トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 綿矢りさ >

綿矢りさ

LV3「夢を与える」

綿矢りさ著/河出書房新社/1365円

夢を与える
amazon
いわゆる芥川賞受賞第一作。受賞したのが2004年1月なので、3年近くかけた第一作ということになる。大きな賞を取ったあと時間をかけて第一作を書くというのはかなりのプレッシャーだと思う。そのプレッシャーの凄さを思いながら読んだ。

題名・冒頭からして大傑作の予感に震えた。
特に冒頭の数ページ、主人公が生まれるまでの表現力とテンポ、異化の仕方など、うますぎて舌を巻いた。こりゃすげー。でもその感じは中盤あたりから消え始め、ラストの方にそういう輝きは見られなかった。ストーリーテリングはしっかりしていて、最後まで飽きさせず一気に読ませるので文句はないのだが、冒頭のきらめきは最後の方にはない、というだけのこと。後半は普通の小説っぽい。

虹のように輝く子供が国民的アイドルになっていく過程を丹念に描いているのだが、急に有名になるあたりのリアリティは彼女自身が急に有名になった経緯が大きく影響していると思う。ネットや雑誌でのいわれなき「悪意」も実際に肌で感じたことだったのかもしれない。なかなかのリアリティだ。その経験と違和感と空っぽ感をいま書き残しておきたかったのだと思う。「夢を与える」存在としての綿矢りさの叫びを作品中に何度も感じた。

主人公のモデルはすぐ数人浮かんでしまうこともあるのか、最後の方は想像の範囲内で物語が収束していく。
冒頭にあったような緊迫感はやはりプレッシャーのなせる技(肩に力が入りすぎ)だったのだろうか。ボクはあのままあの調子でずっと書き続けて欲しかったと思ったけど。

2007年03月12日(月) 12:36:37・リンク用URL

ジャンル:小説(日本)

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール