トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 松本紘宇 >

松本紘宇

LV2「ニューヨーク竹寿司物語」

松本紘宇著/朝日新聞社/1553円

ニューヨーク竹寿司物語
amazon
いまではアメリカにも鮨が浸透してきたが、そんなアメリカ鮨界にも先駆者はいる。

東大を出てサッポロビールに勤めた著者が、会社を辞めて単身アメリカへ。そして1975年春、ニューヨークで最初の鮨屋を開くまでを描いた半生記。まさに裸一貫、NYで成功するまでの物語で、一編の青春記になっている。清々しく、楽しく読めた。誰かが「いま東京よりニューヨークの方がうまい鮨が食える」と書いていたが、その店はココらしい。食材を手に入れるのも大変、アメリカ人に理解されるのも大変、といった中、よくぞここまで辿り着いたものである。勇気と根性に敬服する一冊。

1995年09月01日(金) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:自伝・評伝 , 食・酒

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール