シン・ゴジラ の検索結果

2016年上半期にショックを受けた3つの制作物

2016年9月16日(金) 14:08:43

IMG_3213.jpg

もう先週になるか。
ボクが主宰するコミュニティ「4th」にて、「元官房副長官と語るポリティカル・ドラマとしてのシン・ゴジラ」と題する夜ラボ(セミナーみたいなもの)をやった。

ボクは2016年の上半期に(一応作り手の端くれとして)ショックを受けたことが3つある。

平野啓一郎の「マチネの終わりに」を読んだこと。
映画「シン・ゴジラ」を観たこと。
リオ・オリンピック閉会式の日本へのハンドオーバー演出を見たこと。

オーディエンスとしてではなく、一制作者としてショックを受けた。
というか、かなわない、としか思わなかった。

矢野顕子トリオで「ゴジラのテーマ」!

2016年8月22日(月) 7:05:30

yanotrio2016.gif

♪ドシラ、ドシラ、ドシラソラシドシラ

まさか『ゴジラのテーマ』をアッコちゃんがやるとは!

ファンクラブ会員である友人のおかげで毎年通わせてもらっている夏の恒例「矢野顕子トリオ @ブルーノート」に今年も行ってきた。8月20日20時の部。今年は矢野顕子40周年の記念でもある。

矢野顕子、ウィル・リー、クリス・パーカー。
この至高のトリオのジャズ演奏。本当に本当に素晴らしく、過去に何度も書いている(※2014年と15年はFB(フェイスブック)のみで書いててブログに書いてない)。

最高のステージ2つ。CKBと矢野顕子!(2013年)
毎夏恒例 矢野顕子トリオ・ライブ@ブルーノート(2012年)
世界最高峰のトリオ! 矢野顕子@ブルーノート(2011年)
今夏もすごかった、矢野顕子@ブルーノート(2010年)
矢野顕子ライブ @ブルーノート(2009年)

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター

(株)ツナグ代表。(株)4th代表。
復興庁復興推進参与。一般社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
花火師。

1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。

現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。

本名での著書に「明日の広告」(アスキー新書)、「明日のコミュニケーション」(アスキー新書)、「明日のプランニング」(講談社現代新書)。最新刊は「ファンベース」(ちくま新書)。

“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(コスモの本、光文社文庫)、「胃袋で感じた沖縄」(コスモの本)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「さとなおの自腹で満足」(コスモの本)、「人生ピロピロ」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」(文藝春秋)、「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。

東京出身。東京大森在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園・夙川・芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao310@gmail.com まで。