トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 藤沢周 >

藤沢周

LV5「ブエノスアイレス午前零時」

藤沢周著/河出書房新社/1000円

ブエノスアイレス午前零時
amazon
芥川賞受賞作。
あまり期待せずに読んだのだが、歯の浮かないハードボイルド調で始まり、イマジネーションとリアリティを上手に紡いで展開していく様はなかなか見事。映像で言うならインサート画像の入り方が長さ・タイミングともにとても効果的で、作品を締めているのだ。

表題作「ブエノスアイレス午前零時」のリリシズムも好きだが、もう一編の「屋上」もとてもいい。
結末の付け方がちょっと陳腐な感じがしたが、読んでいて脳裏に広がるリアリティが生半可ではない。説明描写は最低限なのに、きっちりそこに場を展開させる筆力はさすがである。敢えて言えば、会話がいまいち。それともうちょっと長ければ、と思う。また、アルゼンチンの空気感がもう少し出ていればカタルシスが余計に感じられたと思う。

1999年06月01日(火) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:小説(日本)

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール