トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 服部まゆみ >

服部まゆみ

LV2「シメール」

服部まゆみ著/文藝春秋/2286円

シメール
amazon
直木賞候補にもなった前作「この闇と光」が非常に面白かったので、かなりの期待と共に読んだ新作。

前作同様、独特のゴシック・ロマン的作風で、一度中に入り込むとひんやりと薄暗く気持ちいいのだが、前作ほどのインパクトも発見もなく、ずいぶん拍子抜けしてしまった。出だし良し。中盤もなかなかいい。が、服部まゆみならここからもうひとつひねってくるだろう、とワクワクしつつ読む進めると、エンディングは「は?」の拍子抜け。ああいうラストにする意味はアタマではわかるものの、心は承知しないなぁ。例えば昭和初期にこの小説が発表されていたらあのラストでもいいのだけど、これだけ不可解なことが日常的に起きる平成の世にこれを読むと、やっぱりちょっと拍子抜けなのだ。

結果として、全体に冗長に感じられてしまったのも残念。ちゃんと削いで書いてあるのに、読み終わってみると薄く伸ばして書いてあるような印象が残る。うーむ。あと、重要な伏線であるテレヴィゲームとの関連も中途半端。きれいに納まると期待したのに。

2000年07月01日(土) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:小説(日本)

LV5「この闇と光」

服部まゆみ著/角川書店/1500円

この闇と光
amazon
掘り出し物。

服部とくるとまず「服部真澄」となってしまうが、「まゆみ」もかなりいい。実に芳醇な空気を持った上質なミステリーだ。とっても上手に文章を刈り込んでいるのが特に気に入った。簡潔にして明瞭。それでいてこれだけ豊かな表現をしているあたりがただものではなさそう。ミステリーとしての展開も見事で、思わせぶりなラストがまた好きである。

比べて悪いが、服部真澄は映画的。それに対して服部まゆみの本作は小説でなければ出来ない闇の濃さがある。映像化はまず不可能。そこが面白い。他の本も読んでみようっと。
なお、装丁は思わせぶりすぎて嫌い。内容に比べて俗っぽすぎる。

1999年01月01日(金) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:ミステリー

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール