さなメモ ログ 2004年07月〜09月


「さなメモ」の過去ログ置き場です。
毎日の雑感なのでなんの工夫も推敲もありません。自分の記録のための過去ログみたいなものです。
極私的に「ちょっと心に残っている出来事」にはがついています。



2004/09/30(木) 18:30:25

諸君。ダイエットは大事である。若さも大事である。諸行無常。恋せよ乙女。チーン。
…いや、まぁコレを見なはれ。コラかもしらんけど。


2004/09/29(水) 11:15:52

未だ続く更新催促メール。でも昨日もおとといも深夜帰宅なので許してちょ。今日も遅くなる予感ひしひし。期末はいろいろあるです…。

アメリカ人にショートフィルムの仕事をお願いして、それが昨日上がってきたのだが、彼我の笑いのセンスの違いにいまさらながら唖然。彼らには超笑えるフィルムらしいが日本人には全く笑えない。困ったな。


2004/09/28(火) 07:49:15

みんなにメールで怒られているのに、なぜかうれしい(笑)。なにより初めてメールをくださる方が多いしね。メール題名としては「舌打ち from Chicago」つうのが一番面白かったっす。音が聞こえてきそうだ。(ちなみに3日連続午前様予定ゆえ、更新は……うーむ、がんばるつもりではいますが)

成田真由美、パラリンピックで7個目の金。通算15個目かな。おめでとう。近鉄バッファローズ、昨晩が最終試合。来季からはもう近鉄と名が付く球団はなくなる。お疲れさま。NHK朝ドラ「天花」、歴代最低視聴率。関わった方々には申し訳ないが、終わるのを心待ちにしていたよ。ご苦労さま。


2004/09/27(月) 13:50:31

ううむ。朝から文句メールの嵐。「なんだあの終わり方は!」「引っ張りすぎ!」「まさか次の更新は1年後、とかではないだろうな!」などなどなど。ええと、1年は待たせません(きっぱり)←当たり前です。
でも「いままで隠れファンでしたけど、この終わり方にはどうしても一言言いたくなってメールしてます」なんてのもあって、おお隠れファンが発掘できるなら焦らしもアリか、などと思ったり。隠れておらずにメールくださいね。単純にうれしいし、更新意欲がわくので。


2004/09/26(日) 18:56:52

「幻夜」を読んで読み返したくなり「白夜行」再読。なるほどなるほど。細かくリンクしているね。でもどうせならもっと伏線とかあった方が面白かったかも。

すっげー久しぶりに不定期日記更新。約1年ぶりである。そんなの日記ぢゃない。予想したとおり書き方忘れている。それにレイアウトも変えたい。あぁやりたいことばかり。


2004/09/25(土) 18:03:23

今日は一家3人で「マティス展」。国立西洋美術館。マティスは断トツにマイ・フェバリット。何度見ても何か発見がある。ボクも彼みたいに煮詰めて煮詰めて自分と豊かな対話がしたいもの。ある意味遠い目標のひとつ。生き方において。

マティスの後は上野から恵比寿に移動。今年1月にプラハでお世話になったshinoさんが個展を開いているのだ(27日まで)。どこかで腹ごしらえしてから行こう、となり、優子が「筑紫楼」のフカヒレ煮込みそばを食べたことがないというのでそこで昼飯。相変わらず独特に濃厚。うまし。化学調味料が舌に残ったが、前からそうだったかなぁ。

満腹後、ギャラリーでshinoさんと懐かしい再会。優子が彼女のビーズアート(ネックレス)をとても気に入り3つも購入。予定外出費(泣)。ボクもビーズの派手なブレスレットを気に入っていたのだが諦めることに。つか、アレをして街を歩く勇気がないというのが本音かな。オッサンやし。 ←いや、勇気を出さないからオッサン化するのだ。 ←わかってはいるらしい。←買えば良かった……いまごろ後悔。

shinoさんはチェコ在住なのだが11月まで日本にいるということで今度うちにお招きすることに。というか、彼女はチェコ料理のプロでもあるので、家でチェコ料理を作ってもらう。やたー自家製クネドリキ! うひゃひゃ。楽しみ。

shinoさんと別れて恵比寿アトレを冷やかし、歩き疲れて駅近くの備屋珈琲店に入ったら小雪さんがいた。極寒の軽井沢を覚えているかな?と挨拶しかけたが、プライベートタイムっぽかったのでさっさとコーヒーを飲みさっさと帰る。

響子はマティスやフカヒレソバやビーズアートなんかをどう感じたかな。あとでいろいろ話してみよう。


2004/09/24(金) 08:27:39

なんとなく積ん読になっていた「幻夜」を一気に読了。あの名作「白夜行」とこういう風に繋がっているとは。

楽天が新球団を持ったら、出店している小売店たちが全国で応援するという独自のカタチになって面白いな。しかもたぶん経費を最小限に抑えた新しい(ベンチャー特有の)血も涙もない運営をするだろうから、ぬるま湯体質な球界にはとてもいいこと。
みなさんこぞって選手会を応援しているようだけど、プロでやっている限り「スポーツ<興行」だと思ってるボクにとっては、観客動員の創意工夫をしてこなかった選手会も同罪。世にいろいろある魅力的なコンテンツに比べてプロ野球というコンテンツが魅力を失ってきているのは明白なのだから、ストまでして現体制(2リーグ12球団)に復帰したって、抜本的な手を打たない限り尻すぼみは目に見えている。少し気の利いた若者はみんなサッカー見てる。野球などほとんど誰も見ていない。そういう意味で、案としての1リーグ制は抜本改革だったから少し期待していたというのが本音。つか、こんな小さな列島で12球団も必要?

どうせ新規参入するなら「2ちゃん」や「イチロー」や「au」にしてほしい。2ちゃんはひとり10000円くらい出資して100万人集める。イチローは来年年俸大幅アップで個人所有。auは本拠地を持たないで携帯定額配信。巨大掲示板所有の罵詈雑言祭り球団と、世界トップスターが無名実力派を揃えた下克上球団と、携帯定額ライブのユビキタス球団。いろんなのが参入するとにわかに面白くなる。これぞ興行。


2004/09/23(木) 05:56:43

いい加減ハゲが進んできたので髪を短くした。顔をじゃぶじゃぶ洗ったらそのまま手を上の方に持っていって頭もついでにじゃぶじゃぶしちゃってタオルで顔といっしょに拭いてハイおしまい、という短さ。いわゆる五分刈程度かな。整髪料すら必要なし。楽でよいわぁ。このままどんどん短くしていき、半年〜1年後にはスキンヘッドを画策中。シンプルライフ。

ネットのどこかで「ジャイアン(ツ)とツネオがふる太をいじめてたらホリエモンが来てポケットから『ライブドア〜』を出す」という話を見つけて妙にノリ、そういえば三木谷氏は出来杉に似ているなぁとか、静ちゃんがいない!あえて言えば中井美穂か?とか、ストーリーは他にないかな?とか、いろいろ考えてたら寝そびれました。


2004/09/22(水) 06:15:01

PS2の新製品発表。体積が1/4以下になっている。こりゃ久しぶりに驚いた。劇的変化。こういう驚きがこのごろのソニーには感じられなかったよね。ドラクエVIIIも11/27発売が決まったし、ハウルやらゴジラやらデビルマンやらインクレディブルやら、秋冬はソフト三昧の予感。あぁそのころには執筆も佳境か。来春には新しい本出そうなので(←不定期日記系)。

妙に眠いのは季節の変わり目だからですかね。やること山積なのに能率が上がらなくて困る。残暑は今日までとか。明日から本格的に秋か。


2004/09/21(火) 07:10:58

このごろ日本酒とチーズを合わせるのが流行っている我が家だが、昨日は「浦霞」とシェーブルを合わせたところ大当たり。抜群。「浦霞」は常備酒になるかも。

昼3時に始まったパーティ(関西時代に娘の幼稚園で同級だった家族のうちの東京転勤組の集まり)は飲み続け食べ続けて夜10時すぎまで。さすがに今朝はしんどい。眠し。


2004/09/20(月) 09:59:17

朝のフジテレビ「とくダネ!」でスウィングガールズが生演奏するというので一家で楽しみに観た。映画でもここでも演奏した「シング、シング、シング」をどうやら耳で覚えたらしい響子。こりゃビッグバンドやジャズの楽しさを植え付けるいい機会かも!とグレン・ミラー・オーケストラのCDをかけてやると「イン・ザ・ムード」とかにノッてくる。これは洗脳できるかも!


2004/09/19(日) 11:07:55

昨日のパラリンピック開会式は実にキレイだった。開会式をTVで見ながら、手足がない競泳選手、車椅子バスケ、車椅子テニス、義足でのハイジャンプ、健常者よりも早い車椅子マラソンなどの話を娘にしてやる(←全部高橋明氏の著書の受け売り)。非常に興味を示したので出来うる限りいっしょにTV観戦するつもり。

娘は休日に学校の友達とつるんで遊ぶタイプではないので、だったら、と毎週のように映画に連れ出すことにした。この時期に量を見せるのは必ずやおもろい影響を彼女に及ぼすであろう。ただ、往年の名画を観せてくれる映画館がもっとあったらなぁ……どんどん通うのに。新作映画はエロ・グロ・暴力も多く、娘と行くにはちょっと躊躇する(父親的にはね)。今日は「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」をいっしょに観に行く。イマドキの映画館はネットで席を予約&マイレージもつく。便利享受。


2004/09/18(土) 07:52:33

毎日毎日ゲトゲトになるので、改めて昨日「いったいいくつプロジェクトを抱えているのか」と数えてみたら16コでしたよ奥さん。 そのうち巨でかいのが4コですよ旦那さん。めざせ!「プロジェクトを20コ回すオトコ」ですよ娘さん。食べれば食べるほど胃袋が大きくなって許容量増えるのは我がカラダで実験済み。

昨日、新橋駅でばったり黒田征太郎さんと。「うわ〜、NYでも会えないのになんでこんなところで!」とお互いビックリ! たった3分お話させてもらっただけで元気百倍。俺もやらなくちゃ菌大増殖。すげーオーラ。もうけたもうけた。

プロ野球のストはあまり興味なし。球団合併に至る経緯は密室すぎる気がするが、球団消滅を阻止する施策を問題が表面化するまで選手会はしてこなかった。高年俸で球団経営を危うくさせているのは周知。観客動員策など我々から見える努力を適切にしてきたか。勤め人たちはもっと時代や経済や会社に危機感もって働いてるぞよ。高年俸が減るのはイヤ、球団がつぶれるのもイヤ、というのは少し甘く見える。プロ野球だけが娯楽だった時代はもうとっくに終わっている。選手たちも発想を変えてかないと。
つか、ライブドアや楽天が参入するの大賛成。彼らがネットで野球中継し始めちゃうと将来的に放映料が取れなくなってもっと赤字になるのがオーナーたちは怖いだけと思われ。でもさ。やってみようよ。新しい時代の人気娯楽に脱皮しようよ。観てもやっても楽しいスポーツなんだから。このままの体制で進んでいったらプロ野球だけ化石になるよ?

そんなことより、パラリンピック開幕。
本番のオリンピックよりずっと夢と感動に溢れてる。勇気と元気も百倍もらえる。あんなに感動好きな国民のくせにパラリンピックにはあまり興味がないのね。もうちょっと報道が増えるといいなぁ。


2004/09/17(金) 07:48:40

朝から晩まで会議会議プレゼン会議会議会議でゲトゲトになり、ヒーヒー言いながらうちの会社主催の大パーティに遅れて馳せ参じたらちょうど一本締めが終わったところでビールすら飲めず、あ〜マジで疲れたし腹減ってもうダメ!と前から気になっていた鮨屋にひとりで入って黒龍で握りを食べてたら「入りにくい店によくひとりで入りましたね」と店主に言われ「入りにくいのを威張るなボケ」と疲れが増し、強いショートカクテル飲んで夜をやりすごそうと馴染みのバーに寄ったがどうしても小腹が減るので2杯飲んだところでバーを抜け出してさぬきうどん屋に駆け込み、「なんじゃこの麺はぁ!」と机ひっくり返しそうになって余計にストレスが溜まり、もう今日はそういう夜なのだと諦観しながら電車内でiPod聴こうと思ったら途中でブチと電池切れになり、冷静になれるツボをよ〜くもみながら虚空を睨みなんとか家に帰りついてなにげなく会社のメールを開いたらたった2時間半オフラインだっただけで60通も仕事メールが来ていて卒倒し、泣きながら返事を書いて寝ました。おしまい。


2004/09/16(木) 06:53:17

本日発売の「週刊文春」の文春図書館というコーナーで「フレンチの達人たち」(宇田川悟著/河出書房新社)の書評を書きました。P143に載っています。ぜひご覧ください。
週刊文春の書評欄ってボク自身ちょくちょく参考にしていたし、わりと本好きが読んでいるのでかなりプレッシャーがかかり、先週の〆切前はうんうん唸ってました。つか、書評で原稿料いただくのはたぶん初めて。書いているうちに書評欲が戻ってきたので、おもしろ本更新に(やっと!)いそしむ予定。あぁ、ダイエット成功談も書かなくては!

ちなみに、先号の「ブルータス」のお取り寄せ特集のうどんコーナー、今号の「料理王国」の夜食小特集にも書いています。仕事の嵐の合間を縫って、綱渡りの毎日。痩せたのはこのせいか !?


2004/09/15(水) 07:58:21

あぁまた間違えた。双葉寿司じゃなくて二葉鮨。ぜんぜん違う。

自分はうまいもん喰ってるくせに、ワンコには喰わせんとは不届き千万!というメール数通。つか、まだ2歳だし。ある換算表で見ると、人間で言ったらまだ24歳。美食にはまだちょと早い。

奥泉光の「新・地底旅行」読了。おもしろし。寝不足。


2004/09/14(火) 19:54:45

昨日の昼に「秋田弁じゃなくて山形弁ですた」みたいなこと書いたんだけど、手違いで消してしまった模様。とりあえず訂正。

昨晩はスウェーデンの北の方の小さな町から来たアートディレクターと銀座の「双葉寿司」。古く江戸っぽい店内が外国のデザイナーにはうれしいと思い選択。彼は田舎に住んでいるがセンスは一流。特にウェブデザインにおいては住んでいる土地は関係なし。
彼の町に日本料理店がないということでお箸も初めて。いろんな魚がある日本にもびっくり。シェフが目の前に立って作ってくれるのも感激してた。博品館〜アップルストア銀座〜ビックカメラなどの買い物も刺激的だったみたいで、初めての日本は楽しかった模様。よかったよかった。
彼の町でうまいのはなんだ、と聞いたら「ムースかな。ムースは最高だ」と謙虚に威張る。ムースかぁ。トナカイは食べたことあるが、ムースはないかもしれない。食べてぇ。


2004/09/13(月) 07:09:49

映画「スウィング・ガールズ」鑑賞。
「てるてる家族」以来、我が家は上野樹里ファンなので一家3人で出かける。もちろんボクには「チルソクの夏」の上野樹里でもある。あ、「ジョゼ」も早く観なくては。
これが予想した通り家族で観るには最高の映画で、帰り道の会話がはずむはずむ。いや実に楽しかった。粗い部分はいろいろあるのだが、全体にイキオイがあるので気にならない。つか、適度な粗さが逆に観客の肩の力を抜かせる。その辺がこの監督は上手。敢えて言えば、演奏がうまくなっていく過程にもうふたエピソードくらい短いのを挟んで生徒たちの努力や友情を描いていたら「世界」でも通用したかも。
とりあえず観終わって「管楽器してぇ」と一家3人に思わせたので、制作者側も観客側も双方ハッピー。ピアノをやっている娘にも「音楽とは何か」が少し伝わった模様(ホントか?)。そう、楽しくなければ(楽しくさせなければ)意味がないのよ。
ていうか、秋田弁っていいな。そうだ、秋田に行こう。


2004/09/12(日) 06:37:54

昨晩「♪ハッピバースデー」とみなで歌いながら、いつもと違う豪華ドッグフード(ペディグリーチャム製)をあげたところ、産まれてからずっと格安ドッグフードだけで過ごしてきた我が犬はもうなんつうか狂ったとしか思えない様子で食べよった。食べ終わってからも食器を離れず、分子原子レベルまで舐めとろうとする。今朝も起きたらすぐ食器に行きまたひと舐めふた舐め。知ってしまった蜜の味。あーあ、いつもの格安ものに戻ってくれるだろうか。


2004/09/11(土) 07:59:18

村上春樹の新作「アフターダーク」読了。
三人称での長編は初めてとか。そういえばそうだったかな。数時間で読めるし描写は簡潔だが、なかなか難解な作品だ。読み終えて「さて困ったな」と思う人も多いのではないだろうか。
映像的な視点を読者に強要し、読者は常に「夜」を俯瞰、客観視することになる。たぶん彼は人間を描くというよりも総体としての「夜」(もしくは闇)を描こうとしたのだろう。「夜」(もしくは闇)との距離感を強要される感じは独特で、さすがに村上春樹だなと思う反面、客観すぎて心に響いてこないのを物足りなくも思う。
ボク自身、夜中にふと街を感じる時、人間への漠然とした距離感と愛情と不思議さみたいなものを感じるが、読んでいる最中ずっとそれにとても近い感覚を味わった。その気分には共感する。ただ、メタファーを多用してそこから数歩踏み込むのが村上春樹であって、今回の作品が彼の中での前進だとしても、期待をはぐらかされたと感じる読者は多いと思う。
人物配置と描写加減はいい。完成度も高い。でも、なんだろうな、たとえば村上龍なんかはストーリーテリングもきちんと入れつつ、その外側で夜や空気や距離感や不安をきっちり感じさせる。そういうスタンスに比べると、なんというか、ちょっとナイーブ(ひ弱)に感じた。

911から3年。今日は我が家のトイプードルの2歳の誕生日でもある。土曜だが出社。9月は胃が痛くなる仕事が多い。なんとか乗り切ろう。


2004/09/10(金) 09:39:26

古い女友達が取締役になったので、そのお祝いに恵比寿の「ダ・ディーノ」へ。駅前にあるのに超隠れ家なこのリストランテは、前に行ってとても気に入った店。さっそく裏を返しに。
女3人と男1人でワイン4本あけて陽気に大盛り上がり。イタリアーノな感じ。閉店間際まで居座ってしまった。本来は夫婦ふたりでやっている店のようだが、ボクが行ったときは二度とも背の高いサービスがヘルプに来ていて、彼がとても感じがいい。前回飲んだワインも覚えていてくれ、ワインのセレクトも完璧。彼がずっといるといいなぁ。


2004/09/09(木) 09:59:54

22年前、大学2年の時。大学のあるクラブから独立し、数人で新しいクラブ(スポーツ系)を設立した。初代幹事長になった。わりと理想に燃えて運営し、いま思うといろんな失敗や後悔や赤恥もあるが、それなりに楽しいこともあった。いわゆる青春の1ページ。というか、もうクラブを作ったことすら忘れていたよ。卒業後ボツ交渉になっているので、いまどうなっているかも知らなかった。当然もうないと思っていた。
そしたら昨晩、偶然いっしょに飲んでいた人がそのクラブに入っていたことが判明。12歳違う人なので、ボクが卒業したずいぶん後にそのクラブに入ったことになる。なんと100人くらい部員がいたらしい。いまでも年数回集まるらしい。とてもいいクラブだったらしい……。自分が蒔いた小さな種が図らずも花開いてることを知った瞬間。いまでも大学で誰かがボクのクラブで活動している不思議。この気持ちをなんと表現すればいいだろう。いろんなことが思い出されてちょっと泣きそうになった。みっともないから我慢したけど。
大学の時のクラブって大事だ。ボクたちが作ったクラブで一回きりの貴重な青春を過ごした人が存在することを必要以上に重くうれしく受け止め、すっかり泥酔してしまったボク。後輩よ、また飲もう。それと、クラブに入ってくれて、どうもありがとう。しくしく。


2004/09/08(水) 09:57:15

今朝、79.6kgを記録。ついに憧れの79kg台!!!
4月中旬から4ヶ月ちょいで9kg減量成功。最後の2kgがなかなか減らなかったが、ほぼ目標完了といった感じ。183.2cmの79.6kgなら、まぁ当面不自由なし。
食事量をそんなに減らさず、夜もレストラン&飲みを続けつつの減量成功だけに「成功談」が待たれますな。うはは。期待せず待て。


2004/09/08(水) 08:05:38

台風お見舞い申し上げます。根こそぎ倒れた大木や厳島神社の崩壊具合にも唖然。収穫前の農家の方々もガックリきてることだろう。史上最悪ともいえる酷暑や噴火や地震や台風、ロシアの大規模テロ、プロ野球合併&スト、などなど、なんか悪いニュースが多いな。これで11月にブッシュが勝った日にゃ、2004年は最悪の年のひとつとして記憶されるかもしれない。あ、アテネのメダルラッシュはおめでとう。北海道勢甲子園初優勝もおめでとう。

次の英語原書読みとして「ナルニア国物語」を読み始めた。ハリポタよりずいぶん簡単。でも全集を買ったので分厚い。まぁじわじわと。


2004/09/07(火) 06:59:47

西大島「與兵衛」にて新子と新いか、すずきにいわしに北寄貝…。うますぎ。すっかり人生の句読点的に利用する店になってきた。次は鯖のうまい時期に。
つか、仕事量がなかなかすごいことになってきていて、本当は鮨どころではない。処理能力全開でも追いつかない感じ。もっとヒトに振ることを覚えて、夜くらいうまいもの食べないとな。
噴火に台風に地震。天災満載。わりと住みにくい島。昔ほど「美しい自然」もなくなってきたし、というか、どっちかというと醜悪な風景多いし、夏暑すぎるし、人多すぎるし、歳とってから海外移住するヒトの気持ちもわかるようになってきた。いろんな意味でなかなかいい国ではあるのだが、客観的に環境はかなり悪い。


2004/09/06(月) 06:29:26

ロシアで続くテロのおかげで、せっかくマネージャー役として仕込めた雑誌社のモスクワ取材(というか岩田守弘さん取材)がなくなってしまった。あぁ残念。
ボクはわりとプーチンは好きだし、モスクワに住んでいる岩田さんに至っては「彼になってから格段に暮らしやすくなった」「マフィアが一掃された」「プーチンは本当にすごい!」などとプーチン大絶賛なのだが、プーチンがブッシュと同じようにテロとの闘いを前面に押し出していくのは国際政治的に怖い。
テロの根は武力では絶対に絶てない。というか、一方的に巨大な力で抑えつけたあげく、ゲリラ抵抗されたらなんでも「テロ」呼ばわりするのはあまりに安易だ。プーチンよ、ブッシュにならないでくれ。


2004/09/05(日) 09:39:51

結局たった今帰ってきた。徹夜。この歳で完徹は疲れる。いい加減やめれ。なんか渋谷や日比谷で冠水するくらい雨が降ったらしいが、スタジオにこもっていたので何も知らず。うぅ。少し仮眠しよう。でも今日〆切の原稿が二本あるのでそうは寝てられない。
バーチャルキーボードが発売されるらしく、使ってみたくて仕方ない。CLIEでもPalmでもWinでもMacでも使えるらしい。そのうちケータイ用も出るだろう。そうなるといろいろ変わる。いいないいな。でも絶対「女体キーボード」とかやるヤツいるな。enterキー押しまくって(以下自粛。はよ寝なさい)


2004/09/04(土) 11:42:02

昨晩は井上雄彦画伯とテラスパーティ。彼自ら、その黄金の右手で肉や野菜を焼いてくれ、それをどんどこ食べる。圧巻は生ポルチーニ。巨でかいそれを丸ごと焼くのだが、これが取り合いになるくらいな味。乾燥ポルチーニの方が香りは強いが、味はこっちの方がずっと上。特に傘のところがトロのように口中でとろけ、香りが鼻から脳天に駆け抜ける。美味すぎ。その後ワインを飲みながら、深夜2時頃まで井上さんとずっと話していた。ファンが聞いたら殴られそうなほど贅沢。すまんのう。
今日はいまから仕事でこれまた深夜まで。うぅ。休みたい…。


2004/09/03(金) 07:59:32

ひじきは安全ですよ、と数通。日本古来の料理法ならまず間違いなく安全だとか。両論屹立。でもボクは食べる。
イワシも日本人の胃袋というよりもほとんど飼料や肥料に消えたというのが真実とか。不憫。あーイワシ食べたい。

昨夜は新宿で、新しい広告手法であるBUZZの最前線について講義みたいのをして、帰りに「TORINTO」という鶏屋で串焼きとおでん。安いわりにうまかった。この店があるビルにむかし椎名誠が事務所を持っていたとか。耽読したエッセイの現場に意識せずにいたわけか。なぜか昨夜の気分に今井美樹がはまり、iPodで「Ivory」なぞ聴きつつふわふわ帰ってきたら、近所でネコにこっそりエサをやるネコオバサン発見。ネコがやたら多い理由はこれか。


2004/09/02(木) 07:40:17

2005年に日本海のマイワシが資源枯渇により禁漁になる見通しという。イワシの漁獲高がゼロになるって……ニシンの悪夢再びか。あんなにいたイワシは全部日本人の胃袋が消化してしまったわけだ。食習慣とはいえ自業自得。イワシ漁師の方々には申し訳ないが、状況が好転するまで我慢するしかないか。
少し前になるが、英国食品基準庁が「日本からの輸入ひじきは高濃度のヒ素が含まれているから食べるな」と勧告したというニュースもショックであった。ひじき、毎日のように食べてます。玄米、納豆、ゴマ、ひじき、は我が家の基本食パターンのひとつ。まぁひじき毎日喰ってヒ素中毒になっても後悔ないけど、できれば避けたい(当たり前)。

タイプは全然違うけど、悲しいニュースをもうひとつ。阪急西宮球場撤去開始。一時西宮市に住んでいたボクとしてはなかなか悲しい。思い出多い球場だし、街にボールパークがある感じってなかなかいいものだったのよ。


2004/09/01(水) 19:07:24

今日は9/1でキリがいいので、アレとアレを始める。必ず毎日やること。続けること。いいか、確かに書いたからな。半年後とかにたまたまこのメモを読み直した自分、ちゃんと反省するように(反省?)。


2004/09/01(水) 06:54:57

新しいiMac出ましたね。昨日の夕方6時くらいからまだかまだかとずっとネットで最新ニュース漁ってました。斬新さはないものの、すっきりまとまっていてインテリアを邪魔しなさそう。でもマックの場合インテリアの考え方そのものを変えてしまうくらいのインパクトをどうしても期待してしまうので、そういう意味ではもうひとつ。あと、冷却ファンの音がうるさめなのではないかと想像。
Mac OS X v10.4 "Tiger"の2005年第一四半期発売も発表されてました。うぅ。待ち遠しい。まぁお読みになっている方のほとんどがウィンドウズでしょうが、アップルは人の生き方に積極的に関与してきて、生活や考え方を更新させてくれるところがあるんです。便利な道具に留まっているウィンドウズとは少し存在意義が違う。生きていることが好きで好きでたまらないすべての人に、ワタシはマックを生活に取り入れることを勧めたい。


2004/08/31(火) 12:18:34

8/31であるからして、父も母も夏休みの宿題を手伝うのである。自由研究で「ビー玉スタンド工作」を選んだ娘だが、それは彼女の制作能力をはるかに超えており、二三日前から母親のイライラオーラが七色に家を包んでいる。なんとかせねばなるまい。ということで、今日は早めに帰ります。すいません→激務にくたくたな仕事仲間の方々。


2004/08/30(月) 08:29:39

それにしても、摂氏はCelsius(セルシウス)が考えたからセッ氏でわかるけど、Fahrenheit(ファーレンハイト)がなぜ華氏なのか。調べてみたら、もともと当て字は中国で行われ、ファーレンハイトを「華倫海」と書いたらしいですね。シャンハイを上海と書くから「海=ハイ」。つまり「華=ファー」「倫=レン」「海=ハイ」。だからもともと「華氏=ファー氏」だったわけですな。あの映画は「ファー氏911」と呼ぶのが正しいわけ。なんかOBばっか打ってるヤツみたい。

それにしても華氏は使いにくい。健康な人間の血液を華氏96度とした、ってあたりがまずわけわからん。せめて100度に設定すればいいのに。それに対して、1気圧で氷が固まる温度を摂氏0度、水が沸騰する温度を摂氏100度とした摂氏の方がずっとわかりやすいし理にかなっているよね。


2004/08/29(日) 08:33:11

昨日は明るいうちは仕事をしこしこやって、暗くなってから花火師に変身。
雨で中止だと思いこんでいたが、霧雨になったので電話してみたら「やんだらやるから一応来て」とのこと。場所は品川区立鈴ヶ森中学校の校庭。着いたらもう鉄管は立ててあったのでナイアガラを吊るのを手伝う。30分前に消防車が来て細か〜〜くチェック。去年も同じ場所でやったが去年に比べて消防チェックは数倍厳しくなっている。
さぁやるか!と気持ちも盛り上がってきた点火10分前にまた雨が降り出し、せっかくセットしたナイアガラを急いではずして濡れるのを避ける。が、開演の7時30分、ピタッとやむ。すばらしい。やんだら観客も集まり出す。小学生や中学生、そしてその父兄。150人くらい。そう、地元の子供会なのだ。ボランティア花火師♪
住宅密集地なので2.5号玉が限界。それでも河原でやるのと違って校舎という比較対象物があるせいか、打ち上げた花火は大きく感じるし、校舎が囲んでいるので音が反響してすごい迫力。火つけるのちょっと怖かったもの。ボクも5発ほど火を入れたが、やっぱり打上花火はスカッとするな。仕事で病んでた気持ちも蘇る。なにより、近くででかい打上花火を見た子供たちの笑顔が気持ちいい。なかなか真下からは見れないもんね。最後、小学校の生徒会長(6年生)にナイアガラを点火させてあげたが、彼なんか「おぉぉぉぉ、オレがつけたんだよアレ、すげーかっちょいい〜、さいこ〜」と感動してた。いいなぁ。よかったなぁ。こういう地元の子供会の花火大会とかを手伝うのってなんだかすごく好き。


2004/08/28(土) 06:50:57

今週は仕事の間隙を縫ってアルトマンの「バレエ・カンパニー」とムーアの「華氏911」を観た。前者はもう少し人間模様が濃く描かれている期待があった分、もうひとつ。映像美もチャン・イーモウ的なものに慣れた目で見ると少し物足りない。ありのままの良さはあるのだが。

後者は客観的ドキュメンタリーというより主観的オピニオンに近い内容だが、やはり名作と呼べるだろう。記録映像の連続なのに2時間近くまったく飽きさせない。深刻にならず糾弾しすぎず、映像的トリック演出を多用して淡々と明るく描いていく手法はさすがなもの。音楽やSEの使い方も巧み。ただ、ムーアの主張をずっと追ってきた身からするとちょっと「生ぬるい感」も残る。もっとやれ!(笑)。また、アメリカ人ではないボクからすると、アメリカ兵の犠牲よりアフガンやイラクの犠牲に目がいってしまう部分もあり、アメリカ兵の犠牲に強く焦点をあてる構成には違和感を感じる。まぁアメリカ人がターゲットなので仕方ないのだけど。

でも、この映画から学ばないといけないことは、その内容よりも、こういう「メディアの使い方」なのだと思う。ドキュメンタリー映画という地味なメディアを派手なオピニオンの場に変え、自分の主張を広め、波風を起こし、結果として数千数万の命が救われる可能性を作った。彼の長年の努力のたまものではあるが、まずはそこが見事。ボクたちもメディアをもっとうまく使えば同じようにいくつかの命が救えるかもしれない。国や時代を変えられるかもしれない。そういう可能性を示唆してくれた。草の根だけで終わってはダメなのだ。

もちろんひたすら「Anyone but Bush」な気持ちに変わりはないが、一方で「ブッシュって愛嬌だけは抜群だな」とちょっと感じた。不人気になりきらない感じはわかる。ケリーには愛嬌も花もないなぁ…。おまけに目に狂気が宿ってる。ちょと怖い。


2004/08/27(金) 09:40:42

「沖縄やぎ地獄」なんて本を書いていることもあり、ヤギ料理試作会にゲストで呼ばれた。店の人もヤギを食べたことがなく、まぁセンセイ役というわけ。沖縄でヤギ刺しとかヤギ汁とか地獄のチーイリチーとかは食べたが、西洋風に調理したのを食べるのは初めてかも。
乳飲み子ヤギだったのであの独特の香りも薄く、初心者も充分楽しめる味に仕上がっていた。乳飲みは子牛も子羊も独特にうまいが、ヤギも実にいい感じ。ヤギの唐揚げ、ヤギのマスタードソース、ヤギのロースト、ヤギの赤ワイン煮込み……鶏よりもちもちした不思議な食感で、香草との相性も良く、特にローストは絶品。口の中に草原が広がる。でも赤ワイン煮込みはイマイチ。用意したワインは白も赤もまるで合わない。あの独特の香りがイヤな方に発展してしまう。ハードリカーかマディラが合うようだ。
ヤギばかり食べたせいで、体中ぽっかぽか。いや〜マジで即効性があるなぁヤギは。つか朝まで無駄に勃ったままでした。うははは。ヤギ、恐るべし。

ちなみにボクが書いたヤギの話はこちらに。


2004/08/26(木) 12:44:07

ハリーポッター原書、ついに完読!
日本語版発売6日前になんとか読み終わった。ぱちぱちぱち。870ページ……実に長かった。続巻への伏線もあるのだろうけど、あまり効果を発揮してないと思われるエピソードも多く、中盤が冗長だったのも辛かった。ハリーの内面も描き切れておらず、いろんなエピソードの収め方も中途半端。あの人の死もあっけなさすぎるし、終わり方は暗いし、シリーズでは一番つまらなかったかもしれない(いや、単にボクが読み取れてないだけじゃという噂もある)。
きっと周りから「いろんなエピソードをもっともっと散りばめて、ハリーやホグワーツのいろんなことを心ゆくまで読ませて!」みたいな要望も多かったんだろう。それに応えようとしていろんな部分を広げ、収集つかず、それぞれの描写が甘くなった感じ。でもさすがにラストは緊迫で、昨晩はほぼ徹夜して怒濤の120ページ。目が痛い。肩もコリコリ。
途中何度も挫折し、結局半年以上かかってしまったが、なんとか読み終わって良かった良かった。つか、厚すぎ。次はもう少し薄いのをプリーズ。


2004/08/25(水) 06:21:09

うっかりしてたけど、先週の20日でこのサイトも丸9年になりました。老舗というか化石的? 一時に比べて更新少ないけど、長〜く続けますので、これからもよろしくデス。


2004/08/24(火) 09:38:18

米軍ヘリ墜落&飛行再開問題に相変わらず小泉首相は無言。わが国の代表者は自ら抗議する必要なしと考えているようだ。日本の領土内に他国軍隊のヘリが墜ちたのよ。現場検証も出来ず地元の抗議も受け入れられず飛行再開よ。こうなったら国会議事堂に墜ちても同じ対応をしてほしい。それでこそアメリカの属国。立派な植民地。筋を通してくれ。筋を通すのこそ代表者の仕事であろう。

ハリーポッター原書読み、タイムリミット(日本語版発売)まであと8日。必死。あと200ページ弱ある。ううむ。終盤えらく難しく、ボクの英語力では筋を追うのがやっと。つか、追えてるのか?


2004/08/23(月) 07:36:07

いつものように朝6時すぎに速歩犬散歩を40分したが、今朝はいつもすれ違う散歩常連さんやジョギングの人などが極端に少なかった。つか、ほとんど人に出会わず。どうやらみんな深夜にアテネ女子マラソンを応援して寝坊したくさい。そりゃ中盤から野口みずきの独走だったので寝るに寝れなかったのだろう。

自分のスポーツ経験を振り返っても、学校代表になるだけでもすごいことだし、県代表でインターハイに出るだけでも天才だらけの中をすり抜けていかなければならない感じなのに、日本代表になり、決勝に残り、そのうえ世界のトップ3になるなんつうのは、もう想像できない世界。こう金メダルラッシュになると軽視されがちだが、銀や銅、入賞、予選通過だって異常にすごい。「スラムダンク」なんか読んでると、インターハイに出るのも死闘だもんな。

北海道勢初の甲子園優勝。素晴らしい。これで道産子が北海道日ハムにどんどん入ったりしたら面白いなぁ。そういう選手の取り方をするなら日ハムファンになるけどなぁ。


2004/08/22(日) 18:41:41

娘と一緒に映画「ディープ・ブルー」を観てきた。
映像制作に関わる同業として観ると、まさに想像を絶する驚愕の映像の連続。いったいこの映像の裏にどれほどの努力と粘りの時間が流れているのか頭が下がる思いだ。しかもハイスピードの連続でシャッターチャンスは限られるし、だいたい動物系撮影は地獄と決まっている。カメラに向かって演技してくれないのだから(ボクも動物CM撮影歴が長かったのでよくわかる)。
が、一素人としての感想は「あ〜、オレ、もうちょっとやそっとでは驚けなくなっちゃったなぁ」である。ボク個人の問題なのか一般的問題なのかわからん。玄人としては驚くが、素人としてはなんかもっとすごくないと驚けない感覚が残ってしまう。世の中、もう驚異の映像などどこにもない。そんな感じ。えーん。みんなハリウッドが悪いんだー!

それを裏付けるような小4の娘の観劇後の感想。「だってCGでしょ?」……ぐぁ〜ん。いや、実写だよ? 「え、ほんと? でもアソコは? ふーん。それじゃぁアソコは?」と、あくまでも実写を信じない。まぁ海溝の描写などはCG使っていたからなぁ。それも逆効果。生まれたときからCGがあった世代を映像だけで感動させるのはほとんど無理なのだ。結局彼女が一番印象に残ったのはシロクマの子供の表情であった。


2004/08/21(土) 21:01:34

てつぶちゃんよりメールでの情報。「駐車違反民間取締りは今年の通常国会で成立しました。成立後2年以内(再来年6月まで)に施行されます」とのこと。そりゃ良かった!と思ったが、「取り締まり民間受託会社は絶対警察官僚の天下り先となるのが目に見えている。その防止措置がとられていない」ので民主党は反対したらしい。うぐ。全然知らずにすんまそん。


2004/08/20(金) 08:35:51

先進国のほとんどが駐車違反取り締まりを民営化して大きな成果を上げているそうである。なるほど、駐車違反が劇的に少なくなるのは目に見えているし、自治体は大幅な増収になるだろうし、より多くの警察官を犯罪捜査に向けられるようになるだろうしなど、メリットは多い。つか、郵政民営化よりメリットがはっきりしていて気持ちいい。すぐにでもやってほしいぞ。←クルマを捨てたからこそきっぱり言える(笑)

Google上場。いつもGoogleを駆使して好きな漫画やドラマの検索をしている小4の娘が「あ、グーグルだ!」とTVニュースを指さし、上場とは何かと問う。株式の話からしなければならず、わりとシドロモドロ。しまいには「Googleで調べなさい」発言。朝からダメダメ。


2004/08/19(木) 07:42:31

岩田守弘さんは今日まで東京で仕事して、8/22に岡山県立美術館ホールで開かれるソロ公演に出演のため、明日から岡山。そしてモスクワに帰る。またアウェイで世界トップで居続けるという孤独な闘いが始まるわけだ。がんばれ。マジで。ボクも負けないように(ホームでぬくぬくと)がんばる。

仕事も激増しているが、出版系原稿書きも激増していて、なにやらものすごい秋冬を迎えそうだ。サイトも書きたいこと書かないといけないことリニューアルしないといけない部分などが溜まりまくり。まぁものすごく充実した秋冬を送りなさいね、ということなのだが、集中力と体力とが持つかどうか。


2004/08/18(水) 11:36:48

岩田守弘さんのボランティア・マネージャー業、昨日で終了。昨日は雑誌社2社と守山実花ロングインタビューを仕込めてそこそこ満足。このマネージャー業でわりと自腹散財したので、今週来週はしずか〜にしているつもり。おごってくださる方のみボクをお誘いください(笑)
あ、今日の17時15分、TBSラジオにて岩田さんの収録が流れます。聴ける方はぜひぜひ!

3日かけて「次郎物語」全5部味読完了。時代自体が青いんだけど、こういう青さとか真実を求める姿とか、絶対失ってはいけないんだと再確認。気恥ずかしい描写も多かったけど実に実りあるいい時間だった。


2004/08/17(火) 22:21:50

あれ? いつの間にかトップページ800万アクセス突破。みなさんどうもありがとうございます。来年春には夢の1000万か !?


2004/08/17(火) 07:53:32

昨日は岩田さんのT-FM生放送出演だったのに、せっかくそれをブッキングしたのに、ここに告知し忘れた! ダメじゃん。がっくし。でもいいインタビューだった。聴いた方いらっしゃるかなぁ。坂上みきのビューティフル。13時15分くらいから20分間くらいだったのだけど。

ええ、書こうと思ってました。ちょっとこのごろ政治ネタは控えてきたのだけど、これはあんまりだ。
沖縄国際大学敷地内に米軍ヘリが墜落炎上した事故。県警に現場検証・差し押さえをさせず、米軍が独自に調べて撤去する、という近来稀に見るひどい横暴。日本政府も建前的対応のみ。ねぇ、日本の大学敷地内に墜ちたのですよ。死者が出なくて本当に良かったけど、調査もできない日本って何なのでしょう。調査もさせないアメリカって何なのでしょう。それを黙認している政府って何なのでしょう。こういうのこそマスコミは糾弾すべき。というか、国内に他国の海兵隊ヘリが墜ちたのに現場検証もできないってことはまさに「独立国ではない」ということで、独立してないならアテネの応援も意味ないじゃん。アテネに騒ぐならコッチも騒げ。

実質的に日本は独立国でないこともわかってるし、日米地位協定が1960年に調印されている以上仕方がないこともある。アメリカに守られている方が安全だという考え方もある。でもそこに一石投じないでどこに投じるマスコミよ。これが東京大学敷地内だったら大騒ぎするでしょうに。

それにしても沖縄には迷惑かけっぱなしだ。こんなに沖縄好きな人が増えているのにこの手の話になると他人事。沖縄旅行から帰ってきたばかりのヒトにこの事故の話をしても「あぁアレね。あったねそんなこと」くらいの感想しかない。もう少し当事者意識を持てないものか。自戒を込めて。


2004/08/16(月) 07:34:22

大事なことなので、リンクします。
戦争を語り継ごう -リンク集-

ボクは40代。もちろん戦争を知らない。というか、社会に出て働いているヒトのほとんどが戦争を知らない。ましてこれから社会に出てくるヒトたちにとっては全くの他人事。
せめて出来ることは間をつなぐこと。継ぐこと。語れないけど語り継ぐこと。子供に伝えること。そのために事例を少しでも多く知ること。年に何回かでもいい。きちんとそれをやっていきたい。


2004/08/15(日) 18:28:14

戦争体験本を探しに書庫(というか納戸)に入り込んでたら思わず「次郎物語」を発見してしまい、それはもうたまに吉牛を無性に食べたくなるのと同じような感じで無性に読みたくなり、午後はベッドに持ち込んで熟読。ちょうど民俗学者宮本常一の著作を読んでいたこともあって「次郎物語」が描く日本の村の姿にもほれぼれしつつ、次郎が悩むアレコレを追体験。中学高校とほとんど暗記するくらい読んだ本なのだが、この歳になって再読するといろんな再発見や下村湖人がどうしてこう書いたかの気持ちまで推察されたりして楽しい。あっという間に夜。やるべきことをさぼってしまったが、これはこれで充実した休日。ものすごく給油された気分。


2004/08/15(日) 06:44:19

友人宅でスパークリング片手に東京湾大華火大会を見る。尺5寸玉10発、尺玉150発を含む13000発はさすがに壮観。種類も豊富だし、なによりでかいし高いし、神宮花火とは格が違った。やっぱでかいのは発散度が違う。
今朝は5時すぎの嵐のような雨で目が覚める。雨は一瞬で止んだが窓を開けると高原のような涼しさ。今日の東京の予想最高気温は26℃。連続40日の真夏日記録も今日でストップかな。
そういえばアテネ五輪が開幕。実はそれほど興味なし。たまたまTVでやっていたら応援するが、深夜早朝まで観戦はしないだろう。理由はわからないけど冬の五輪の方がなぜか好き。ボクの夏の五輪はなんとなくミュンヘンあたりで止まっている。あの頃は独特の一体感があったからなぁ。成長という国民共通の目標があったせいか。「ミュンヘンへの道」、また見たいなぁ。
そんな感じで始まった終戦記念日。戦争体験本の一冊でも読み返そう。


2004/08/14(土) 14:51:34

昨日は昼から夜までよく飲みよく食べよく話した。3家族10人+犬が集うとさすがに家のリビングも満杯状態。食器も足りず、少々ホストとしてはお恥ずかしい演出だったが、まぁ楽しけりゃいいのさ。
途中、世界トップダンサー岩田守弘による「正しい立ち方」教室もあり、ボクがわりとうまく立てたのも収穫。ちゃんと立てる人って意外と少ないらしい。でも、幼いときから何千万回と繰り返してきた「立つ」という行為も奥が深いなりねえ。
関西からわざわざ来てくれた先輩家族も、岩田さんに会っていろんな話が聞けて、大変感激して帰っていただいたようでホッ。また是非来てください。

久々に得意料理「小魚のピクルス」を作ったが、我ながらうまい。またちょくちょく作ろう。


2004/08/13(金) 08:33:15

昨日もボランティア・マネージャー業で岩田さんのTBSラジオ出演につきそい。ボクも出演したことのある番組だったのでパーソナリティの荒川強啓さんが覚えていてくれて、なぜ元出演者がマネージャーをしているのかと驚いていた。うはは。仕事とは関係ないんです。
収録後(放送は18日17時15分)、関西支社の先輩と岩田さんと「味泉」でメシ。先輩の娘さんが岩田さんにバレエを習ったことから始まった関係だが、とても話が盛り上がり、今日うちでのパーティのために関西から奥さんと娘さんを呼び寄せることに。そう、今日は会社休んで岩田家をうちに招く予定だったのだ。奥さんがロシア人ということもあり、ちゃんと家庭にお招きすることが大事なのだ。そこに合流。関西から新幹線で。すごいことになってきたぞ。先輩家族をよく知っている優子も喜んでいる。さて、家を掃除整頓!そして料理!


2004/08/12(木) 08:17:18

昨日は岩田さんの雑誌「料理王国」インタビュー出演につきあった。ボランティア・マネージャー業での成果のひとつ。とにかく彼を露出することがボクの使命っす。
その後、編集者さんたちと岩田さんと、天才ナンシー関が生前超行きつけだったある店へ。ここの肉はうまいなぁ。また来よう。

今朝はその肉のカロリーを消費すべく早朝速歩犬散歩を40分して、これを見てひとしきり泣いて(ボクもちゃんと伝えていないな…)、いまから朝ご飯。そして急いで会社。

日航123便の御巣鷹山墜落事故から今日で19年。知っている人が3人あのヒコーキに乗っていた。あれから19年か。あの事故のときに生まれた子供がもう大学生ということか。そして、あのとき新入社員だったボクも来年で入社20周年を迎えようとしている。


2004/08/11(水) 11:48:37

昨晩はバレエの本を数冊書いている守山実花さんに岩田さんを紹介する会食。もうひとりの参加者もバレオタだったのでえらく話が盛り上がった。
というか、夕方6時半から夜中の12時半まで同じビストロに居続けて話し続けるとは。6時間も同じ店にいたのは初めてかも。


2004/08/10(火) 11:22:31

井上雄彦さんの個人全面広告、見ていただけたでしょうか。星野仙一の個人広告をお手伝いしたこともあり、ひょんなことからご相談にのって、こちらもちょっとだけお手伝い。井上さんとの作業は実に楽しく刺激になることだらけ。それにしても6紙揃うとさすがに壮観! サイトでも6紙見られます。いまはアクセス集中ですごく重くなってるけど。

昨晩は次の出版の企画をひょいと思いついてわりとご機嫌。なんとなくいい本になるような予感。うまく行くといいなぁ。


2004/08/09(月) 07:53:06

神宮花火を見に行った。花火師としては(オホン←新米のくせに)、ちょっと単調な感じ。場所柄規制も厳しく、大きな玉が使えなかっただろうから仕方ないけど。

ところで、明日8月10日(火)の、読売・朝日・毎日・産経・日経・東京各紙朝刊をぜひご覧ください(一部地域を除く)。6紙とも内容が違います。ちょっとお手伝いしました。スラムダンク・ファンは特に!


2004/08/08(日) 15:38:36

昨晩は西麻布の「ヴィラ・マダレーナ」にて「イベリコ豚を固まりで焼いて食べる会」に優子と参加。イベリコ豚でも最高ランクのベジョータをソテーしたりアイスバインのポトフ仕立てにしたりローストにしたりして腹いっぱい楽しんだ。以前沖縄原産アグーとTOKYO-Xと鹿児島黒豚とイノシシ肉を食べ比べたことがあったが、うむ、さすがにイベリコ豚もうまい。香りのバランスはトップクラスか。
飲み物もポルトガル・ワインありポートありマディラありで充実。特にマディラは1901年のものからマルヴァジア、ブアル、ヴェルデーリョ、セルシアル(それぞれ昨晩覚えた)の飲み比べまであり素晴らしかった。1901年のマディラは100年以上前の物とは思えないほど若々しくてピチピチ。たった43年しか生きていない自分を励ましてくれるような逸品。
ということで、佐藤尚之さん、とても楽しい夜をどうもありがとう。←佐藤尚之さん主催で20人ほどの会。佐藤尚之もボクを含め3人集まったのだったが、佐藤尚之会ではない。ややこしや。


2004/08/07(土) 11:07:02

早くPowerbook G5が発売されないかと毎朝のようにAppleサイトを見てしまうワタシ。秋だとか年末だとかイヤ来年だとかいろんな噂があるのだが、ホントのところはどうなんだろう。
いままでは家のデスクトップとモバイル用のパワーブック、そして会社のデスクトップ、と3台(すべてマック)を用途に応じて使い回してきたが、パワーブックG5が出たらそれ一台に集約してしまうつもり。12インチを常時携帯して家と会社では広いディスプレイにつなげる使い方。いや、そうしようそうしようと思ってはいたのだけど、なんとなくメイン機がノートというのが脆弱に思えて今まで踏ん切りがつかなかったのだ。
ということで、早々の発売を懇願。精神的に弱っている昨今の気分を変えるためにもちょっと大きな買い物がしたいのだ。プリーズ。


2004/08/06(金) 07:52:15

軽井沢はきわめて涼しかった。たった三日の軽井沢だったが、犬連れが極端に増えていてビックリ。どこもかしこも犬だらけ。旧軽などほとんど「うちのワンコ自慢天国」。あらゆる犬種が闊歩している。犬専用カフェも多く出来ており、ちょっと異様な盛り上がり。
クルマを捨てて1年半になるので、移動は電車とバスと貸自転車だったが、もう慣れてしまった我が家はその状態を十二分に楽しんだ。移動が簡便でないということがこれほど意外な楽しみを与えてくれるとは、クルマを捨てた人しかわかるまい。しかもたくさん運動したせいで(貸自転車)、体調も戻り気味。いいことずくめ。


2004/08/03(火) 07:56:02

体調悪いし雨だし仕事山積だし、という状況で、二泊三日の軽井沢夏休み。軽井沢といっても会社の寮へ行くので、緊急の仕事からは逃げられない。まぁそれでも気分は変わるだろう。あの林の中を散策すれば。
8月から約3ヶ月かけて「おいしい店リスト」大メンテにかかる予定。大幅な書き直しと構成変更。もっと使いやすく、性格をはっきりさせます。仕事が大嵐にならなければ。 ←先に言い訳しているあたりが怪しい。

ということで、3日ほど更新しません。メールも見ません。カラダをゆっくり休めてきます。


2004/08/02(月) 12:07:57

う。Appleのスティーブ・ジョブズ、膵臓に悪性腫瘍が見つかり摘出手術をした模様。マジ? たのむ。いま死ぬな!(自分勝手だが、いまのAppleは大好きなのだ)


2004/08/02(月) 11:45:53

原書ハリポタ新作はやっと600ページ。まだ1/3くらいある。9月頭の日本語版発売までに読み終わるだろうか。
つか、2/3読み終わった段階の感想としては「つまらん!」。無意味に長いしダラダラしている。同じ内容で半分にできる。そのくらい冗長だ。主人公も人生に悩む時期を迎え、いろいろ書きたいのはわかるが、ちょっと著者の手に余っている感じ。そりゃああいう題材だもの、いくらでも長くできるだろう。でもそこを削って、最小限のエピソードにして、よりイイモノにしていってほしいところ。編集者とか何も言わないのかなぁ。
しかし…ここから1/3で盛り上がらなかったらたまらん。なんとか盛り上がって欲しい。頼むよ。


2004/08/01(日) 06:55:44

日曜だというのに6時すぎに起きたらNHKで「ラジオ体操中央大会」とかいうのをやっていて1万5千人が競技場に集まって体操していた。麻生議員とかドーモくんとかも整列して体操していた。マスゲームみたいで怖い光景ではあったが、幼い頃から刷り込まれたラジオ体操魂が黙っちゃいない。思わずラジオ体操第一と第二を高校三年以来25年ぶりに通しで。途中から妻も起きてきてふたりで「あれ?こうだったっけ」「その深呼吸は第二よ」などと言い合いながら完操。高三の時は体育リーダーでみんなの前に出て体操したものだが、なんちゅうか細かいところで記憶違い続出。25年の年月を感じる。

昨日、アリとイヌとオサニチを更新してまする。DWが調子悪くて何度もキレながら。


2004/07/31(土) 16:03:34

台風から逃げるように、優子と響子、帰宅。仕事の関係で徳島に住んでいる義父母のもとへひとりで遊びに行っていた響子を追いかけて優子も行っていたのである。
んでもって、3人で川の字になって昼寝。妻子は遊び疲れ。ボクはボクで先週の忙しさに疲れきっており、なかなか本調子に戻らない。来週は3日間だけ軽井沢で休むが、東京に山と仕事を残して無理矢理行くこともあり、ファクス攻勢必至。憂鬱。


2004/07/30(金) 08:55:42

深夜残業で不覚にも夜メシを食いっぱぐれ、ダイエット中だしいっそのこと夜メシ抜くか、とかブツブツ言いながら帰途についたが、ふとセブン−イレブン前で「そういえばコンビニのおにぎりが味的にかなり改善されているとどこかで読んだな」と思いだし、入って「おにぎり革命 こだわり紅鮭いくら」を買った。一個200円。一番高い部類である。パッケージからして高級感がある。で、家に持って帰りいそいそ食べたのだが………こりはなかなか旨いかも。うーむ、なんかコンビニおにぎりって添加物のせいか後味がイヤな上に口が臭くなる印象があるのだが、これにはそれがほとんどなく(少しはあるが)、味的にも上手なバランス(厳しく言うと塩強し)。さすが商品開発の最前線である。軽視していてゴメンナサイ。

ということで、今朝も犬と早朝散歩中にセブン−イレブンに寄って他のおにぎりを購入。朝ご飯用である(優子・響子が旅行中)。これじゃ商品開発に金かけられないお店や商店街が苦戦するはずである。普段はそういうところで買うようにしているボクだけど、おにぎりに関してはコンビニ派になってしまったかも。


2004/07/29(木) 07:52:04

このごろインターネットの現状や最新のインタラクティブ・クリエーティブ状況について話をさせられることが多くなってきて、昨日はずっと担当していた怖〜いスポンサー20人ほどのまえで講演というかお話をさせていただいた。習慣とは怖いもので思わずヘコヘコ。だって怖いんだもん。
突然だけどこのゲームはなかなか難しい。


2004/07/28(水) 07:22:37

昨晩は岩田守弘さんを元TBSアナの進藤晶子さんと美人ラジオプロデューサーに紹介メシ。ボク以外美男美女のみ。いや〜役得役得。おまけに岩田さんのラジオ出演も決まり大満足。なかなかいい夜でござんした。
それにしても進藤さんは感じがいい人だなぁ。穏やかで安定していて。ちゃかちゃか生きてる自分をちょっと反省。うむ。もっとおっとり生きよう。無理か?


2004/07/27(火) 09:28:31

ずっと81〜82kg台を行ったり来たりしていた我が体重。ついに80kg台に突入した。80.8kg。4月から4ヶ月で8kg痩せたことになる。よし!一気に79kg台だ!


2004/07/26(月) 17:35:33

昨晩は新宿でウクライナ共和国ハリコフ子供バレエ劇場「チッポリーノ」東京公演を観劇。岩田守弘さんが客演していて主役のチッポリーノ役。そのジャンプの高さ。回転の安定度。抜群の演技力。改めて世界トップの実力に驚嘆。観るたびにすげ〜と感嘆する。日本人としてのみならず世界で初めて外国人としてボリショイバレエ団に入団した上に、異国で独りずっと第一ソリストを張ってるだけのことはある。それにしても昨晩の公演は良かった。去年も同演目を観ているが去年より良かった。見た顔が多かったので「配役いっしょ?」とあとで岩田さんに聞いたら「去年とまったくいっしょ」とのこと。また同じメンバーで来年も来るのかな。

公演後、岩田さんを取り囲む方々の羨望のまなざしを背中に受けながら、岩田さんと楽屋で待ち合わせて食事へ。いや、正確には「営業」だ。マネージャーとして岩田さんをいろんな雑誌に売り込むのだ。ってことで、婦人画報、ヴォーグ日本、文春などの編集者の方々に岩田さんを紹介しつつムール貝とニュージーランドワイン(恵比寿の「アオテア・ランギ」この店うまい。あたり!)。やけに盛り上がり実に楽しい晩だった。岩田さんは誰に会わせても「あんな好青年には会ったことない!」と感心してくれるお人柄の方なので、マネージャー役としてはラクチンである。


2004/07/25(日) 08:04:51

2週間ほど前、迷いに迷った末にカシオのデジカメ「EXILIM EX-P600」を購入。以来よろこんで使い続けているが、この買い物は大正解だった気がする。
スタパ斉藤が最上級にベタ褒めした上、価格.comや2ちゃんでもひじょ〜に評価が高かったことが購入理由。あ、今年EXILIMの赤い最薄のものを娘にプレゼントして自分でも使ってみたらとても良かったのでカシオ・デジカメに対して信頼感があったのも理由の一つ。長く使ってきたCyber-shotシリーズにも心が動かされたが、今回のEX-P600の評判はそれをも越えてしまった感じ。
使ってみて素晴らしいと思うのは画質&撮り味。600万画素のすごさというより、これはカメラの個性に近い。非常にイージーにかなり良い写真が撮れる。デジタル一眼レフを越えるとさえ言われる美しい描写と自然な色の再現は大満足。ブラケット撮影や電池の持ち、再生の早さも満足。
逆に不満なのはマクロ撮影。せめて5cmくらい近寄らせてくれ。あとはスタイル。ごつすぎ。醜い。でも慣れると「これだけよく写って、これだけ小さければ御の字か。デザインも許せる範囲」と思えてもくる(時間がかかったが)。
以来、鞄に常駐。日常をどんどん写しまくっている。これだけ画質がいいと撮っていて楽しい。買うのに勇気がいる値段であったが、後悔はまるでなし。これからも撮りまくるもんね。


2004/07/24(土) 12:20:36

娘は今日からひとりで関西。義父の家に1週間お泊まり。きっと思い出深い夏休みになることだろう。でも思いっきり甘やかされてワガママいっぱいになって帰ってくるのもほぼ確定。まぁそれはそれでいいか。どうせなら思いっきりどうぞ、という感じ。

昨晩は築地王と東京カリ〜番長とオールアバウトの伊藤さんと4人でメシ。肉を食べに行ったのだが高い割にいまひとつの店で食が進まず、二軒目のラム酒の店のトリッパやコロンボでようやく人心地つく。ああいうサシがいっぱい入った「弱い」肉を食べると、レッドミートの固まりが恋しくなる。
狭く深くなふたりと広く浅くなふたりの会話は、すれ違ったり合致したり、さながら大波に揺れる小舟のよう。上がって下がって最後にはよくわからなくなってしまった。


2004/07/23(金) 11:39:40

日本の去年の自殺者が過去最悪の3万4427人とか。
モナコ公国の人口が3万1千人だから、去年1年でモナコ公国ひとつ分の命が日本から消え去ったことになる。イラク戦争開戦以降のイラク人死者は1万1千人強と言われるから、あの酷い戦争の3倍もの人がたった1年で日本で自殺したことになる。
弱いから自殺するとは思わない。いろんな理由があると思う。ボクだっていろんな辛いタイミングが重なってしまったら3万4428人目にならないとも限らなかっただろう。
でも、いまは、生きているのが楽しいし愛おしい。生きていると楽しいことがいっぱいある。それを身近な人から伝えていきたい。サイトでも書いていきたい。とか、殊勝なことを思うのです。今日も暑いね。


2004/07/22(木) 17:13:23

大阪の「あまの」の味噌煮込みうどんが無性に食べたい。食べたいったら食べたい!


2004/07/22(木) 09:30:20

高円寺の「きよ香」で沖縄料理。文春の記者や編集者に岩田さんを紹介しつつ古酒を飲み、なんだかひとり酔っぱらった。1961年開店という沖縄料理の大老舗「きよ香」は前から行ってみたかった店。どれもこれも味はなかなかのもの。やぎ汁や沖縄そばがちゃんとうまかったのはさすが。これでラフテーがもっと良ければ最高。

それにしても仕事が多い。暑いから思わず易きに流されそうになる。気を引き締めないと大ポカしそうだ。


2004/07/21(水) 08:32:19

「東京がどんだけ暑かろうがオレらには関係ねえ。大阪とか名古屋とかがどれだけ暑かろうが報道もしないくせに、東京が暑いからって長々と全国放送してんじゃねえ」と関西在住時代にぼやいていたのを思い出した。ええ、東京は記録的に暑い。でも全国放送で長〜くそれを放送するのがいかに傲慢かに気づかないマスコミもいかがなものか。首都圏版ニュースできっちり流せばよろし。

それにしてもこれだけ暑いと犬の散歩が虐待に近い。犬自身は散歩を無二の喜びにしているのだが、20分も歩くと死相が浮かぶ。死相朦朧。一日で一番涼しい時間に歩いてあげても30℃近い。食欲も減っているようだし、さすがに参っているようだ。トイプードルは毛が抜けない分、冬毛で夏を過ごすようなものだからなぁ。短く切ってはあげているのだけど。


2004/07/20(火) 18:06:53

観測史上最高の39.5℃を記録した都心の真っ昼間、その事実を知らず「やけに暑いなぁ…そうだ、暑い日はカレーに限る♪」と脳天気に思いつめ、炎天下をウキウキと15分も歩いて極辛カレーを食べに行ったワタクシは、暑さと辛さに膨大な汗をかき、店を出た途端目の前が朦朧とするという高校の部活以来の感覚に陥り、「あれ?もしかして脱水&熱中症?」とコンビニでキンキンに冷えた水をイッキしたら頭まで痛くなり、午後がまるで使い物にならなくなりました。ばか?


2004/07/20(火) 06:04:27

昨晩は神宮球場が見える某テラスで、井上雄彦さんたちとアイデア出し合いつつの小パーティ(4家族)。メンバーが良かったのでとても楽しかった。ボクも優子響子を連れて行き、彼の原画デッサンのすさまじいうまさに触れさせたりした。いや〜マジうまいっす。周知すぎる事実だけど。

帰宅したら岩田守弘さん(@ボリショイ・バレエ)から留守電。日本に着いたらしい。よし。いまから約1ヶ月、ボクは彼のマネージャーである。ボリショイでトップダンサーの彼が日本で無名なのを少しでも改善するために。売り込むぞぉ。


2004/07/19(月) 09:26:34

ブルータス8/15発売号で「お取り寄せグランプリ」をするのだが、その中の「うどんの部」のグランプリを急遽送る5商品の中から選んで欲しい、というメールが火曜の深夜に急に来て、この土日は一家総出で朝昼晩とうどんを食べていた。五島うどん、伊勢うどん、京うどん、稲庭うどん、さぬきうどん。金曜から続々とうどんが到着し、時間がないので次々食べ、寸評書き、グランプリを決め、今日月曜の午前中〆切じゃ〜という慌ただしさ。うにょ〜。おかげですっかりうどん腹。さぬきで1日11軒の記録を持つ我が家だが、旅で製麺所を回るのならいざ知らず、変わりばえしない家の中で朝昼晩うどん×2日間だと、さすがにきつい。でも優子は喜んで「献立を迷わなくて良かったわ。家族がずっといる連休って献立決めが大変なのよ」だってさ。娘の響子は「この微妙な食感の違いをそれぞれ表現しわけなさい。ほら、もっと考えながら食べるんだ!」という父のうどんスパルタ教育にほとんど泣く寸前。すまん。キミから出てきた表現を使おうなどと姑息なことを考えとった父を許せ。


2004/07/18(日) 13:24:31

打ち上げ花火大会は無事盛り上がって終了。3号玉ばかりだったから品川区や港区にお住まいの方はおうちから見えた方もいらっしゃったかも。しかしあんな場所でも打ち上げ許可出るんだなぁ。消防署長から警官までたくさん出てたけど。
それにしても打ち上げ後の生ビールは旨すぎる。どんどんビールから遠ざかっているボクであるが(家ではほとんど飲まない)、こういうシチュエーションでのビールは好き。3号玉の火入れはちょっとした命の危険も味わえるので、そういう渇きもあるかもしれない。

発売日が1ヶ月ちょい後に迫った「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」。あまりの厚さに原書読みが停滞していたのだが「発売日前に原書で読み終わる!」という目標のため、またこのごろすごいイキオイで読んでいる。それにしても厚すぎ。なんとかお盆頃までには読みたいが…。

アリくんたちは暑すぎるのか、ほとんど行動しない。日記にしようがない。みなさんのお宅では如何でしょう?


2004/07/17(土) 12:47:00

今日の花火大会、天王洲公園ではなくてその隣の「東品川海上公園」でした。いずれにしてもすぐ隣なので行けばわかります。で、観客席はアイル橋を渡った対岸の同公園内。短い時間だけどそこそこ大きいの打ち上げまっせ。


2004/07/17(土) 07:00:58

青山ブックセンターが破産、閉店、、、と。
ものすごくショック。あの品揃えとディスプレイ。方向性がとても好きな本屋だっただけに残念でならない。個性をちゃんと出して、それなりにお客さん入っていたと思われるのに、破産かぁ…。いよいよ新刊書とベストセラーと雑誌しか置かない本屋ばかりになるのか。まぁ典型的本好きであるボクなんかがネットで本を買うようになってしまったのも彼らを追いつめた要因のひとつなのだろうけど……。


2004/07/16(金) 19:06:07

前にご紹介したコレがわりと周りで流行っているが、ボクはこのごろコレもやっている。shockwaveの2002年ゲーム大賞をもらったコレと同じ人が作っていて、なかなかハードルが高いのだ(やり方はやっているうちに気がつきます)。

ちょっと趣きは違うけど、このごろいろんなところで取り上げられているこのサイトは、なんていうこともないけど何度も見てしまう。静止画なのに動いて見える絵のサイト。酔いやすい人は注意。


2004/07/16(金) 07:37:40

あ、書き忘れた。
明日17日土曜日、夜19時半くらいから、品川の天王洲アイルの天王洲公園で打ち上げ花火大会があります。観客席は対岸になります。ええ、ボクも打ち上げメンバーです。背中に「火」と書いた紺のはっぴ着てうろうろしてる予定なので、見かけた方は是非お声かけよろしく。メガネに髭にボーシ、183cm、やせ型(←とうとう言い切りやがった!)


2004/07/16(金) 07:15:20

昨日2つの特急プレゼンが終わり、目の前の山はやっとこ越えたのだが、待ってましたとばかり新たな仕事が入り涙そうそう。来た仕事は断らない主義なのでやらせていただくが(仕事が来るうちが華なのさ)、部下への振り方が下手なので、仕事が重なるといつも必要以上にバタバタする。自分自身入社2年目くらいから仕事を任されて成長してきた覚えがあるから、若手に主体性を持たせて任せようとするのだが(それはそれで勇気がいることなのだけど)、どうも今の若い人はもっと指導してほしいらしく、なにかとクレーム言われたりする。いや丸投げしてるつもりはないのよと一歩踏み込んで仕事に関わるとどっぷり依存してくる若手も多く、結局仕事が減らない。自信がないのもわかるけどそのやり方ではいつまでたってもそのままよ。長く会社にいて仕事してれば経験も増えて自然に成長するだろう、とか思ってない? それは幻想よ。成長しようと必要以上に意識しないといつのまにか退歩してるのが会社だから。


2004/07/15(木) 07:10:08

ひょんなことから井上雄彦さんと夜ゴハンを食べた。そう、「スラムダンク」「バガボンド」の。んー、楽しくて飲み過ぎ。今日は仕事の大菩薩峠なのに二日酔い。一日持つかな。


2004/07/14(水) 00:54:41

かぜ耕士さん、お誕生日おめでとうございます。って、1時間ほど過ぎてしまったけど。

今日は伊藤さんと西大島の「與兵衛」へ。19時に入って22時30分まで親方と3人でしゃべるしゃべる。後半は店貸し切りで寿司業界のコアな話が聞けて実に面白かった。しかし相変わらずうまい。生ものをまるで置いてない寿司屋ももう少ないのだろうなぁ。次はシンコと新イカの時季に再訪しよう。ここはお盆過ぎるころまでシンコは使わない。

「駅」とか「冬の華」とか「夜叉」とかが無性に観たい。なんでだろう。あ〜、特に「駅」が観たい。


2004/07/13(火) 09:05:55

昨日は、朝9時すぎから夜23時前まで、昼食中を含めて空き時間なくすべて打ち合わせだった。10分の休みもなし。疲れすぎ。おまけにガッデム夜飯をその時間から食べに行ってしまい、おのれ二軒目にラーメンまで食べてしまい、今朝起きたら81kg台前半だった体重が瞬間風速的とはいえファッキン83kgに。shit! それにしても恵比寿「ちょろり」に5年ぶりにいったが、あそこのラーメンあんなもんだったかな。以前は偏愛したものだが。


2004/07/12(月) 16:08:49

朝から数分おきに打ち合わせがあって、選挙がどうとか頭からぶっとびちう。ということで業務連絡のみ。昨日「沖縄のおいしい店リスト」を30店ばかし更新しました。こっちよりこっちの方が整理されていて見やすいです。ご旅行のお供にどうぞ。


2004/07/11(日) 07:37:08

今日は参議院議員選挙!
ボクの一票が国政を変える、なんてことは思わない。でも、ボクは選挙をさぼれない。申し訳なくてさぼれないのだ。平等に分け隔てのなく一票を投じられるようになるために、いったいどれだけの血が流されてきたか。普通に選挙に行けるという権利を得るためだけに、人生の大半を費やして闘った人たちがどれだけいたか。国民が皆平等に選挙に行ける、という今では何でもないことが、昔は夢の出来事だったのだ。机上の空論に近い理想論だったのだ。選挙に行かないことは、その理想を現実化してくれた先人たちの努力や命を無にする。そんなことはボクにはできない。


2004/07/11(日) 01:07:39

今年で最後になるかもしれないセパ対抗によるオールスターを観つつメシ喰ってるうちにメールいろいろ。激しい非難がまた多い。ずっとさなメモで書いてきた北朝鮮拉致問題に対するボクのスタンスの延長線上で書いているつもりなので、長く読んでくださっている方からは理解・賛同のメールも届いているのだけど、それらを読んでいない方にとってはとんでもない意見に読めたようで。

報道も我々の思考も、拉致された人たちのあちらでの数十年の人生を(結果として)否定する言説になってはいないだろうか、という視点を投げかけたかっただけなんだけど、ボクも誤解うけやすいような表現で書いているかもしれない。達意の文章で書けず申し訳なし。

今晩は少し涼しい。明日は選挙。朝早く行くつもり。寝よう。


2004/07/10(土) 17:38:05

ボクは、拉致被害者=可哀想、という思考図式にはまりがちな自分を戒めてるわけで、拉致も考えようによっては幸せさ、と嘯いているわけではないということはご理解ください。
拉致を被害とか不幸とか決めつけて考えていくと、結果、拉致された方々、そしてご家族の人生を「被害を受けた人生」「不幸な人生」と決めつけることにつながる。それは本人たちにとって非常に侮辱的である。人はそんなやわではない。

もちろん拉致は被害であり不幸。間違いない。
でも、それは客観的な第三者が客観的に語ることであって、本人たちにとって、それは「自分の人生そのもの」。幸せを求めていいたった一回の人生そのもの。それを外部が「被害の人生」「不幸な人生」「なんて可哀想」と決めつけることの傲慢さ、そしてそういう思考に思わず入り込みそうになる自分を反省しています。

もしボクが拉致されたとして、娘が「被害の結果として生まれた子」と世間から見られるのは我慢がなりません。被害だ不幸だという論ばかり発展させていると、本人たちのそこらへんの気持ちに鈍感になっていくなぁ、それはよくないなぁと感じたのでああ書いたのです。


2004/07/10(土) 12:21:37

もし拉致されなかったら曽我ひとみさんはあの愛するご家族を持ち得なかったのだ、あの娘さんたちは存在すらしていないのだ、ということに想いを馳せるとき、拉致を「被害」「不幸」と一面定義して思考停止する己の浅薄さに気がつく。娘さんたちの視点に立つと「お母さんが拉致されて良かった」であり、曽我さんにとっても娘さんたちは掛け替えのない幸せの象徴だ。本当に愛せる家族を手に入れること以上に幸せなことはこの人生にそんなにない。そういう意味において、曽我さんにとって拉致は幸せの側面を確かに持つ(たぶん蓮池さんや地村さんにとっても)。もちろん彼らのご両親にとっては一方的被害・不幸だが、彼ら本人にとっては被害・不幸だけでは語れない側面があるわけだ。政治的な側面や人さらい被害の側面のみで語るとそれを忘れがちになり、何よりも大切にしなければいけない本人たちの気持ちに鈍感になりがち。そんなこんなで自分を戒めるここ数日。


2004/07/09(金) 07:35:21

昨日飲みに行った相手に「井の中の蛙 大海を知らず」って続きがあるって知ってた? と聞かれた。知らない。「あるらしいよ。『されど空の青きを知る』って」 ほ〜。井の中の蛙 大海を知らず されど空の青きを知る、か。グリムだかイソップだかのカタツムリの話みたいやねえ。でもそうだな。シアワセって自分の足元にあるんだよね。大海を知れば知るほど見失いがちになる。何のために大海を知ろうと志したのか、それすらも忘れてしまう我々…。
その後、人生の深い話に進展し、飲んで思考が溶けてしまうのがもったいなくなり、酷暑の中、住宅街を散歩しつつ議論。その人はほぼ同い歳の元有名コピーライター。仕事に疑問を持ち、人に何かを伝えるって何なのかわからなくなり、日本でも数本の指に入ってたコピーの仕事を辞めて、ビルの清掃員をしながら日本語教師養成学校に通っている。でもね、ボクは「伝える言葉を考えること」と同じくらい「伝える方法を考えること」が大事だと思うんだ。伝わる言葉を紡ぎさえすれば想いが人にきちんと伝わる、というのは違うと思う。純文学の作家とかにそういう人が多いけど、それって本当に「伝えたい」と思っているのかな…。

ところで「井の中の蛙」の続きの句。帰ってネットで調べたら、どうやらそれは後世のヒトが付け加えた言葉らしい。これはこれで伝える「方法」だ。ボクはオッケーだと思う。そういえば「華氏911」のマイケル・ムーアが「ボクは物事を変えるために映画や本、テレビ番組を制作している。作品がより多くの人の目に触れるのであれば、海賊版やファイル交換、コピーなどされてもかまわない」みたいなことを言ったらしい。深く頷く。「伝えたい」人とはそういう人のことを言うんだと思う。


2004/07/08(木) 07:17:25

四の橋で夜11時前に仕事が終わり、夜メシをまだ食べてなかったので思わず3人で「ラビラント」に入ってしまった。深夜にフレンチ喰うなよ〜。アンドゥイエットやら羊の真空調理やらひな鶏のローストやらがぶがぶむしゃむしゃ。チーズもデザートもしっかり胃袋におさめてゲフー。体重じわじわ減ってたのに何やってるんだか。ちょっと後悔。でもたまには不健康なことしないとバランス悪いよな。よな?


2004/07/07(水) 11:41:21

昨晩は千駄木で昔のクライアントの大ボスと差しで飲むという緊張の中、今年初めてのシンコ(コハダの小さいのね)。4枚づけ。誠に美しく美味しいシンコだった。でもやっぱり2枚づかくらいからがもっとうまい。穴子で有名な店らしく、穴子もさすがに美味しい。白鷹と黒龍もたんまり。二軒目は根津の焼酎バー。ここでもたんまり。

それにしても、自分史上最高レベルの気遣いをした夜だった。大ボスというかラスボスだもんなぁ。この人のひと言ですべてがひっくり返ること100回以上なラスボス。しかもボクが駆け出しだった青い頃を全部見られている。うぅ。でも昔の話がいっぱい聞けて懐かしかった。あの頃どういう気持ちでひっくり返したかとかも聞けた(笑)。不思議な夜だった。


2004/07/06(火) 08:10:19

NHKで政見放送を見ていたら、東京選挙区の青島幸男が出てきて3コーラスも無責任男の替え歌を歌った。♪ちゃんちゃんちゃん、という口前奏で始まる政見放送はレアだ(手振り付き)。1コーラス長々と歌ったらカンペ丸読みの演説をして、また唐突に2コーラス目を歌うという展開できっちり3コーラス。あの真面目な空気の中で動ぜずひきつらず歌いきる神経はやっぱり並ではない。恥知らずと紙一重。都知事のときもそんな風にやってほしかった。外野に回ったときだけ生き生きする生粋のバラエティ人。それが悪いとは言わないが……どうかな。
同じ政見放送で蓮舫もしゃべっていた。今現在、彼女が感じている問題点はよくわかった。それを具体的にどうしたいのか、もう少し突っ込んでほしいところ。

ボクはタレント候補だろうが泡沫候補だろうが、問題意識が薄かろうが偏っていようが「勇気をもって行動を起こしたヒトはえらい」と常に思っている。傍観者・諦観者の数千倍マシ。だから時間が許す限り彼らの主張は聞くようにしている(選挙前)。立候補する環境と勇気がないボクの代理として(つまり代議士)、ぜひがんばってほしい。いや、偽善ではなく、ある程度マジでそう思っているのよ。


2004/07/05(月) 07:54:19

職人さんに「小四の娘に高いネタなんて10年早いっす」という言い訳ができたので、昨晩は心おきなく安いネタのオンパレード。ここまで安いネタ尽くしというのは客としてなかなか勇気がいるもの。おかげで予想していた値段の半額で済んだ。ラッキー。
「おすしって、口の中でほろっととろけるんだね」と娘。そう。いい寿司はシャリとネタが一体となってとろける。この感触をおぼえておくように。

お礼かなんか知らないが、娘から手作りお守りをもらった。題して「食事運アップお守り」。おお、よくわかってらっしゃる! これをお財布に入れてれば、ボクの食事運は必ずやアップすることでしょう。なぜかマーメイドが守護神なのが笑えるが。


2004/07/04(日) 16:19:32

今日は夜、優子が仕事でいないので、娘の響子とふたりで近所の「かなりまともな」寿司屋に食べに行く。安い店しか行ったことない彼女にとって、ある意味本格寿司デビュー。ただし禁止ワードが3つ。「とろ」「うに」「あかがい」。絶対禁止。あ、出たての「しんこ」も禁止。お父さんは言うけどね。


2004/07/03(土) 23:37:12

シャラポワ、すげー。テニスも顔もスタイルも服も、すげー。ロシアだし身近な感じ。新しいスターの誕生。
スターと言えば、マーロン・ブランドが亡くなった。晩年は借金で大変だったらしい。でも、あまり思い入れが深い役者ではないなぁ。


2004/07/03(土) 12:15:54

ここ数日、参院選の電話アンケートが数件かかってきている。
いくら無作為抽出された電話番号だとはいえ、うちの電話番号を把握した上で「この家の有権者がどの政党に入れるか」「選挙区はどこか」「仕事や年齢はどうか」などの個人情報を取ろうというのはもうやり方として危険すぎないか。つか、マスコミのくせに個人情報の取り扱いが「雑すぎ」る。んでもって雑だという自覚もない。

参院選アンケートを騙って、家族構成や年齢を聞きつつ、「お子さんは男の子ですか女の子ですか?おいくつですか?」と何気なく聞き出せる場合だってある。そういうのに疎い妻など口を滑らせそうだ。相手が変質者だったりしつこい教材屋だったりしたら悲惨。電話番号から住所を割り出すのは簡単だし(うちはNTTに登録してないが)、この家は小四の娘がいて家族三人で、みたいな情報を悪用しようと思ったらいくらでも出来る。

ということで、土曜朝から朝日新聞(を名乗る電話アンケート員)とやり合い。
これが朝日新聞のアンケートだという証明はできるのか。「折り返し電話いただければわかります」って、その電話で「朝日新聞です」と答えたからって証明にはならない。ヤフーを騙った手の込んだ詐欺の例を知らないとは言わせん。だいたい電話番号とアンケート内容を紐つけして悪用しない保証はあるのか。え?わかりました?もう二度と朝日のアンケートでこの電話番号にはおかけしませんのでご安心をって? ってことはこの電話番号が朝日に(ブラックリストとして)登録されるってことじゃないか! 全然無作為抽出じゃないじゃないか! 個人情報を登録すな!

……イヤなオヤジに当たってすまんかったね、アンケート嬢。でもね、まるで答えられなかったそっちもそっちだと思うぞ。もともとエキセントリックに個人情報個人情報と叫ぶのは好きではない。でも、あまりにお粗末なんで絡んだ。電話番号ってとてもセンシティブな個人情報だと思うし。


2004/07/02(金) 22:10:01

友達に教えてもらい、今日はコレをずいぶんやったが、記録は82m。ううむ。100m行きたい。つか、このゲームにゴールはあるのだろうか。


2004/07/02(金) 06:24:46

個人的にうれしい話題ふたつ。
「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、増刷決定! やったぁ。空港や沖縄の書店とかでじわじわ売れてるみたい。買ってくださった方々どうもありがとう。まだ買ってない方も是非(笑)。写真いっぱいだし、沖縄旅行には欠かせない内容だと我ながら思うデス。
住宅ローンの金利、続々3.2〜5%程度に引き上げ。あは。これはうれしくない方が多いだろうが、ボクは先週1.3%(5年)の銀行に借り換えしたばかりなので「ラッキー!」という感じ。金利だけでなく、自動繰上返済できたり、繰上手数料や保証料がすべてタダだったり、なかなかいいのだ。ということで、我が家の新生銀行比率高まってます。ネット振り込み手数料もATM手数料もタダだし(全国のセブンイレブンで24時間タダで下ろせるのが便利。他銀行のATMでも手数料をキャッシュバックしてくれる)。

昨日今日と涼しいね。朝晩など高原にいるみたい。


2004/07/01(木) 05:49:09

7月になったので今日から個人的にサマータイム導入。単に早起きするだけですけど。つか、犬の散歩、かなり早朝じゃないと暑くてやっとられん+朝のうちに書き物やっちゃおう、なココロ。

昨日は中学高校の母校の卒業生インタビューみたいのを2時間受けた。サイトのこととか著書のこととか母校の想い出とか…。くわしいインタビューは久しぶりだったこともあり、なんだか初心を思い出した。7月で区切りがいいし、がんばろう。