「ほず」についてメールをいただきました。

中村さん。

「作者引用し間違え」説。

ありがとうございました。


> それの関連なんですけど、四月一日(朔日)は「わたぬき」
> って読むんですって。それで、八月一日(朔日)は「ほづみ」
> または「ほぞみ」と読むそうです。
>
> どちらも人名でしか残っていなくて、かつ生活用語、農業
> 用語(そういう分類があるかどうか分んないですけど)ですね。
>
> かたや、綿を抜く(貫く?)で衣更えをして袷を着る事のよ
> うです。これは一般的なようです。
> 広辞苑にわたぬきで出てました。陰暦4月1日の称って。
> もう一つは穂を摘む。全て旧暦でしょうからそれぞれ5月、
> 9月ころと考えるとまあ合ってはいるんですよね。
>
> でも6月って書いてないのよね、何ににも。
> もしかして書いてる人が引用する時、間違えていたりして。
> 六と八、上になべぶたがあるかないかだけだし。
> 校正の人も見逃していたとすると。
> でもそれだと、さとなおさんは改名も無理だし、
> ホッジーって呼んでもらえないですね。


ん〜……
「牛への道」の宮沢章夫が引用し間違えたのではないか、
という乱暴なご意見。
宮沢章夫クン、そうなのか?




satonao@satonao.com : Send Mail
不定期日記「雑談な日常」目次へ   「www.さとなお.com」トップページへ