トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 三谷幸喜 >

三谷幸喜

LV3「それはまた別の話」

和田誠・三谷幸喜著/文春文庫/638円

それはまた別の話
amazon
映画ファンの中では、和田誠の対談相手といえば山田宏一と決まっていた。ベストカップル。それが今度は三谷幸喜だと言う。ま、彼も大好きだし、いい企画なので素直に喜ぶが、ボクは山田氏とのカップリングの方がやっぱり好きだな。三谷幸喜もいい味出しているけど、対等には渡り合えてなくて、わざと自分の小さなこだわりにツッコムことでなんとか自尊心を満たしている感じ。それを和田誠は微笑んで見ている感じ。

いや、三谷氏も健闘している。でももうひとつ話が膨らまないのが弱い。世代が少し違うからかな。それともこの手の「和田誠対談企画」にボクがちょっと飽きてきているのか。まぁ映画をビデオで詳細に見直せるようになってからは、和田誠の驚異の記憶力も神通力失ってきたしなぁ。
ちなみに題名はボクの口癖でもある。「あなただけ今晩は」や「ネバーエンディングストーリー」で効果的に使われていたセリフ、だよね。

2001年03月01日(木) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:映画・映像 , 対談

LV1「気まずい二人」

三谷幸喜著/角川書店/1200円

気まずい二人
amazon
対談が苦手だと公言する著者の対談集。
美女達との全然話が盛り上がらない対談をそのまま本にしている。その「狙い」があざとくてなんだか居心地が悪かった。「狙い」が読めちゃうのはいいんだけど、最終的に読み物として定着させるためにはその「狙い」をもう少し隠して上手に演出してから売って欲しいのだ。

つまりは、スタッフの笑い声を入れるような「バラエティ番組的内輪ウケ演出」の域を出ていないのがボクにはつらかった。読み物にするとその演出は辛いのだということがいまひとつわかられていなかった気がする。

1997年09月01日(月) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:対談

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール