息期に入るころであるから、1日単位で言うと「寝る前」だよね。そりゃ頭脳労働がはかどる時期なのだ。
それと、秋が食欲の季節というのもわかるな。ディナーの時間じゃないですか。休息期前にたらふく食べるのは冬眠前の本能もあるだろうし。


てなことで、春が眠いのも無理ない、という説もあるが、なにせ4時間30分で充分なボクである。
そのボクが12時間とか平気で寝ているのだ。いや、昼寝もしたりするから、16時間くらい毎日寝ているかもしれない。これは春のせいばかりでもなかろう。




会社の同僚などに言わせると、3月の社内異動で「地獄の部署から10年ぶりに生還」した反動で、とにかくカラダが癒しを求めているのではないか、というのだが。

異動以外にもいろいろあって・・・ね。

吉本ばななの小説に「白河夜舟」というのがあったが、ちょうどあんな感じ。
ただ、何も考えず、フリーズしたように、眠りこけている。



シーツにくるまると、ひたすら安心する。
サナギが繭に入っているような安心感。
シーツの外にある浮き世から、布一枚離されただけで、どうしてこんなに安心するのだろう。

このまま死んでいっても良いな、とぼんやり思ったりもするが、ナイフを掴む握力も気力もない。





朝飯喰っては、ぐぅーーーー。

昼飯喰っては、ぐぅーーーー。

夜飯喰っては、ぐぅーーーー。





サナギが静かに眠り新しい自分に生まれ変わるように、ボクもなにかに生まれ変わるのかもしれない。

眠りが足りた先に、灯りが見えるのか、癒しがきちんとなされるのか、わからない。



でもまぁ、春である。

1年ぶりに、春である。


蝶はいつまでもサナギでいられない。

繭という名の「甘え」から、そろそろ脱出しないといけない。







・・・そう、マユに逃げ込んでいるだけなのだ。
   自分でも本当はわかっている。
   原因も、その解決法も、立ち直り方も、わかっている。







でも。
わかってはいるけどその前に。





もう一眠り・・・・・・ぐぅーーーー。





satonao@satonao.com : Send Mail
不定期日記「雑談な日常」目次へ   「www.さとなお.com」トップページへ