ウナギ!

2010年4月 9日(金) 8:37:27

以前「アフリカにょろり旅」(青山潤著/講談社)という本を読んで以来(その時のボクの感想はこちら)、ウナギには注目していた。

この本で初めて知ったことはいろいろあるが、驚いたのは、

  • 一般に川魚と思われているウナギであるが、彼らは遙か2000キロ離れたグアム島付近の海で産卵する回遊魚であり、太平洋のど真ん中で繁殖を行う海洋生物なのであること。
  • その産卵は一生に一回であること。
  • でもその生態はまだほとんど解明されておらず、産卵場所すらつい最近まで特定できていなかったこと。
  • 十数年以上もかけて産卵場所特定のための調査(マリアナ海域でプランクトンネットを24時間曳き続ける物理的調査)が行われてきたが、ずぅっとまるで解明されなかったこと。
  • 世界で初めてニホンウナギの仔魚(生まれて二日目のまだ眼もできていない状態のもの)を採取して、産卵場をほぼ特定できたのはついこないだの2005年6月であったこと。
である。
世界って、グーグルに「オレたちがぜ〜んぶ整理しちゃうかんね」とか偉そうに言われちゃってるけど、整理するどころかまだまだ未知なもので溢れてるのだ。ちなみに上記の研究を地道に続けていたのは塚本勝巳教授率いる東大海洋研ウナギグループであった。


で、今朝のニュース。「ウナギ 初の完全養殖」との見出し。
独立行政法人水産総合研究センターが、卵から育てたニホンウナギから採取した卵と精子を使って、二世代目のウナギを人工孵化することに世界で始めて成功したのである(これをもって完全養殖と呼んでいる)。本で背景を知っているボクは思わず大声で「スゲー!」と叫んでしまい、家族にどん引きされた。いやでもホントすごいんだってば。だってさ、ニホンウナギって、産卵場所も特定できてなかったし、卵も採取できてなかったんだよ。たった5年前まで!

これって、この本であるような探検&研究の成果がめぐりめぐって、ようやく結実したもの。
まるで本の後日談を突然聞いたような感じで、なんだかとても興奮した。こうして自分がボヤボヤと生きている間にも、世界ではいろんな情熱が実を結ばせている。おもろいなぁ。すごいなぁ。ウナギのマリネを食べにまた「イカロ」に行きたいなぁ(関係ありません)

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事