トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 早川光 >

早川光

LV5「江戸前ずしの悦楽」

早川光著/晶文社出版/2400円

江戸前ずしの悦楽―「次郎よこはま店」の十二カ月
amazon
副題が「次郎よこはま店の十二ヶ月」。
つまり銀座の名店「すきやばし次郎」から分かれた店を、著者が3年以上毎月一度通い続けて食べ続け、寿司の本質に迫っている本なのだ。面白い。

以前「すきやばし次郎 旬を握る」(里見真三著/文藝春秋)という本を読んだが、ああいう「取材本」よりもやっぱり個人の視点・味覚・感想が入った本の方が面白いよね。そういう好例ではないだろうか。特に味覚表現がとてもいい。素直で実感がこもっている。寿司が食べたくなる。あー、また個人的寿司ブームがきそうだよー。

水谷八郎という職人の素晴らしさもこの本の魅力。ただところどころに彼がタバコを吸うらしき記述が出てきているのが気になるな、個人的には。タバコを吸う人が握る寿司はなんとなく生理的に受け付けないから。

著者の本は「ミネラル・ウォーターで生まれ変わる」「東京名物」に続き三冊目だが、どの本も実に誠実。ただ、きちんと「自分」を出してきているのはこの本が初めてかもしれない。これからの動静が楽しみなひとり。ちなみに著者の本業は映画監督。

1999年12月01日(水) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:食・酒

LV2「ミネラルウォーターで生まれ変わる」

早川光著/マガジンハウス/1300円

ミネラルウォーターで生まれ変わる
amazon
ボクが水に凝る原因となった本。
おかげで家ではヴィッテル、外ではエビアンが必需品になってしまいました。「単なる水」としか思っていなかったミネラルウォーターだけど、成分を見ていくとこんなに効果の違いがあり、カルシウムを取るにしてもマグネシウムとのバランスだと牛乳よりも優れた飲料なんだねぇ(もちろん商品による)。しかも煮沸殺菌やフィルター濾過をしていないヨーロッパのものがこれだけ優れているとは。

実はミネラルウォーターを効果的に飲んで8キロやせたという人を知っていて、それもあって買ったんだけど、かなり佐藤家の生活に影響を及ぼしましたね、この本。コントラックスにしようかなぁ…。でもアレちょっと飲みにくいんだよなぁ。カルシウム多すぎて。

1998年11月01日(日) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:食・酒

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール