トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 水上勉 >

水上勉

LV0「電脳暮し」

水上勉著/哲学書房/1900円

電脳暮し
amazon
高齢にして原稿用紙をコンピューターに換え、電脳の恩恵に預かりだした水上勉がその顛末を書きつづっている。

当然読者はそこに著者なりの電脳生活への考え、想い、思想、人生観への影響、などを期待する。
が、すべてはもろくも裏切られるであろう。普通すぎる。思わせぶりにこんな題名をつけないで欲しい。字のサイズがめちゃくちゃ大きいのは許容するが(逆にDTP的シズルがある)、この内容と字数で1900円は暴利だと思う。高すぎる。内容も繰り返しが多く、うんざりする部分が多い。著者が悪いのではない。編集者が悪いのだ。そう思う。

1999年05月01日(土) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:エッセイ

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール