トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 湯浅赳男 >

湯浅赳男

LV4「フランス料理を料理する」

湯浅赳男著/洋泉社/740円

フランス料理を料理する―文明の交差点としてのフランス料理
amazon
フランス料理分析の本は巷にわりとある。が、この本がわりといいのは、フレンチにあまり詳しくない異分野学者(比較文明史)である著者が、詳しくないからこそ書けるわかりやすさでフレンチのいろんな魅力に踏み込んでいるところ。門外漢的であるからこそ気がつく切り口もあり、ボクにはとっても新鮮であった。
フレンチに詳しい人にはすでに知っている話題も多いだろうが、頭を整理する意味で非常に役に立つし、新たな発見も多かった。そして、西洋史的なものがフレンチという切り口でスッと整理できるのも快感。

個人的には、スープに関する諸考察、もともと料理とは見せ物であったという事実、カトラリー系の歴史的ブラウズに目を開かれた。
なるほどーである。ま、個人的興味としての二つ星なので、あまりフレンチに興味がないひとにはもとより面白くない本かもしれない。ただ、内容的には非常に優しく書いてあるのでフレンチ初心者でも楽しめる。

2002年06月01日(土) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:食・酒

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール