トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > レイ・ブラッドベリ >

レイ・ブラッドベリ

LV3「ブラッドベリはどこへゆく」

レイ・ブラッドベリ著/小川高義訳/晶文社/1900円

ブラッドベリはどこへゆく―未来の回廊
amazon
「ブラッドベリがやってくる」と2冊同時刊行された。ちなみに「やってくる」の方は先月書いた。
「やってくる」が小説の書き方指南、好奇心の羽ばたかせ方指南であるのに比べて、「どこへゆく」はいろんな事柄に対するブラッドベリによるエッセイ。「やってくる」よりより饒舌で自慢ぽく、ファンでなかったら辟易ものかもしれない。でもボクはとんでもなく大ファンだし、相変わらず眼からウロコの発想をいろいろ読ませてくれるから、何の文句もない。でもまぁ「やってくる」の方が好きかな。

1996年10月01日(火) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:エッセイ

LV5「ブラッドベリがやってくる」

レイ・ブラッドベリ著/小川高義訳/晶文社/1600円

ブラッドベリがやってくる―小説の愉快
amazon
副題は「小説の愉快」。創作の秘密をブラッドベリ自らが語るエッセイ集である。

ブラッドベリについて今さら語らなくてもいいとは思うが、ボクは「とうに夜半を過ぎて」や「10月の旅人」などの短編集が大好きで、何度も何度も再読しているくらいである。長編「火星年代記」「華氏451度」などよりも短編の方が好きかも。素晴らしいSF作家である。

その小説の発想の仕方からまとめ方、いかにして作家になったかまでいろいろ解き明かしたのが本書で、ブラッドベリ・ファンならずとも読みごたえがある。目からウロコが一杯つまった快エッセイ。なお「プラッドベリはどこへゆく」と2冊同時刊行。「どこへゆく」はいま読んでいるところ。

1996年09月01日(日) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:エッセイ

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール