トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 宮部みゆき >

宮部みゆき

LV4「模倣犯」

宮部みゆき著/小学館/上下各1900円

模倣犯〈上〉
amazon
2001年4月発行の大ベストセラー。
ハードカバーですぐ買って、ほぼ2年間も積ん読になっていた。なんつうか宮部みゆきってもちろんスゴイとは思うのだけど、安定してる分「まぁそのうち歳とってからゆっくりはまればいいか」みたいな心情になるのだよなぁ。そのうち鬼平、とか、そのうち藤沢、とか、それに近い感じがボクの中にはあるかも。ということで、ずっと読まなかったのだが、戦争突入の無力感から逃れたくて、圧倒的筆力&読み易さを求めて本棚から光臨。

二段組みで上下あわせて約1400ページ 。
大作だ。なのにダレずにグングン引っ張ってくれるし細部もしっかりしているし平易で読み易いし、さすが。「このミス2002年第1位」を始め、どの賞でもめちゃ評価が高いのもわかる。でもまぁ個人的には「それほどでもなかった」というのが素直な感想。著者に対していっつも感じる「ぬるさ」みたいなのが今回もぬぐえず残念。ある種の「いい性格」というか「お育ち」みたいのが行間に滲み出てしまい、冷たくなりきっていない感じ。今回はそれでもかなり冷たく書いたのだとは思うけど、個人的にはどうしても違和感と物足りなさが出てしまう。

登場人物の中では前畑滋子に共感できないまま最後まで行ってしまったのが不満。だから結末にも違和感がある。殺人事件の加害者の親族の異様な行動についてはとてもリアリティがあった。この手の本では出色のリアリティかも。

2003年04月01日(火) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:ミステリー

LV1「我らが隣人の犯罪」

宮部みゆき著/文春文庫/390円

我らが隣人の犯罪
amazon
宮部みゆきのわりと初期の短編作品集。
文庫になったのを機に読んでみたのだが、評判ほど感心しなかった。なんというか、甘ったるく感じてしまう。別にハードボイルドにしてほしいというのではないが、中学生向けミステリー文庫的甘さを感じてしまっていまいち楽しめなかったのだ。
プロット自体もひとつもびっくりさせられるものがなく、細部で面白いところがあるだけで、全体にはちょっとがっかり。そんなに当たり外れのある作家じゃないと思うのだが…。他の短編に期待。

1999年01月01日(金) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:小説(日本)

LV5「蒲生邸事件」

宮部みゆき著/毎日新聞社/1700円

蒲生邸事件
amazon
いいなぁ、宮部みゆき。抜群のストーリーテリングで今回も楽しませてくれた。
簡単に言えば、現代の浪人生が2.26事件当日の東京にタイムスリップしてそこで殺人事件に巻き込まれる、というお話なのだけど、戒厳令下、密室化した帝都でタイムスリップのパラドクスを絡めながら殺人ミステリーを構築するなんざ、並の人にはできない技だ。

ただ人物描写がティピカルなのは相変わらず。
特に主人公。感情の動きも行動もかなりわざとらしく、描写も凡庸。途中でちょっとしらけてしまった。でもラストあたりで一気に盛り返すので許す。時を越えることで愛の悲しみが深くなるラストなど恋愛物としても秀逸。

1997年01月01日(水) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:ミステリー

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール