トップ > さとなおのおいしいスペシャル > さぬきうどんスペシャル > ツアー > 投稿文 > 恐るべき讃岐うどんの旅

恐るべき讃岐うどんの旅

行った年月

2002年2月
どこから? 兵庫から
回った方法 自家用車
行った店

讃岐製面所 おか泉 谷川米穀店 小縣家 やましょう 宮武 山下 がもう

今回のベスト3 おか泉 谷川米穀 山下
穴場店など なし
最新情報など ●谷川米穀店は11時開店だけど客は平日でも10時半には集まってきます。うどんは11時からだけれどそばは10時半からでも出してくれて、これもまたおいしいです。冬季限定青唐辛子、美味しかった!
●がもううどんさんに寄ったのは2時半頃。なんと既にうどんの玉は売り切れたのか店は閉まってました。香川にうどんを食べに行くなら朝と昼時が勝負みたいです。

 


恐るべき讃岐うどんの旅

hot writing by 花・花

mail:非公開
site:なし

是非、伝説の讃岐うどんを食べてみたいと思って瀬戸大橋を渡って香川に入りました。当日はお天気で、気持ちの良いドライブを兼ねてうどんや探し。店構えが立派で広くてきれいなうどんやさんもあれば、道路の奥に引っ込んで、探さないとわからないような、看板もないようなうどんやさん、店員さんがメニューを聞きにくてくれるようなところもあれば全くのセルフもあったり、うどんのかみごたえ、ダシの味なども本当にそれぞれ。「これこそが讃岐うどんの店だ!」と断言は難しく、店を回ればまわるほどどこの店にも持ち味があって、十人十色でした。地元姫路のスーパーで讃岐うどんを買って食べ、「これが讃岐うどんかー」と思っていましたが、実際はやはり現地に足を運ぶのが一番かと思います。うどんもそうですが、うどんだけでなく店のシチュエーション、店主の雰囲気、集まってくる客層、その店独特のサービスなどが全部あわさって「讃岐うどん」だと思うからです。

 


※著作権は投稿者に、編集権はさとなおにあります。
  転載などは投稿者およびさとなおの許可を得て下さい。

リンク用URL

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール