2週間ちょいで4キロ減らした

2009年10月13日(火) 7:42:15

自己流ではあるがBMグラサン・ダイエットというダイエット法を開発し、 "努力なし" & "食事制限なし" で9キロ落として以来、「体重なんていつでも減らせるぜ」的なゴーマンな自信がある。

もともとこのダイエット法がリバウンドしにくいこともあって体重管理は余裕綽々だったのだが、この夏に Mac の調子が悪くなり起ち上げるのに四苦八苦するようになってから、「グラフをつける」というBMグラサン・ダイエットの根幹に関わる習慣が消えてしまった(いままでは Mac を起動したら表が目の前に出るように設定してあったのだが、それすら無理な状態になった)。
これさえやっておけばとりあえず体重キープはできる、っていうのが「毎朝体重計に乗って、パソコンに体重を記録しグラフにする」という習慣だ。五十肩でプールに行けなくなってからもグラフだけは続けていたので、体重は横ばいキープだったのだが、その習慣が崩れた途端、あっという間に体重が増えちまった。iPhone にも体重管理アプリがあって、そっちでやろうともしたんだけど、どうも感じが違って続かない。うーむ…。

でも、9月末に Mac が復帰し、ようやく「毎朝体重計に乗って、パソコンに体重を記録しグラフにする」という習慣を元に戻すことが出来た。この時点で体重は83.5キロ。だいたい79キロ台をキープしてきたので(その辺がベスト体重)、まぁ大雑把に4キロ増だったわけである。
しかも五十肩で運動もしなかったからか、お腹に増えた。4キロ分がお腹についた感じ。人生最高レベルにお腹の肉がある状態。ぷよぷよ。これ、プールに行かなくなったのが大きいな。スポーツ面よりも「ヒトに見られる」という習慣がなくなったことが大きい。人前でハダカになると無意識に体型とか気にするからね。

で、ちょっと焦ったんだけど、その時点でジムには通い始めていたこと、朝ランをたまにやっていたこと、などがあり、「そのうえでBMグラサン・ダイエットを復活させればド楽勝」とは思っていたんです。だって最短だと2ヶ月で6キロ痩せられたダイエット法だし。しかも会食の数も食べる量も減らさず、運動もせずに減量できるダイエット法なので、そこに運動が加われば(筋肉がついちゃうから多少速度は鈍るものの)鬼に金棒。あっという間に減らせるだろう、とは思ってました。まぁ9月末に始めて、11月末くらいには4キロ減らせられるかな、と。

でですね、結果から言うとですね、2週間ちょいで目標達成しました(笑)
正確に言うとグラフづけの習慣を戻してから16日間で約4キロ減りました。瞬間風速ということもあるから2日連続で79キロ台キープするまでは安心しないようにしてたんだけど、昨日と今日、79.6キロ。あぁなんて甘美な数字だこと!

この2週間、平日は毎晩外食。量も減らさず(つまり大量)。休肝日も週1日とれるかとれないか。そんな状態。でも「努力せずに痩せる」というのをいったんやめて、1ヶ月間は努力も併用しようとは思ってた。お腹の肉をとるために筋肉をつけつつ減量することを課してきた。結果、16日間でジムには7回行き、朝ランは6回している。これらは基礎代謝を増やす&有酸素運動という意味で減量にとっても有効だったのは確か。

とはいえ、まだお腹の肉がとれてないので(とれにくいなぁコレ)もう少しなんとかしないといけないけど、ここからは筋肉を倍増して体重をキープするというモードに入るですね。で、結果的にお腹の肉がとれる、と。ダイエットの経験から言うとスタートダッシュではドカンと減るんだけど、その後あまり効果が出にくくなる。ここからが正念場だ。

BMグラサン・ダイエットはリバウンドしにくいのが特徴。だからいったん減らしちゃえばこっちのもの。習慣としないといけないのは「毎朝体重計に乗って、パソコンに体重を記録しグラフにする」だけなので、Mac が直った今、キープするのはなんとかなる。あとはジムをどれだけ長くハッピーに続けられるか、かな。今年中にはお腹の肉を撃退する予定。激務具合が心配だけど、まぁジムは続きそうだし、なんとかなりそうな予感。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事