トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 宮城谷昌光 >

宮城谷昌光

LV3「クラシック千夜一曲」

宮城谷昌光著/集英社新書/680円

クラシック千夜一曲―音楽という真実
amazon
先月に続いてクラシック紹介のいい本に出会った。
著者はご存知のように中国古代史系の作家。音楽は専門外である。しかし、だからこそ素直でしがらみのない音楽評が読めるのである。全部で10曲しか紹介していないが、著者はそれぞれに複数(時には10枚強も)のCDを聴き比べ、それぞれについて「自分の言葉」で論評してくれている。自分の実体験を交えつつ、一門外漢として「外への言葉」として論じてくれているのだ。

専門家たちによる専門用語の羅列されたライナーノーツやCD選集とはひと味もふた味も違ったクラシック推薦盤エッセイ。自分の言葉・視点で物事を表現することがいかに大切か、再確認させられた気がする。

2000年01月01日(土) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:音楽

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール