トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > ねじめ正一 >

ねじめ正一

LV3「熊谷キヨ子最後の旅」

ねじめ正一著/文藝春秋/1429円

熊谷キヨ子最後の旅
amazon
「熊谷突撃商店」の続編。
前作からもう2年半も経つのか、と驚いてしまうくらい主人公のキヨ子の印象は強く心に残っていた。だからすっと物語に入れる。

基本的にはノンフィクションで、女優熊谷真実・美由紀の母の最期をキヨ子の妹・佐智子の視点からじっくり追っている。
やり方は成功していると思うし、前作をきれいに納めたかったのだろうということもわかるが、前作ほどキヨ子の魅力が光っていないのがどうしても弱い。前作に使用したエピソードでもいいから、若い時のキヨ子の魅力をもう一度描き、読者にカタルシスを感じさせながらストーリーを進めて欲しい、と思った。直球だけど、コースもスピードも甘い、そんな感じ。

1999年05月01日(土) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:自伝・評伝 , 小説(日本)

LV5「熊谷突撃商店」

ねじめ正一著/文藝春秋/1700円

熊谷突撃商店
amazon
女優熊谷真実・美由紀の母であり、松田優作の闘病を見守った市井の超魅力人、熊谷清子さんの半生を直木賞作家が綴った……などと書くとワイドショー的でイヤだけど、そういう本。

まぁそんなこと知らなくても十分楽しめる痛快実録小説。というか、女優たちや松田優作が出てくると途端につまらなくなるくらい、普通の生活がよく描けている。逆に芸能人関係が出てくると、著者の筆が焦点をなくしてそっちの記述ばかりになり、主人公がどっかに行ってしまうのだ。おいおい。
まぁでも、そういうのを差し引いてもとても魅力的な本だ。あっと言う間に読めちゃう。描写が足りない部分も多々見受けられるが、全体の勢いの方を重視した感じ。なにしろ「突撃商店」なので。

1996年10月01日(火) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:小説(日本) , 自伝・評伝

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール