祭りなのに!

2008年6月 7日(土) 5:52:28

だりーなぁ、疲れやすいなぁ、と思っていたら、ちゃんとした病気かもしれない疑惑浮上。
どうも不調が激しいので、仕事の合間に20分だけポカンと時間が空いたのを利用して会社の医務室行って検査をしたら、抗生物質を渡されて「安静推奨」と言われてしまったのだ。感染系&過労系。お酒もスポーツもダメとか。熱が出だしたら入院レベルのものらしい。幸い熱はないが、いつ出だすか。

どの程度の安静かニュアンスがわからなかったので、親しくさせていただいている医院長さんに電話して「これこれこういう診断をされたのだけど…」と聞いてみたら、検査結果と渡された薬を聞いて「あ、まぁ安静ですね。とりあえずお酒はダメ。しばらくダメ。ちゃんと治るまでダメ」と言われてしまった。むむぅ。来週は夜の約束がいっぱい入っているんですけど…(泣)。すいません、お酒抜きになりました > お約束した方々。

ということで、昨晩は以前からの約束でビストロに行ったのだけど、ワイン抜き。水で過ごした。お酒を飲めないということ自体は実はそんなに苦ではないのだが、フレンチにワイン、とか、和食に日本酒、とか、合わせられないのは辛いな。ちょうどシャンパンがおいしい季節でもあるのに。

というか、今日は今から札幌に行って「YOSAKOIソーラン祭り」である。
今年もセミファイナルの審査員だ。なのになのに! お酒が飲めないとは! 祭りなのに! すすきのなのに!

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事