さなメモ ログ 2002年7月〜9月


「さなメモ」の過去ログ置き場です。
毎日の雑感なのでなんの工夫も推敲もありません。自分の記録のための過去ログみたいなものです。
極私的に「ちょっと心に残っている出来事」にはがついています。



2002/09/30(月) 08:56:57

月末〆切の「美ら島物語」用原稿が書けず、もう1週間半ほど停滞している。うまく書き出せちゃえさえすれば3時間もあれば書ける量なのだが、どうもノッていかない。結局週末に予定も入れられず、運動会などのどうしても避けられない予定以外はすべて断ってノリが来るまでじっと待機することになる。
本業の仕事以外に連載・出版・サイト制作などの趣味(仕事)を持っていると、土日は平日より忙しくなるのだが、必然的に遊ぶ機会が少なくなりinputが減る。十分に休めてないので疲れも貯まっていく。ま、酒飲むと書けないので肝臓と財布のためにはいい生活なのだが、人生の楽しみが減っていくのは本末転倒だなぁ。


2002/09/29(日) 17:25:00

今日は娘の小学校の運動会だった。
応援合戦で「乾杯ラガーコール、行きまーっす!」と応援団長が叫び、例の拍子で「乾杯ラガーラガー」と小学生たち。うはは。KIRINさん、すごいブランディング。
しかし、運動会って近代軍隊セレモニーと基本的に一緒だね。一糸乱れぬ行進と空砲による合図など、軍隊訓練をそのまま模倣している。規律と集団行動は重要な教育項目だし、ボクたち自身になじみ深い教育形態だから無批判に受け入れているけど、あらためて冷静に見ると「これって、これでいいのか?」といまさらながら。
あ、それから、小学5.6年生の体型が無様すぎるのも強く感じた。肥満多すぎ。なんだこれは!と暗然たる気持ちになるくらい。背は高いのだが、実に無様に太っている。カモシカみたいに跳ねる子なんて20人にひとりくらい。うーむむむ。←ま、ボクも小学高学年は太ってましたけど。


2002/09/28(土) 18:35:14

村上春樹「海辺のカフカ」読了。
寓話の上に寓話を重ねた彼のこの新作を読んでまず思ったのは「村上春樹はちゃんと言うことに決めたんだな」ということ。「アンダーグラウンド」以来現実に深く関わった彼は、距離のある客観スタンスを捨て、一歩踏み出したように思う。そしてそれは成功している。寓話やメタファーはすべてにおいてわかりやすく、変にこねくり回していない潔ささえある。説明しすぎと思う部分もあったが、この変容をボクは支持する。
ま、そんなことはどうでもいい。なにより美しく感動的な物語だった。寓話の中に散りばめた現代的リアリティとその不自然さのバランスもよく計算されていて、上巻での違和感(15歳の主人公の行動への違和感)もある種のメタファーに感じられてくる。
これって傑作なのでは、と、ちょっと身震い。


2002/09/27(金) 08:46:09

日本の自殺率は世界一らしい。
毎年3万強の人が自殺でなくなっている。これはどういうことかというと、東京だったら国立市(人口7万3000人)が2年半ですっかり消滅するということ。兵庫なら長田区(人口10万人)が3年ちょいでぽっかり消滅するということ。すごくない?
自殺者の7割が40歳以上の男性。ボクもその一員だ。したくなる気分をずいぶん共有できる。紙一重だなぁと思う。
今日の連続テレビ小説「さくら」でも言っていたが、あなたの代わりはどこにもいない。仕事なんて代わりはいくらでもいる。でもあなた自身に、あなたの人生に代わりはいない。短気を起こさぬように。自壊を込めて。いや違った、自戒を込めて。(←自壊を込めたら爆弾テロです)


2002/09/26(木) 10:33:43

自転車通勤にはサイコーの季節である。
去年乗り始めたころ、排気ガスで胸が痛くなり医者に行ったら「慣れますよ。どちらから東京に転勤されました?」と田舎者扱いされ、傷ついた。
あれから一年。排気ガスで胸が痛くなることももうない。カラダが順応したということだろう。でも慣れてしまっていいことなのか?


2002/09/25(水) 09:46:52

んー、同趣旨のメールが多いのでここで返信。
その後国際情勢にくわしい友と濃く話したりして今たどりついているボクの意見は、北朝鮮外交の最優先課題は「北朝鮮を窮鼠にしないこと」だということ。拉致への補償にとらわれすぎて国交正常化の時期を逸すると、イラクになんらかの決着をつけたブッシュが「拉致を認めたテロ国家」を徹底的に潰しに来てしまう。悪の枢軸発言以降、自称敵国を攻めたくて仕方がないブッシュである。イラクの次は北朝鮮(イラク問題が泥沼になったらなったで世界戦争の恐れがある。これまた怖い)。やばいのだ。で、北朝鮮が窮鼠猫を噛んで米朝戦争になるシナリオは最悪だ。アメリカのフランチャイズである日本はどうなる。テポドン・ノドンが首都東京を爆撃する可能性もある。アメリカから攻められたら北朝鮮は一瞬で破れるかもしれないが、ことが無理矢理であるだけに、再び朝鮮半島は悲しみの声で埋まり反米感情に灯がともる。米軍駐留となったら中国も黙っておらず、東アジアは乱れるだろう。
単純に考えすぎ? でもブッシュが大きく方針を変えない限り可能性は十分ある。また、北朝鮮が内部崩壊して大量難民が韓国と日本に溢れるのもやばい。経済が弱っている今それをやられると三者共倒れだ。それも避けたい。かと言って日本はアメリカから嫌われたくはない。えらく難しい。そんな外交を首相はやっていると見る。

首相は、ブッシュが北朝鮮を孤立させ窮鼠にしてしまう前に、日本が独自に北朝鮮との対話の道を作ることが結局日本の安全とアジア平和につながると判断して訪朝したのだと思う。拉致被害で高ぶる国民感情を承知しつつ、将来の国民の命の安全を最優先したのだと思う。買いかぶりすぎ? でもそう思うな。で、対等な対話のために、拉致カードを使った。求められてもいないのに過去への痛切な反省と心からのお詫びを平壌宣言に入れた。本気で対話しようとしている。

確かに北朝鮮は現在なにをするかわからない国である。が、「アメリカは本気かも〜」と焦っている彼らの拉致に対する謝罪を受け入れ、過去の日本による大量拉致を深く恥じ、韓国を含めたこの三者が将来のために早急かつ深く対話していかないと、アジアに平和は訪れない。つか、おたおたしてるとブッシュが来る。こえ〜。
ブッシュの外圧によって結果的に東アジアの平和が達成される可能性もある。が、理想は自分たちの手で平和をつかみ取ることだろう。そのための一歩を首相は示した。9.17はアジア平和への大きな一日であったと思いたい。ちょっと青臭い意見で悪いが。


2002/09/24(火) 23:23:56

どうも今日はまだ本屋に並ばなかったみたいですね。明日かな。

カード会社から電話があり、残高不足で落ちないとの知らせ。ぐはぁぁぁぁぁ。フランスとか沖縄とかわりと使ったもんなぁ。しかもマック買ったし。印税あるから大丈夫と根拠なく思ってたが、ボーナスも給料も激下がりしているんだったぁぁぁぁ。うはは。不況すぎ。つか笑いごとではなく、年が越せるのか?(まだ3ヶ月もあるでわないくわ!)

つうことで、長期「超」緊縮財政に入りますので、関係者の方々よろしゅう(←誰?)


2002/09/24(火) 09:27:23

ほぼ今日くらいからボクの新刊「沖縄やぎ地獄」、書店に並び始めます。角川文庫533円。わりと力入ってます。このサイトに載せていないコラムも多いので、ぜひぜひ。イラストは中村三奈さん。帯は椎名誠さん。
いままで、本を出すのって、読者の貴重な時間とお金をこんな内容のためにいただいてしまって…みたいな申し訳なさが先にたっていたのだけど、コスモの本の石田社長に「無名の新人の本が立て続けに文庫になるのは異例中の異例です。自信持ってください」と励まされ、開き直ることにしました。照れていてもはじまらない。ぜひ読んで下さい。そして感想・批評をお聞かせ下さい。みなさんのご意見と販売部数が糧となり、もっと面白い読み物を書いて皆さんに還元しようという勇気となります。いやマジで。 …しかし、自分の本宣伝するのってやっぱ照れるな。


2002/09/23(月) 17:05:55

相撲フリークだったころがある。
朝6時から朝稽古とか見学に行き、稽古後ちゃんこを親方と一緒に食べたりした。もちろん会費を払い後援会にも入っていた。湊部屋という小さな部屋である(元大関豊山)。いわゆるタニマチだったわけですね。
その、フリークだった当時全盛だった貴闘力と寺尾が、今場所で引退する。相当入れ込んでいたボクは当然食い入るように彼らの闘いを見ていたわけで、なんというか柴田土井王長嶋末次黒江森堀内高田みたいなものと同列な感じなのだな。ある「いい時間」を与えてくれた彼らに敬意を表し、静かに清酒でも飲もうと思います。


2002/09/22(日) 20:43:27

さぬきうどん投稿ページ更新。
ついでに「うまひゃひゃ名鑑」などアップ。ま、こちらは数年前の情報なのだけど、なにかの参考にはなる、かな?

娘にモーニング娘。のメンバーの名前を教え込まれ、かなりわかったところでゴマキ卒業番組を見させられる。「これがカゴちゃん、これがヨッスィー」と次々指さされるが、実力テストとしてはボクは不合格らしい。
その昔「明星」「平凡」「近代映画」を必ず買い、当時の芸能人は泡沫的な新人まで全員押さえ、将来は芸能記者かとまで言われていたボクとしたことが…‥。


2002/09/21(土) 16:00:05

北朝鮮系でばたばたしてて触れられなかったが、さぬきうどん投稿、すぐ翌日にkoh-さん、その翌日にFukuiさんがくださり、まずはホッ。どうもありがとう。連休中にアップしますね。他の方もどしどしプリーズ。

ハリー・ポッター原書第四巻はやっとこさ150ページ。やっぱ第三巻より歯ごたえぶりぶり。ストーリー知らない本はボクの英語力では大変だ。

賛同メール、いまだぞくぞく。多すぎて、返事全部は出せないかも(泣)。でも、全部熟読してます。マジでどうもありがとうございました。


2002/09/20(金) 09:31:42

たくさんのメールをいただいてしまった。非難メールも相変わらずあるが、これだけ賛同・応援メールが多いと霧散する。マジでありがとうございました。
自分の考えは自分の考え。自分の頭で考えて自分の言葉で表現することが大事であって、賛同数の多寡で測られるものではないし、賛同数が多いからって正しいとは言えないけど(世の中に完全に正しい意見などない)、やっぱり賛同意見を読むとニコニコしてしまう。うははは。 いや、調子こいて舞い上がるなんて性格ではないのでご安心を。
うれしかったのは単純賛同ばかりではなく「ここについてはアナタと意見が違う」というメールや、冷静な異見メール(非難ではない)もある一定の割合であったこと。とても健全だなぁと。ボクは読者に恵まれています。
それなりに大きなサイトを運営していると、皆さんが想像もできないような酷いメールをもらうことがたまにあるのだけど、これからもめげずに、自分が考えたことを発信しつづけようと思います。

しかしそうか。さなメモに対していつもそんなにメール来ないので「あまり読まれていないのでは?」と思っていたけど、それなりに読まれているのね。続けることにしよっと。


2002/09/19(木) 18:42:55

ボクは非国民らしい(笑

くわしくは書かないけど、昨晩深夜このメモをアップしてから速攻で数通強い非難メールをいただき、身の危険を感じると共にぐったり落ち込んで寝たのだけど、今朝からは温かい賛同メールが圧倒的に舞い込みはじめ、立ち直れた。ひと言でもそう伝えてくれると微妙な問題に言及した甲斐がある(というか、実に普通で常識的なことしか書いてないと自分では思っているのだけど)。ありがとう。つか、まだ賛同メール受付中(笑 ←だって非難メールってそれはそれは激しいんだもん

ボクのメモ程度の発言でも「この非国民が!」になってしまうのだから、同時多発テロ当時のバーバラ・リーやノーム・チョムスキーへの風当たりは想像を絶するな。チョムスキーに至っては当時のあの空気の中で「アメリカに報復する資格はない」とまで言い切っている。いまの日本で言えば「日本に怒る資格はない」と言い切るみたいなもの。その勇気と高志と「フェアであり続けようとする精神」に心から敬意を表すると同時に、少々口汚い非難メールをもらったからって落ち込んだ自分を情けなく思う。


#chosen 2002/09/19(木) 02:08:50

繰り返すが、拉致被害者のご家族に対する同情の念は、同じく子どもを持つ親として、他人に負けないくらい強い。その長い祈りの年月を想うと涙が出る。

その上でもう一度書くが、我々日本人は一方的被害者ではない。たった数十年前、日本はまさに「北朝鮮的」であったのだ。朝鮮半島から数多くの人を拉致連行し、働かせ、その生死に無関心を装い、その多くは日本で(私刑を含め)客死している事実をまるで無視して「拉致をするような非人間的な国を許すな!」とか必要以上に騒ぐのはあまりに恥ずかしくないか。自分たちが非人間的だったことは棚に上げるのか。戦争中だったから、植民地だったから仕方なかったとでも言うのか。

拉致はもちろん非人間的なことであり、繰り返されるべきではない。拉致を許せと言っているのではまるでない。
が、他民族に対してやったことを顧みず、自分たちがやられたことばかりにエキセントリックに反応する姿は、アメリカ人のテロへの反応とほとんど変わらない。ブッシュを笑えない。理性的でも知性的でもない。

首相に対する世論や政界の厳しい風当たりも、ボクは信じられない思いで見ている。もちろん不備はあろうが、端緒としてはほぼ満点外交であり、国益も国際益もしっかり確保した。なぜこういう微妙な外交を(多少ギャンブル的だったが)この時期にしっかりまとめた首相を認めてあげないのだ? 過去の首相が誰もなし得なかったことだろう。あの独裁体制の国に対して一歩も引かず、拉致被害者の安否、謝罪、そしてなにより拉致再発防止の言質をちゃんと取った。爆弾射程距離内にある国民を守る足がかりも作った。米朝対話のきっかけさえ作った。それなのに、また足を引っ張って引きずり降ろすのか。

首相は一片の薄笑いすら浮かべず、社交辞令も言わず、雑談にも応じず、厳しく北朝鮮と相対した。国民の怒りを正しい手順を踏んでちゃんと伝えた。国民の命を守ることが国家の第一義である。そういう意味においてもっと怒りを伝えるべきだったという論調も理解できるが、会談が決裂しないギリギリの線まで立派に怒りを主張したと思う。何もやってない政治家や国民が必要以上に怒り騒いで、彼の高等外交を無にしていいのか。

在日朝鮮人たちに対する一部の人の仕打ちに至っては言葉もない。アメリカでイスラム系の人が理由なく暴力を受けているのを見て「なんて理不尽な」と思わないか? あれと同じかあれ以下の行為を同じ日本人がやっているかと思うと憂鬱になる。もっと恥を知っている国民性だと思っていたが。

って、メモとは言えんくらい長くてスマン。


2002/09/18(水) 11:26:55

拉致被害者のご家族が感情的になるのは当たり前だし、人間だから十二分に同情するが、それに引きずられて我々まで感情的になると物事の本質を見誤る。情に訴える報道には気をつけて接する必要がある。
第二次世界大戦当時、日本は朝鮮半島から90万とも言われる人々を「拉致」し連行した。謝罪も補償もしていない。我々は一方的被害者なのではない。
アメリカと北朝鮮はいまだ休戦状態で、終戦に至っていない。間に挟まれた日本はアメリカ同盟国。北朝鮮から見たらどう見えるか。そして首都東京が北朝鮮から射程距離にある現実をどうすべきだったか。
その現状を打破しつつ、拉致問題の謝罪まで引き出した首相の行動はどう評価されるべきか。歴代首相がびびってまったく触れもしなかった拉致問題解決というカードを持って単身乗り込んだ彼の勇気を国民はどう評価すべきか。射程距離にある「敵国」に対して我々は何を得たかったのか。
すさまじくハイブロウな外交だったとボクは評価しているのだが。


2002/09/17(火) 11:37:10

いままで「さぬきうどん、私も行ってきました!」と、紀行文をメールでいっぱい読ませていただき、ひとりで「うはは」と楽しんでいたのだけど、ある掲示板のきっかけから「まとめたら面白いかも」といまさらながらに気がつき、そういうページを作ることにしました。
http://www.satonao.com/special/sanuki.html
↑ここの一番下から行けます。
いままでメールでくださったアナタ! ぜひ投稿してください。過去の受信簿探してアナタに「公開していい?」ってメール出すの無理なので、出来れば投稿フォームからよろしくお願いします。ね?もう書き終わっているんだからさぁ、ぜひ。
この夏行った方とかも最新情報とか待ってます。特にサイトお持ちじゃない方。ここに酔狂ツアーを人生の記録として残しませんか? とりあえずボクが生きているうちはこのサイトは続くので、記録所としてはなかなかですよ。
ということで、投稿ページ直はこちらからです。
http://www.satonao.com/special/sanuki/tour/tourform.html


2002/09/16(月) 13:45:09

昨日は東戸塚(横浜)の知り合いの家に。一時期保土ヶ谷に住んでいたボクは東戸塚にまだ駅がなかった頃のあそこらへんを知っているから、東戸塚の駅前の発展ぶりにかなりびっくりした。うーむ。
とはいえ、まだ駅すぐ近くに牛舎なども残っていて、その牧場で取れた新鮮なミルクから作ったアイスクリームを直売していたり。その、駅から徒歩3分の「アイス工房メーリア」で食べたアイスは久しぶりのヒットだった。キャラメルやミルクの強い味。シャーベットも果物本来の香りが強く香り美味。東戸塚周辺にお住まいの方には大オススメだ(って、地元ではもう超有名らしいが)。


2002/09/15(日) 11:05:05

昨日今日の東京は、初夏の霧深い高原の朝みたいな気候で、肌寒いのだが非常に思索的。
ボクはこういう生真面目な寒冷さが昔からとても好きで、つい最近まで「もう少し歳をとったら長野に移住したい」と思い続けていた。
近年沖縄にはまり「やっぱり移住は沖縄、それも石垣だな」とかなり心に決めているのだが、こういう高原的な気持ちよさに触れると心がまた長野に戻る。沖縄にこの思索的な寒冷さは存在しない。逆に長野にない開放的な温暖さが沖縄にはあるのだが、ボクが本当に好きなのはどちらなのだろう。心に深く問いかけてみる、そんな思索的な朝。←思索と呼べないほど浅い命題やね。


2002/09/14(土) 09:33:01

み、南アルプス市?……山梨県中巨摩郡の6町村が合併して来年4月にそうなるらしい(泣)。ある一線を越えてしまったな。あとはなんでもありかもね。東北の海岸沿いにリアス市。阿蘇のあたりにカルデラ市なんていう地形系を始め、北海道にラベンダー市、青森にアップル市、愛媛にオレンジ市。「ここらは東洋のベニスだから東ベニス市にしよう」「西ハワイ市にしたら観光客ふえるんでないか?」「西シリコンバレー市にして町起こしじゃ!」 土地に全く関係のない名前、たとえばアクティブ市やポジティブ市で元気な町作りもいいかもしれない。キャラクターを全面的に押し出したキティ市やアリス市も観光客で溢れる。こうなったら目的を明確にした「ネイチャー発見市」や「シーサイドのんびり市」といった複合型もいいじゃないか。すばらしい。なんてすばらしい。


2002/09/13(金) 02:00:58

いや、法善寺の名店の壊滅を全国に知らしめるべき!と声高に主張しているのではなく。たとえば荒木町壊滅のニュースなら、そんなこと興味もない地方の人に対しても全国ネットで当然のように流れるわけで(たぶんね)。その辺の東京の傲慢さを、そろそろ東京も気付けよ、と。アメリカの傲慢さはわりと気づきつつあるでしょ? それと同じようなユニ・ラテラリズム的発想を東京もしていることが多いのだよ、と。そこらへんを疑問にも思わないのはアフガンのヒトがいくら殺されても関係ないと言い切れる神経と一緒だよ、と。←ちょっと比喩が発展しすぎです。


2002/09/12(木) 14:32:40

続報が届いた。鶴見さんありがとう!

「こちらの報道によると、大きな被害のあ った店は下記の通り(=全焼と考えていいと思います)
とらちゃん(焼肉)、正弁丹吾亭(あの織田作之助で有名な小料理)、誠ちゃん(酒)、湖月(料理)、京子(スナック)、月光仮面(ステーキ)、タロー(スコッチバー)、かぼちゃの馬車(居酒屋)、熊野灘(料理)、みなくち(飲食)、彦栄(焼肉)、ボア(酒)、知代(スナック)、三木 (スナック)、 三平(人気のお好み焼き屋)、路(有名な洋酒の店)、わん(バー)、フレンド、三平など。
きつねうどんのおいしい今井本店(うどんや)もそうです。」

ううむ、「路」「わん」「三平」「正弁丹吾亭」「今井本店」など馴染みの名前が並ぶ。しかしなぜこんなニュースが東京ではまるで流れていないのだろう。地方の文化(法善寺横町は文化財的である)をバカにしてないか?


2002/09/12(木) 11:44:12

…メールで教わるまで知らなかった。東京ではこんな大事なニュースも(東京偏重報道で)ほとんど流れない。なんと中座の火事の影響で「法善寺横町の特に北側の通りが壊滅した」というではないか。食の遍歴においては日本有数の友人がいみじくも「世界で一番美しい飲み屋街」と表現した法善寺横町。新旧が実にバランスよく両立している美しくもくつろげる路地だった。それが水かけ不動の横に連絡センターが置かれるほどの壊滅具合らしい。再建するにも今の建築基準法では不可能らしい。
東京で言うなら、そうだな、四谷荒木町が壊滅したに近いかな。いや銀座7丁目とか門前仲町の飲屋街が壊滅したに近いかも。んー東京にあんな趣の街はあまりないなぁ。
とにかく。ショックです。あの店この店、無事だと良いが。


2002/09/12(木) 08:42:43

就寝時、興が乗ってハリー・ポッター第三巻原書を一気に100ページ読み、読了。読み終わる頃には夜は明けていたがな。うはは。これでやっと新作「炎のゴブレット」に入れる。んー、いい加減読みなのでわからないところは読み飛ばしているのだが、少し英語慣れしてきた(気がする)。
第四巻は796ページと長いので、ペーパーバックをふたつに割って持ち歩くかなぁ。本を割るって抵抗あるなぁ。とか思いつつ本屋に並び始めた「海辺のカフカ」にも食指は動く。読書の秋ですなぁ。


2002/09/11(水) 21:17:12

待望のスケジュールソフト「iCal」がついさっきリリースされた。アップルサイトから無償ダウンロードしてさっそく使ってみる。満足満足。これもOS10.2を導入した目的のひとつなのでとてもうれしい。

アメリカのイラク攻撃の本当の理由がわからず、今日は空いている時間をすべて使い、サイトを回ってお勉強した。いろいろわかったよ。わかったと同時に怒り心頭だよ。つか、世界最終戦争にならぬことを祈るのみ。事態はそこまで切迫しているかもしれないのに、世の中の危機感は薄い。いや、マジでやばいってば。 あの猿はとんでもない一歩を踏み出そうとしているのかもしれないんだってば。とにかく、アフガン攻撃の時よりも真剣に事態を見守る必要がある。


2002/09/11(水) 11:06:49

昨日はちょっと飲み過ぎた。うこんのおかげで二日酔いはないが、連日連日肝臓を酷使していい歳ではないぞ、自分。と、言いつつ、今週もすべての夜に飲みの予定が…。うぅ。

9.11から一年。いろんなところで追悼行事が行われ、テレビでも追悼番組が多く流される。
個人的にだが、「追悼番組は見ない方が良い」と思う(政治的客観視点の番組は除く)。911が安易にテロ憎しの「象徴」とされること間違いなし。ある意味「洗脳番組ばかり」だと断言する。そんな番組見るより、1年間かかって自分自身が考えたことを反芻する方がずっと有意義だ。せっかくの自分の考えが、安易でお涙頂戴な番組であらぬ方向に洗脳される危険を冒す必要はない。

つか、追悼するなら、アフガンの4000人近い無関係な市民犠牲者も同程度に追悼しろよな。>番組


2002/09/10(火) 17:54:55

昨晩は20時ころから飲み始めて、ふと気が付いたら24時半だった。うぅ、それだけ面白かったということだろう。フリーの女性ディレクターたちと飲んだのだが、やけに話が盛り上がり、なんだかずいぶん発散した気がする。
このところ、比較的上手に自分をさらけ出せるようになってきた気がするな。40年生きてきてやっと、というのが恥ずかしいけど、いままで実は不得意分野だったということにこのごろ気が付いたのだ。


2002/09/09(月) 00:20:52

日曜夜、横浜は赤煉瓦倉庫の「Motion Blue」(ブルーノート運営)に木住野佳子(きしのよしこ)のJazzピアノライブを聴きに家族三人で。
久しぶりの桜木町は実に変わっていた。夜歩くとアメリカ西海岸のようである。赤煉瓦倉庫もオープンして初めて行った。なんつうか、20代だったらかなり楽しんだだろうなぁという印象。おい、誰か、もっと大人が楽しめる施設を作ってくれろ。20代のカップルが楽しめる場所ばかり増えやがる。
木住野さんのライブは豊かで楽しかった。オリジナルがとても良かった。が、ライブハウス自体はかなりステロタイプな造りで、なんだかこういう方向のオシャレな店って正直飽きたなぁと思ったり。


2002/09/08(日) 14:32:46

フランスの哲学者ブリュイエルはこんなことを言ったそうだ。「子どもには未来も過去もないから、今を楽しむ」 なるほど。子どもは「将来のため今をがんばる」という発想もしないし、「過去を教訓にして今を制御する」という知恵もない。その分、今を今の気分で楽しく生きようとする。
今を精一杯楽しんで生きよう、とよく思うわりになかなかうまく行かないのは「将来のために」とか「過去から学んで」という今でない時間への強い意識が邪魔するからかもしれない。南の島のバカンスですら「将来のための充電」や「過去の疲れの除去」という意識を持ってしまうことがある。それでは今を楽しめないだろう。
…などとウジウジ考える週末。


2002/09/07(土) 15:16:46

エアコンをつけ続けていた夏はあまり気にならなかったが、ちょっと涼しくなりエアコンを消すと、新しいPowerMacデュアルの冷却ファン音の騒々しさに辟易しだした。つか、性能が上がれば上がるほど、ファン音は大きくなるわけで、画期的な冷却法が開発されるまではどんな機種買っても同じようなものだろうなぁ。
こうなってくると「無音」のG4cubeがいかに静かだったか思い知る。煙突状の筐体デザインにより熱は勝手に上に逃げていく設計。なんとすばらしい発明ではなかったか。なぜ発売終了に…?


2002/09/06(金) 11:36:22

Mac純正メールへの移行があまりに大変なので(文字化け)、諦めてEudraのOSX用にした。ラベルも貼れるし(OSXでラベルがなくなったのはショック!)、使い慣れたインターフェースなのでラクはラク。GYAZ mailも一瞬考えたが、まだ他ソフトからインポートできないのでもうちょい待ち。
ということで、やっと落ち着いてメールの返事が書けます(笑)。ここんとこほとんどお返事出さず、すいませんでした。


2002/09/05(木) 14:02:54

英語は相変わらず時間を見つけては勉強を続けている。ハリー・ポッターも、一日10ページを守れず、このごろ一日5ページ程度になっているが、なんとか続いている。早く読み終わって新作「炎のゴブレット」に移りたいぞ。
毎日1時間程度やっているPCゲームの「WARCRAFT」も英語版なのでキャラがしゃべる英語を必死にヒアリングしながらの進行である。必死に聞き取らないと物語の状況がわからない(RPGなのだ)。
「またゲームやってるぅ〜」と娘に言われるたび「英語の勉強じゃい!」と言い返す父。なんだか立場が逆転しているような。


2002/09/04(水) 09:09:26

ええと、おかげさまでフォルダの在処わかりました。迅速なお教え、みなさんありがとうございます。
結局フォルダーオプションで「隠しファイルおよび隠しフォルダを表示する」にしないとダメなんですねぇ。2000からはOEの保存フォルダも隠しになっていたとは。
つか、なぜ隠す、マイクロソフト。ウィルスの攻撃から守るため? だったら保存フォルダのディレクトリーを示すところに「隠してるからね」って書いておいてよ。
んー、これに限らず、どーもウィンは不親切と感じるなぁ。直感的にわかりにくすぎ。デザインも構成もヒトが使うことを考えていない。ユーザーが合わせるのが当然という発想が見え隠れ。ブッシュ的ユニ・ラテラリズムっぽ。
って、丁寧に教えてもらったのにウィンドウズの悪口言うのもどうかと思いつつ。


2002/09/04(水) 00:23:43

OSXのランデブー機能だとウィンドウズにも簡単につながる。で、優子のVAIOに接続して大事なファイルをバックアップしてあげていたんだけど、VAIOのアウトルック・エクスプレスのメールフォルダをバックアップしようとして、メールのフォルダが見つからずジタバタ。あっという間に夜12時を過ぎてしまった。
いや、以前何度かやっていて保存フォルダがある場所はわかっていたつもりだったのだが……。OEの「ツール」の「オプション」の「メンテナンス」から保存フォルダを見てみると「C:\Documents and Settings\Administrator\Local Settings\……」とある。なのに、Administratorフォルダの中にLocal Settingsフォルダがないのである。検索しても、ない。OEは順調に働いているようだが、どうなっているのだろう。不可視になっちゃっているのか? それともウィルスにやられたか?
WIN初心者ふたりであーでもないこーでもないと3時間くらい冷や汗。ノートンでも異常なしと出る。うぅ、どなたか詳しい方、教えてくださいませんか?  ちなみにWIN2000でOE5です。


2002/09/02(月) 22:39:05

OS10.2、ますます快調。
快調すぎて、「WARCRAFT」まで買ってやりはじめてしまった…。ゲームなどやっている場合ではないけど、OSXに対応しているというのがうれしいではないか!
1日1時間、と小学生なみな制限を自ら設けているが、DiabloのBLIZZARD ENTERTAINMENTが作ってるだけあって、まだ初めて3日ほどだが、かなりおもしろい。ま、じわじわ、やりますわ。


2002/09/01(日) 21:58:03

今日の「あるある大辞典」のテーマはフコイダンであった。おお、フコイダン! 7月にボクが取り上げたオキナワモズクに強烈に含まれている成分ではないか! しかも番組ではベタ褒め状態。次のブームは必ずやフコイダンであろう。 つか、明日はモズク売り切れすら予想されるほどのベタ褒めだった。
ボクがフコイダン(というかモズク)について書いたのは「http://www.churashima.net/gourmet/satonao/05/index.html」である。ま、読んでくれ。で、来年の春、ぜひとも沖縄に天然太モズクを採りに行ってくれ。楽しくておいしくてガンも予防する優れものである。


2002/09/01(日) 19:38:34

そうそう、「オサニチ」っていう新コーナーも出来ているので、見てみてください。「いろんなコラム」のページの中の目次一番上でっす。


2002/09/01(日) 19:31:52

今日は防災の日だなぁ、、、例によって地震のコラムに手を入れようかなぁ、、、そうだコラムのページ全体的に直してた途中だったよ、、、ちょいと直すか、、、などと思いつきいじりだしたらすぐ10時間。死んだ……。
つうことで「いろんなコラム」のページ、更新。コンテンツはデザインいじりながらゆっくりやります。まだデザインいじったばっかりで不具合とかあるかも…。
あ、地震のページとか、中身も直しているので見てください。コラムの中の「人生いろいろ」の項ね。


2002/08/30(金) 09:51:24

予定を4日も繰り上げて沖縄から帰ってきたので、なんだか得した気分になり「おお、そうだ! こういうときこそOS切り替えだ! Mac更新だ!」と急激に燃えてしまった昨日。ビックカメラに電話して在庫を確かめ、ほとんど勢いで買ってきてしまいました、新PowerMacG4デュアル1GHz!こつこつ貯めた印税を使って買ったとはいえ、なんでこんなに後ろめたいのか。たぶんそれはまだ十分使えるG4cubeの悲しげな視線が気になるからだ。いや、キミを見捨てはしない。しばらくはOS9と併用するから、ちゃんと同時起動してあげるよ♪←きも〜
ということで、OS10.2。快適だ。思ったほど違和感もないしネット関係は実にスムーズである。デジタルハブ構想が肌で感じられる出来。各ソフトもインストール完了して、いまはデータ移行作業真っ最中である。メールもEudraから純正に切り替える予定(データ移行に苦労中。文字化け激しい)。
と燃えてたら、急に電話がかかり会社に出ることに。いや、だから、夏休み中なんですけど〜〜。


2002/08/29(木) 21:42:58

村上春樹が「ライ麦畑でつかまえて」を新翻訳しているらしい。もう推敲段階に入ったとか。往年のサリンジャー・フェチとしては実に喜ばしい。サリンジャーは太宰治と同じ時期にイヤというほど凝ったが、何度も読み過ぎて新鮮さを失ったのでほとんど封印していた作家である。一番好きなのはゾーイーかな。
野崎孝訳も名訳だが、村上春樹訳もちゃんと読みたい。つか、いまこの時代に新翻訳を出すあたり、なかなかクレバーだなぁ、村上春樹。


2002/08/29(木) 07:33:17

うはー。朝起きたら台風のヤツ、北に進路変更してるじゃん! 石垣島に飛んでいたらまるで影響受けずに遊べたなぁ…。那覇に残っても1日雨でつぶれるくらいで遊べたかも。うぅ、賭けに負けた感じ。悔しすぎ。
とはいえ、実は一緒に行った響子の調子があまりよくないので半分ホッとしている。沖縄でも急にお腹が痛いと泣き出したりしていた。すぐ治ったりしたのだが…。今朝もお腹が痛いと言う。病院に行かねば。


2002/08/29(木) 00:30:08

沖縄に台風接近! ということで、急遽予定を変更して東京に帰ってきた。JTAの深夜便でたった今帰宅。
するべき取材がほとんど終わったのと、暴風雨で二日ほど閉じこめられたら遊びも取材もできないから、ま、早めに帰ろうか、と。全島エイサーを見たかったが、来年のお楽しみに取っておこう。
今日(昨日)の取材は久高島だった。イラブー(ウミヘビ)を採っていいと神に選ばれた家筋の方に詳細にイラブーの話を聞いた。めちゃ面白し。つか、一部で知られているイラブーの常識がひっくり返るような話をいっぱい聞けたぞ。そのうちJTAの連載で書きますね。
ということで、中途半端に夏休み終了。ま、いろいろ面白かったから、いいや。


2002/08/27(火) 16:29:39

PHSとの接続が悪く、モバイル不調。メールいろいろいただいてますが、お返事、最悪来週になってしまいます。読み込むのが精一杯って感じなので。すいません。
ええ、台風の影響、まだないです。沖縄は晴れてます。あさってくらいから崩れるみたいなので、もっと南の島に逃げるかどうするか、JTAの方と相談中。


2002/08/26(月) 18:48:38

今日は沖縄の県魚にして超美味のグルクンを釣りに慶良間沖合へ。だいたい入れ食い状態になるらしいグルクンだが、ちょっとだけ潮の流れが強い今日は不漁であった。とはいえ、なんだかんだいって10ほどは釣れたかな。シーラやイラブチャーなどの大きいのも釣れたので非常に楽しかったわい。
いまから釣った魚をいろんな料理で食べる。あー腹減った!


2002/08/25(日) 10:34:15

関西の妻の実家に来ている。ちらっと妻のチーズ会をのぞく。非常に盛り上がっていたみたい。関西の会は毎回盛り上がる。ノリが違う。
久しぶりに関西の友人たちと話して感じたこと。東京に対話はあっても会話はない。「おまえ、ちょっと東京に行っている間に会話の仕方を忘れたな」とすら言われた。自分でもそう感じるのだから根が深い。
よく、関西はせっかちだと言われるが、東京から久しぶりに来ると、時間がゆったり流れていることに驚愕する。一日が明らかに長い。そして妙にカラダに馴染む。妻とふたり、いったいこれはなんなのだろうと話す。ボクも妻も東京ネイティブ。ボクなど三代江戸っ子である。東京の方がラクに感じてもいいはずなのに、関西の方がラクで馴染める。つか、今の東京ってやっぱり変。15年離れているうちに明らかに変わった。いや、変わったのはボクかな・・・

今晩から沖縄。
変な話だが、沖縄に行く前はいつもちょっとだけ緊張する。ちゃんと楽しんで豊かに日々を生きてるか、テストされる気分になるのだ。自己採点で赤点だとわかっているだけに、テスト前の恐怖感は強い(笑


2002/08/24(土) 11:33:33

岡山での「ボンダレンコ&岩田守弘サマースクール」はちょっと感動的だった。朝10時半から夕方6時までそのレベルの高いレッスンに目は釘付け。こんなに丁寧で豊かで美しいレッスンだとは思わなかった。バレエを知らないボクでも目から鱗がこぼれ落ちること多数。なんつうか人生全般に通用するような普遍性があるのだ。なんでも最高峰というのはすごいものだ。
最終日だったこともあり、最後には岩田夫妻によるボリショイ・ソリスト現役バリバリのバレエを目の前で見られた。その躍動に目がちょっと潤む。ダンスという枠を越えて「表現するってすばらしい!」と強く感じさせられ、ボクも生きている限りずっと表現者であり続けたいと強く思った。うはは。なんか子供の感想文みたいでスマンが。

終わってから控え室で雑談してたら「レッスン見てて踊りたくなったでしょ!」と岩田さん。「いやー踊りたくなったけど、股割りも出来ませんからねぇ」と手を振ったら「股割り?そんなのすぐ出来ます」とボンダレンコ先生まで出てきて、みんなで寄ってたかって股割りさせられる。まるで中世の拷問絵図である。背骨と骨盤の使い方を変えるだけでここまで割れるのね、とびっくりはしたが、長年縮こまっていた腱は悲鳴を上げる。ニエーーーーートッ!


2002/08/23(金) 00:54:04

作家の遊田玉彦さんと泡盛を飲む。宮古島の千代泉。超レアな泡盛。うまし。遊田さんとはひょんなことから知り合った。面白くいい夜だった。ええ、そうですね、2006年までは我慢しますね(謎

明日から個人的に夏休み。
まずは朝一番ののぞみで岡山。ボンダレンコ&岩田守弘というボリショイバレエ団の雄によるサマースクールを見学(ボリショイ系サマースクールNPOの、なぜか副理事などをやっていたり)。
その後大阪に一瞬寄って、家族で沖縄に一週間。〆に全島エイサー祭りを見て、東京に帰る。

副業的取材も多いので、純粋にボーとできるわけではないが、岡山・大阪・神戸・沖縄、とぬくい人の心に触れてくる。


2002/08/22(木) 08:26:52

Netscape4.0が入っているPCがあったので、自分のサイトを見てみたら、プロフィールページが全く読めず、CDのページも変な表示になっていた。
ショック。気を使ってリニューアルしたつもりだったのになぁ。どうやれば直るかわからないぞ。うーむ。


2002/08/21(水) 08:44:07

残り4ホールで首位とは5打差。しかしタイガー・ウッズは「このホールでバーディが取れたら優勝できると思う。やってみようじゃないか」とキャディーに言ったという。先週末の全米プロでのエピソード。んでもって1打届かなかったが2位まで食い込んだ。
優勝したリッチ・ビームは、94年にプロ転向するも成績上がらず、95年にゴルフをやめて携帯電話販売員に転職した。98年にもう一度テストを受けてツアーに復帰し、今回栄冠をつかんだ。

いや「ボクもがんばろう!」という教訓話ではなく(ま、それも少しはあるのだが)、タイガーは虎っぽい攻めの姿勢を崩さないし、リッチは紆余曲折ありつつちゃんとリッチになりやがる。名前って影響あるよねー、なんて。
しかし良い名だな、リッチ・ビーーーーム!
リッチ光線を浴びてみたい(Beemだからスペルは違うが)。


2002/08/20(火) 08:14:20

そういえば数日前に住基ネットの番号が送られてきていた。わりと覚えやすい番号だった。つまり語呂が作りやすい。でも語呂を作ってみてふと考え込む。おいおい、「ご苦労さん」とか「死」とか「散々」とか「無視」とか、なんかネガティブ系ばっかりじゃん! ヤだなぁ、これと一生つきあうの。


2002/08/19(月) 09:48:04

盆踊りにお悩みなら!というメールをいくつか(笑)。どうもありがとう。
秋田の西馬音内の盆踊り、錦糸町大盆踊り大会−河内音頭−、すーぱーよさこいイン原宿など、オススメをいただく。でも今週末より沖縄なんですよねぇ。あ、沖縄で全島エイサー祭りを見れるや。盆踊りとはちょと違うけど。

不定期日記、久々更新。書かずに流したネタ、多すぎ。もっとバリバリ書ける(精神的)余裕が欲しいぞ。


2002/08/18(日) 21:41:48

近所のお祭りに行った。
スーパーの駐車場に櫓を建てただけの盆踊り大会。割れたスピーカーから流れる暴力的な音響とたいして訓練もしていない大太鼓のリズム。音頭に演歌にアニメソング。踊ってるのはおばあさんのみ。それも楽しんでいるというよりは、間違えないように必死に先生の振りをマネしてる感じ。
なにかが貧しい。そして楽しくない。これが日本の民族のリズムと踊りであるなど認めたくない。きっと誰も継承しない。なにか根本的に間違っている。
こんな町内会お祭りでお茶を濁さず、もっと心を揺さぶるような本格的な民族のお祭りを、なるべく早く娘にちゃんと見せてあげないといけないな、と猛省。


2002/08/17(土) 09:03:27

金曜の夜中。関西だったら「探偵ナイトスクープ」やってるのに…と思いながら、妻と二人でNHKの矢井田瞳のドキュメントを見たり。大阪がいっぱい出てきて懐かしかった。
先月沖縄に行ったとき、夜中に「探偵ナイトスクープ」をやっていて涙しながら見た。あのテイスト、あのベタベタ感、あのぬくさ、ボクの中での大阪と直結している。愛してる。
妙に関西ラブな気持ちが盛り上がった昨晩。東京に疲れているのか?ボクの故郷なのに。 このカサカサ乾いた街はヒトとヒトが結びつく場所な感じがしない。湿度は高いけど。

プロフィールページの奥の方、更新。くわしいプロフィールと過去トップページなど。少しずつ、リニューアル進めてまっす。


2002/08/16(金) 08:14:24

いまのスキャナーってすごいのね。ネガフィルムをスキャニングできるのね。もしかして昔から? でもネガをスキャンしてあそこまできれいにカラーでデジタル保存できるなら、古くて色あせた紙焼きなんか、すべてある程度蘇るじゃん。CD-ROMで焼いちゃえば永久保存だし。うはー、またやりたいこと増えちゃった。ぎりぎりネガがとってある親の若い頃の写真とか、自分の小さい時の写真とか、スキャンしてROMに焼きたくなってきた。うーむ。しかも安い。2400dpiで2万円台で売ってる。うううむ。買っちゃいそう。
いまってコピー機も安いのね。コンパクトな家庭用A4カラーコピー機で、カラープリントもスキャンももちろん出来て、2万円台で売っていた。モノクロならインク代紙代で約3円/1枚でコピーできる。便利だなぁ。ううううむ。買っちゃいそう。
って、新マックも含めたら破産しそうな出費。両方とも我慢だ!→自分!


2002/08/15(木) 15:16:33

午前中、サーバー不調でサイトにアクセスできなかったようだ。ホスティング会社のご苦労はよくわかるつもりだが、(個人レベルとしては)高いお金を払って契約しているので、連絡くらい欲しいものである。昼になってもつながらないので、問い合わせたらやっと説明してくれた。小言をひとこと伝えておいたけど、クレーマーみたいで後味悪し。

あぁ、OSXに完全移行しちゃいそうだよ〜。.macも有料継続しちゃいそうだよ〜。もうこうなったらカラダごとAPPLEの思惑にまかせてみたくなってきた。i系純正アプリの出来の良さも大きいけど、なんつうかひとつの指向性にきれいに統一されたい感じ。わかる? 結婚前の気分に似てるかも。なんつうか、不安も不満も他の選択肢もあるけど、この人にすべて任せてしまえ!みたいな潔い感じが欲しい今日この頃。


2002/08/14(水) 11:51:13

昨日量販店をうろうろしていたら、DreamweaverMXが発売されていた。うぅ、MacOS10で使えるではないか! 10.2を標準装備したデュアルプロセッサな新しいモデルも出るし、そろそろ買い換えて一気にOS10の世界に突入かなぁ。OS10は持っているのだけど、サブ使用にとどまっているのだ。パーテーションも狭く取ってあるし。OS10をメインにするなら、一から構築し直した方がいい。
頻繁使用のソフトがほぼすべてOS10に対応したことが心を揺さぶっている。うーむ。どうなんでしょう?そろそろ完全移行したほうがいい?>くわしい方々


2002/08/13(火) 08:36:40

朝晩涼しいとはいえ、わりと真剣に漕いだせいもあり、汗だくで帰ってきた昨日の自転車通勤。2ヶ月休んだけど去年丸一年続けてた体力が残っていたのか、ヘトヘトまでは行かなかった。今朝はカラダを動かした翌朝独特の、気怠いような気持ちいいような微妙な心地を久しぶりに楽しんでいる。
寝る前に原書読書15ページ。辞書を引かずに「いい加減読み」することが個人的決まり。一ヶ月に一冊、読み飛ばす予定。いまはハリー・ポッターを読み飛ばし中。9月中旬に読了予定。果たして続くか!?


2002/08/12(月) 08:52:14

なんとなく酷暑のピークは終わったのかなぁと思うここ数日の朝晩の涼しさ。いや涼しいといっても暑いのだが(どっちや)、我慢すればなんとかなるかも〜、ということで、今朝から自転車通勤を再開することに。お盆で東京も空いていそうだしね。フランス出張前からやってないから、なんと2ヶ月ぶりである。
きっと今晩は巨疲れのヘトヘトだと思うが、頭でいろいろグジュグジュ悩んでいるときは、そういう「カラダのヘトヘト感」が必要なのだったということを今思い出した。そう、そうやっていままで悩みをうっちゃってきた。悩んだら走ってカラダを疲れさせるのは青春ドラマの定法でもある。飛び出せ!青春! ←青春なのか?


2002/08/11(日) 19:11:28

なんか暑くて辛かったので逆に温かいものが食べたくなり「サンゲタンを食べに行こう」と言ったら「えー、この暑いのにー!」と家族中に嫌がられた。
無視して近くのうまい店に行った。マジうま。で、店の人に聞いたら「サンゲタンは夏の食べ物ですよ。カラダを温めて内から元気にします」とのこと。ほら見ろ!である。しかし最後にサンゲタンをお粥にしてくれたが、めちゃうまかったなぁ。少し元気が戻った感じ。

本と日記とおいしい店とコラムを更新するつもりが、なぜか大写真整理大会に家族で入ってしまい、断念。ま、お盆の間中には。


2002/08/10(土) 11:43:08

昨晩はさるベンチャー企業の社長と寿司。
ベンチャー企業だけに、ということではないと思うが、ベンチャーズがお好きなようで、二軒目はエド山口&東京ベンチャーズがその夜ライブをやっていた銀座「TACT」に流れた。正直なところ「ベンチャーズねぇ…」と最初は斜めに見ていたボクである。が、ライブは予想外にハイレベルで非常に楽しく、久しぶりのエレキ・サウンドは心に気持ちよく、エド山口のMCがまた大笑いで、実にいい夜になった。
なによりも、いい歳した'総務部長的'オジサンたちが喜々として飛び入り演奏(素人演奏のコーナーがある)する姿がなんだか感動的で、DEEPな世界があるものだなぁと感心。
一晩寝ても、まだベンチャーズが耳から離れない。なにか根元的な楽しさがそこにあるようである。


2002/08/09(金) 08:08:20

朝から暑いね。起きた時点で30℃を超えているなんて信じられない。華氏なら90度超である。華氏の方が暑さをよりリアルに感じられる。なにせ90度。
摂氏と華氏のいい換算方法をNHKニュースでやっていた。「ローマへ行こう!」と覚えるのだそうだ。ローマ(60)=イコー(15)。華氏60度が摂氏15度にほぼ等しいらしい。で、その後は華氏は10度ずつ、摂氏は5度ずつ上げていく。つまり、
華氏60度 = 摂氏15度
華氏70度 = 摂氏20度
華氏80度 = 摂氏25度
華氏90度 = 摂氏30度
となる。華氏100度とか華氏50度とかなると誤差が大きくなってこの式は成り立たないらしい。極寒とかだと別の計算法じゃないとダメだけど、とりあえず夏はローマへ行こう!で楽々換算♪


2002/08/08(木) 16:18:37

うまい鮨が食べたくなって、新橋「しみづ」でひとりぶらりと昼飯。そろそろとり貝もお終い。振り返れば今シーズンはとり貝をよく食べた。昔より絶品の生とり貝がよく出回るようになったこともあるかもしれない。

本屋で英英辞典を見比べる。いっぱいサジェスチョン・メールをありがとう。結構悩んだのだけど、最終的にOxfordに。決め手は発行が増進会だったこと(笑)。20年以上前の受験時代におけるZ会への信頼感が急に蘇っちゃって、他に手が伸びなかったのだ。増進会の文字を見た時点で「ハハ〜」となってしまった自分。ブランディングって大事ね、と今更ながら。


2002/08/08(木) 10:38:58

単行本「胃袋で感じた沖縄」の文庫版が角川文庫から9月に出る。題名は「沖縄やぎ地獄」に変更される(笑)。いま最終校正の真っ最中。厳しく読んでいくと全部書き直したくなってしまい困る困る。大丈夫!いい本です!もっと自信持ってください!と編集さんには励まされるが、まぁ時期的に最終校正あたりって一番自信なくすんだよね。ふぅ。

と、そうこうしているうちに次の出版の話が昨晩ほぼ決まった。今度は文藝春秋から。有り難いことである。一所懸命転がってさえいれば、苔も生えず、角もとれ、真の自分と新たな景色が見えてくるだろう。そう、力を出し惜しみせず転がり続けよう。


2002/08/07(水) 12:42:39

昨晩は三線の響きの中泡盛を飲み、会話も楽しかったので「お、これで発散して立ち直れるか」とちょっと思ったが今朝起きたらやっぱりドドドン。ほとんど登社拒否状態になっている。むぅ。

英和に続いて英英辞典も買えとのメールがいくつか。ええ、もちろん探したのだけど、OxfordとLongmanを比べてみたいのに両方置いてる本屋が近くにない。評価を調べてみると、Oxfordの方が少々高いのだが、Longmanも捨てがたい。どーしよー。あとは字の相性とかページの匂いとかだな ←辞書はページの匂いで決めることが多かったり。


2002/08/06(火) 09:02:38

広島平和記念式典での秋葉広島市長のスピーチは平明でわかりやすく、文章もよく練られ、発声もよく、ぼんやり聞いていても心にまっすぐ入ってくるものだった。テロに触れた部分もきっちり印象的な言葉を盛り込み、役者のように読み切った。行政の長としての最低限の資質とはいえ、この資質をちゃんと持っている市長、知事が何人いることだろう。


2002/08/05(月) 16:56:18

相変わらず英語の勉強は続けているが、使っている辞書が約25年前の研究社新英和中辞典だったりして、さすがにこれってやばいのではないか、と買い換えを決意。手垢で汚れている愛用辞書を買い換えるのって意外と勇気いるのね。受験時代にずっと使った辞書。ピンクレディのシールとか貼られているし(笑
で、ネットとかで調べまくると、学研のスーパーアンカー英和辞典と三省堂のグランドセンチュリー英和辞典と大修館のジーニアス英和辞典の3冊が学習英和辞典としてはダントツの高評価。
さっそく本屋へ行き、じっくり腰を据えて読み比べる(←床に座り込んだわけではない)。
どれも捨てがたく、古い研究社のヤツよりかなーり読んで面白い出来なのだが、散々迷った末、スーパーアンカーに決定! ついでに和英も同じ著者のものに(これもネットで高評価)。
読み比べているうちにジーニアス・シリーズの易しい版、アクティブ・ジーニアス英和辞典もそこそこ気に入ったので、表現の違いに興味もあってそれも購入。うーむ、辞書買うってすっごく久しぶりだけど、なんか楽しい♪


2002/08/04(日) 21:55:44

今日は沖縄の連載原稿とあるメルマガの連載原稿を書き上げ、リニューアルデザインとかをぐじぐじいじっていたらすぐ夜になってしまった。
「あるある大辞典」で玄米を特集していたが、ボクなんか15年くらい前からずっと玄米だもんねー。玄米に削り胡麻、が食卓の基本。そこらへんの趣味があったことが優子との結婚を決めた主要因だったり(笑)


2002/08/03(土) 20:37:53

せっかくトップページをさわやか(?)にしたのに、心がさわやかではなく、困ったものだ。
この歳になると、そう簡単には傷つかない成長という名の鈍感さに磨きをかけるべきか、ぎりぎり残っているイノセントな心をなくさない努力をすべきか、日々迷ったりする。
大きな分かれ道ではある。


2002/08/01(木) 15:08:39

逃げ出したいなぁ。


2002/07/31(水) 13:04:46

昨晩はジバランの執行部会議を夜10時半まで会議室にこもってやってから、巨減り腹をかかえて銀座の街へ。あいていた焼鳥屋でちめたいビール。うめー。午前1時半くらいまであれこれと話し合う。
いい感じで落ち着きそうで、まずはホッ。


2002/07/30(火) 18:24:41

今日はまる一日企画書書き。書き書き。すっかりモニター酔いしてしまい、ちょっと気分が悪い。パワポでアニメーション設定とかしてると、めちゃめちゃ酔うよー。わかる人にはわかるよね?


2002/07/29(月) 15:31:17

トップページ、「ちょっと読みにくいかなぁ」という声と「涼しくて美味しそうで良い」という声と半々ってところかなぁ。
ちなみにバックの写真は季節ごとに替わります。夏はコレ。秋はアレかなぁ。冬はやっぱりアイツでしょう……みたいな感じで。


2002/07/29(月) 00:55:53

嗚呼、デザインを全体に変えてから一気にアップしようと思ったんだけど、サイトがあまりに広大になってしまっていて、そんなことしてたらいつリニューアルできるかわからないので、徐々に変える作戦に変更。

ということで、トップページ、リニューアル!
他のページも毎日のようにデザイン変えていきます。テキスト中心の軽いページに固執してきたのだけど、BB時代も間近。ちょっとずつ画像を増やして行こうということです。ご感想など、よろ〜。


2002/07/28(日) 12:08:46

春ごろに「今年はやるぞ!」と気張っていた記憶があるのだが、しばらく中抜けしたあと、先週あたりから再開しているんです。いや、英語のお勉強。

今回は一応「一念発起」的決意。

コンセプトは「読めなきゃ聞けない」「聞けなきゃ話せない」である。無闇にヒアリングなど始めない。
まず大学受験当時レベルのリーディング力を取りもどすために英単語を集中暗記。辞書引く回数減らしておいてからネットで時事英語を読みなれる。その後VOAあたりでヒアリングを開始。しばらくしたらK/Hシステムに突入って感じかな。
同時に掲示板をレンタルして、ブラウザ上で英語の日記を毎日書いてみる(もちろん非公開)。これは言葉を構築する練習。ひひ。ネットフル活用じゃの。


2002/07/27(土) 17:43:43

このまえお客さんに出した海ぶどう丼が大好評だったので(というか、ボク自身「こりゃうまい!」と思った)、今日の昼飯にしようとしたら、まだ賞味期限まえの真空パックなのに腐っていた。うぅ。とっても残念。
この海ぶどう丼、酢飯の上にきざみ海苔して、海ぶどうをどっしゃり丼いっぱいに盛ってトロロ(多め)にイクラ数粒の飾り、ってレシピなのだが(ウニを盛ってもいい)、想像よりかなーりうまい。海ぶどうが手に入ったらオススメだ。


2002/07/26(金) 07:35:23

住基ネット問題もなかなか複雑だが、イギリスの話はもっとすごいね。なにしろ持ってるクルマひとつ残らず位置測定器(GPSみたいなもの?)をつけることを義務づける予定だというのだ。全車両である。どこに行こうが位置を特定されてしまうのである。
渋滞した道路を走るクルマを特定して通行税を課し、渋滞の緩和を図るのが狙いらしいが、んなもんすぐに犯罪捜査に利用され、行方不明捜査にも使われ、あげく浮気調査にも利用されるような抜け道が出来るに違いない。
つか、どこ走っても位置が特定されちゃうってどうよ。悪用されなくても気分が悪すぎる。行動の自由という超基本的な人権が奪われる。イギリスって街角監視カメラが世界一多いらしいし(250万台以上)、なんか監視の厳しい不良高校みたいな国になりつつあるなぁ。大人な国の、子供な一面である。


2002/07/25(木) 16:21:55

ムスメが自分から「やりたい」と言い出して英語の夏期スクールに通い出した。どのみち身につけないといけないものではあるが、母国語をちゃんと使いこなせるようになってから英語を習わせようと思っていただけに、ちょいと違和感はある。
これからは英語は必須だ。でも「外国語として」である。まずは母国語。これは人格のルーツに関わると思っている。シオランの名言。「私たちはある国に住むのではない。ある国語に住むのだ。祖国とは国語だ。それ以外の何者でもない」…全面賛成。え?だったらムスメを通わすなよって。いや全くその通り。だから毎日違和感が溜まっていく。そのうえボクも英会話学校に通い出すものだから、反対してもまるで説得力がない。南無南無。


2002/07/24(水) 09:37:39

南太平洋の島国ツバルが水没の危機にあるという。ここ数年、1〜3月の大潮時期の満潮時にはあちこちの地面から海水が湧きだし、民家の床下数cmまで水が迫っているらしい。地下水が塩水化され、農業にも大打撃だとか。地球温暖化による海面上昇も、こう具体的に例が出てくると他人事ではなくなってくる。同じ太平洋の島国日本にとってもマジで死活問題だ。
環境省によると、海面が1m上昇すると日本の砂浜の90.3%が消失するらしい。バングラディシュは国土の18%が沈み、モルジブなど島ごと水没する。ま、1mも上昇するにはあと100年はかかるらしいが(たった100年!)、環境破壊が進めば加速度がつくことも考えうる。世界的大不況になったら「環境より経済」ということで環境問題が二の次三の次になることだって予測しうる。少々海岸が水没してもなんてことない大国アメリカにとっては特に。
ツバルは京都議定書を蹴ったアメリカとその行動を支持したオーストラリアを相手取り、国連の国際司法裁判所に訴訟を起こすらしい。地球温暖化を推進する両国の違法性を問うのである。
アメリカには、自国の不利になりそうな訴訟を前に同じ国連の国際刑事裁判所を一方的に離脱したという前科がある。国際司法裁判所だって一方的に非難・離脱するかもしれない。離脱どころか無視もありうる。ブッシュになってから自国に有利な情報しか流れないアメリカのこと、ツバルの訴え自体、国民の大多数が知らないままの可能性も大きい。


2002/07/23(火) 08:29:00

昨日の夜はなんだか家に帰る気にならず、盛り場を彷徨うオヤジと化してしまった。といっても二軒。安い寿司屋にボーと入り、その後カクテルをボーと二杯飲み、んでもって家に「ご飯いらない」とTELしてなかったので、家に帰って夕飯食べた。
この夏初めての新子を寿司屋で食べたが、すでに二枚づけだった。せめて3枚あたりを食べたかったな。


2002/07/22(月) 00:26:24

今日はフランス旅行のことを軽く不定期日記に書いたり、行った店をまとめたり、沖縄の原稿書いたり、と、したいこと(そろそろしないとやばいこと)が山ほどあったのに、な〜んにも出来なかった。一日ボーー。別に疲れているわけでもないのに、なんだかエンジンかからず。いまも全英オープンで丸山が一瞬トップになったのを見ながらボーーとしている。ま、こういうボーーも必要なことなのだろう。


2002/07/21(日) 14:51:57

報告会と称した飲み会、無事終了。後輩の奥さんは初対面だったのだが、おっとりしたとても良い方で、そのせいかさほどの嫉妬&お怒りも受けず、平和で楽ちんな飲み会になった。その後輩とボクは顔が似ているのみならず、趣味や舌の方向性もわりと似ているので楽なのである。
ま、南仏にすぐ行くのは無理にしても、沖縄にでも一緒に行きますか、と約束して別れる。彼らが帰ってからフローリングで床寝してしまい、今朝はカラダの節々が痛い。つか、ちょいと昼寝しよっと。


2002/07/20(土) 13:19:13

南仏の旅はあまりに至福であったため、奥さんに子細に報告すると嫉妬どころか怒りまで買いかねない。とてもじゃないがひとりでは報告する勇気がない……。ということで、同行した後輩とふたりで「奥さんに南仏旅行を報告する会」というのを我が家で今晩開くことに。
ふたりではしゃぎながら報告すると逆効果の可能性もあるが、奥さん二人で「どういうことかしら!」と怒りを共有すると火の粉が少しは柔くなるかなぁという算段。どのみち怒られるなら、後輩と分け合った方がなんか楽だし。
その後輩は沖縄フェチでもあるので、南仏料理と沖縄料理のチャンポンで行く。ワインはプロバンスかな。泡盛は25年もので。


2002/07/19(金) 08:11:11

娘が「終業式だー」と出かけていった。え? 明日から9/1まで休みなの? なげー。
フランス人は3週間〜1ヶ月と日本の学生並みに長いバカンスをとるので有名だが、決められた有給休暇は年25日程度だという。夏にほとんど使っちゃうのね。日本は繰り越し入れて40日程度とれる(ことになっている)会社が多いが、見ていると誰も目一杯は使っていない。もったいない。
学生を羨むくらいなら有休をちゃんと消化すればいい。消化しないなら羨む資格なし。とは思うのだが、やっぱりちょっと羨ましいぞ。さすがに1ヶ月会社を休むのはヤバイ感じするし。


2002/07/18(木) 09:20:53

うはは。何人かの方から「佐藤尚之会で同じ名前の人同士どう呼び合っているのか」という質問を受けた。ま、まだ3人だから「佐藤さん」「さとなおさん」「尚之さん」のみっつで間に合っている。真ん中がボクである。でも3人とも身に覚えのある呼ばれ方だから妙に恥ずかしい。うーむ、何か考えないとなぁ。
ラージ佐藤スモール佐藤とか、エルダー佐藤ヤング佐藤とか相対的な呼び分けは(会員が増えたとしたら)逆にややこしくなるので、出身地とか仕事とかなにか絶対的な・・・もしくは源氏名をつけるかだな。ジミーとかボブとかカルメンとかバーバラとか。
うーむ、、、いい案、募集中。


2002/07/17(水) 09:51:33

昨晩は「佐藤尚之」会。同姓同名が三人集まったのである。ひとりは同じ会社の後輩。そしてもうひとり、青山の中華料理店のサービスをしている人。
三人で姓名判断の結果などを読み比べながら来し方行く末を語り合うのはやけに面白く、すっかり飲み過ぎてしまった。これを読んでいる同姓同名の方、ご連絡を、ぜひ!


2002/07/16(火) 14:23:43

つか、東京周辺に台風が来ただけでここまで大騒ぎするマスコミにますます嫌気。全国放送で関東ローカルの台風情報を特番みたいに流すなよ、恥ずかしい。しかもこの程度の暴風で(沖縄で感じた暴風の1/3くらいだし)。
沖縄や岐阜がひぃひぃ言っている時はニュースで少ししか触れなかったくせに。一票の格差とか言う前にニュースの東京偏重を正すべし。これは明らかなる差別である。台風直撃の那覇でニュースを見ていた時に比べてあまりに扱いに隔たりがあるので、久しぶりに怒りを感じた。この東京偏重は「暴力」に近いぞ。


2002/07/16(火) 10:40:09

おととい那覇で別れた台風7号に、今日こうして東京で再会できるとは……まったくもって大迷惑! いや、ちょっとは「元気だった?」みたいな懐かしい気分はあるのだけど。


2002/07/15(月) 17:29:44

東京に帰ってきた。那覇より確実に暑い。
那覇空港は立錐の余地がないくらいの混雑だった。昨日帰るはずだった人たちのキャンセル待ちの列。みんな疲れ切っている。沖縄で癒されたばかりなのに、もったいないよねぇ。

昨晩はスターウォーズのテレビ放映を「おー、C3POの声は野沢那智だぁ」と思いながら見ていて、想いはナッチャコパック、そして当時の深夜放送に飛び、なぜかかぜ耕士さんと縁が出来た不思議を想ったりしていたら(「たむたむたいむ」ウェブ版新装オープン!--http://www.din.or.jp/~kkoji/)、東京に帰って林美雄さんの訃報を知る。
70年代、ミドリブタ・パックをよく聴いた人はかなり感慨深いのではないだろうか。あの林美雄が死ぬかなぁ。まだ58歳だという。ううむ。


2002/07/15(月) 08:23:54

屋内プールつきのホテルに移った。沖縄唯一の天然温泉宿でもある。よって一応一日退屈せず過ごせた。バイキングも充実していたし。つか食べ過ぎ。胃薬飲むほど食べるなよ>オレ。
夜7時ころ、那覇市は台風の目に入った。ひとときの静寂。台風の目を経験するのは久しぶりだなぁ。夜半台風の目を出ると目に入る前よりも強い返し風が吹き荒れる。本場の実力。こりゃスゴイ。世界のどこに出しても恥ずかしくない強さである。なんせホテルが揺れる。ううむ。
今日はヒコーキも飛びそうなのでホッ。東京に帰らなくっちゃ。帰りたくないけど。


2002/07/13(土) 21:37:38

沖縄は那覇から。
台風直前であるが、今日は快晴。取材日はしっかり晴れる晴れ男である。つうか、実に充実した一日だった。おもしろ〜。でも明日は台風直撃の予定。うーむ、予定変更かな。一日ホテルに閉じ込められてもいいように本とか買い込んで備える。つか、明日あたりから沖縄へ来る友達がわりと多いのだが、心配だなぁ。


2002/07/12(金) 12:16:07

今日の夜から沖縄である。
「美ら島物語」の連載のためなのだが、今回のテーマは「沖縄のウニ」である。うーに。
ウニは海草を食べて育つ。例えば利尻のウニは極上の利尻昆布を食べて育つから味が良いとされる。沖縄の海に昆布はほとんどない。アーサとかを食べるのだろうか。とにかく味が良いというのだ。楽しみである。
つうことで、週末は沖縄。おフランス出張のイメージは沖縄の強烈な個性で消されてしまうかもしれないなぁ。


2002/07/11(木) 17:13:23

Salamの広告だったか、「匂いが 少ない。髪で わかる」みたいなコピーのポスターがある。女性の髪にタバコの匂いが付かないよ、みたいなことなのだろうが、このコピーのレイアウトが問題である。「少ない」のあとに「。」がなく、「髪で」とやけに近く配してあるので、どう見ても「匂いが 少ない髪で わかる」と読めるのだ。むむむむ。朝から大層失礼ではないか!ほっといてくれ!少ない髪のヤツは匂うとでも言うのか!と、最初はシャレで怒っていたのだが、このごろだんだんマジで腹が立ってきたのは、直射日光が日々頭皮につらくなるせい?


2002/07/10(水) 16:03:10

きんさんぎんさんは100歳を越えてからも「老後に備えて」貯金をしていたという。
この話だけで酒が一晩飲めそうなほど、いろんな想いをめぐらせられるエピソードだ。少なくともボクには。


2002/07/09(火) 16:15:26

汗は毛穴から必死に出たがっているのに、湿気が毛穴に蓋をして出させなくしている感じ。不快すぎ。なんか辛〜〜い韓国料理でも食べて汗を後押ししてあげたい気分。スキッとしたい。


2002/07/08(月) 06:02:24

昨日はたなばた。
娘の短冊「ともだちとなかよくなれますように」
妻の短冊「平安」
私の短冊「暇」


2002/07/06(土) 18:07:39

日曜の夕刻にパリから帰ってきて月曜から出社したので、今日土曜日が出張後最初の休みになる。サイト更新やフランスでの記録のまとめなど、いろいろやりたいこともあるが、旅の疲れをカラダから抜くことに専念。ゆっくりエゴ・ラッピンでも聴きながら、な〜んにもしない一日にしよう。
ボクに好意的な建物とボクに好意的な食事とボクに好意的な家族とボクに好意的なベッドが、ボクにかけがえのない一日を贈ってくれる。旅行地も素晴らしかったが、真のリラックスは、ここにある。


2002/07/05(金) 11:16:02

午前3時に目が覚める時差を直すため、午前3時まで寝ずに恵比寿で飲んだくれて、午前4時に就寝す。時差はもしかしたら直ったかもしれないが、頭の中のボケボケはよりひどくなった。今日は一日長いです。


2002/07/04(木) 09:37:54

うぅ・・・レイ・ブラウンまで死んじゃったよ。大大大好きだったのに。


2002/07/04(木) 03:54:47

うーむ、時差がとれん。毎日午前3時ぴったしに目が覚める。おかしいな、パリ時間で夜8時。なんでこんな時間に……。

朝食に出る納豆がやけにうまいなと思ってラベルを見たら「こいしや食品」のものだった。今年の品評会第一位だよね、ここ。かなり気に入ったのだが、妻曰く「どこで買ったか覚えてなーい」そうだ。たわけもの! おかげで地元中のスーパーを探しまわらねばならぬはめに。


2002/07/03(水) 04:48:06

青山の草月ホールに大島保克のライブを家族3人で聴きに行った。大島保克は八重山出身の島唄唄い。ニューアルバム「島時間〜Island Time〜」発売記念ライブである。
古い島唄とモダンなオリジナルが交差したそのライブは豊かかつ平安。大きな歴史の中に生かされているという含羞も含み、とても心地よい。
南仏から帰ったばかりのカラフルな心に、素朴な沖縄色がゆっくり染みこむ。ちょうどいい感じに心のバランスが取れていくのがわかる。ううむ。時差ボケを押して行って良かった。自分の中で西洋と東洋がきれいに収まり、地に足がついた。


2002/07/02(火) 05:31:26

上司に「南仏に出張してある種の心の平安を手に入れました」と報告したら「もっと泥沼を這いずりまわってもらうために出張させたのに何を言っておる!」と怒られた。うはは。


2002/07/01(月) 06:54:29

2週間のフランス。
コートダジュールも良かったが、最高だったのはなんといってもプロバンスはリュベロン地方のホテル「La Bastide de Capelongue」で地元の野菜を地元のロゼとともに口に入れた瞬間にとどめを刺す。あの気分を忘れずに暮らせたら、こんな東京でも楽しく生きていける気がする。

ローズマリー・クルーニーの訃報も残念だが、マット・デニスの訃報はかなりショック。尊敬する歌い手がどんどん死んでしまうなぁ。