北海道色がどんどん濃くなる

2007年6月 9日(土) 3:43:34

昨日はビジネスランチがあって「印度風カリーライス」には行けなかった。あー、もう一生あの味が食べられないんだなぁ…。店との別れはとても「死」に似ている。海外や地方なんかでも「もう死ぬまで一生この店には来られないかも」とか思いながら食べている。一期一会とはまたちょっと違う感じ。「死」をとても身近に感じるというか、「今日なのかな、小鳥さん? 今日かい?」に通ずる感覚というか。

さて、今日から2泊で札幌。YOSAKOIソーラン祭りである。
去年初めて見に行って以来、知床のフォーラムでパネリストやったり、瑞浪のチームと交流したり旭川帯広で講演したり、と、本業とは関係ないところで妙にYOSAKOIソーランと縁が深くなってきているのだが、今回はなぜか祭りのセミ・ファイナルの審査員である(ラストの日曜にコンテストがあって、踊りを審査して上位チームを選出する仕組みなのである)。どんどん縁が濃くなる。おもろい展開。

踊りにも祭りにもいままであんまり縁がなかったボクではあるが、たった一年で一気に縁ができ、YOSAKOIソーラン関係者だけでもずいぶん友人が増えた。瑞浪、枝幸、帯広など、思ってもみなかったところに祭り関係で親しい人が出来た。祭りと関係ないところでも、なぜか北海道に急に縁ができ、下村泰山さんや、一緒にNYに行ったモリ、ポルトガルで会ったヤマザキマリさんも北海道人脈だ。人生における北海道色が急に濃くなったなぁ。元々縁が深かったムツゴロウ動物王国関係者たちを入れると、なんだかすげえ濃い。

沖縄も縁がどんどん深くなっているので、北の端と南の端が濃い。あ、関西も非常に濃いか。元々東京生まれ東京育ちのボクにとって、北海道も沖縄も関西も想定外の広がりだ。人生、思ってもみないことが次々起こる。

とか、感慨を深くしつつ、札幌へ。
審査ねぇ…。でも、NYで世界トップの歌と踊りを観まくってきたばかりのボクは、ちょっと採点厳しいかも(笑)。目ぇ肥えちゃったし(一時的に)。というか、朝早いのにもう寝ろって感じだ。7時前には家を出ないといけないのにもうすぐ4時じゃん!

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。

アーカイブ

同カテゴリーの他記事