トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 中野雄 >

中野雄

LV5「ウィーン・フィル 音と響きの秘密 」

中野雄著/文春新書/790円

ウィーン・フィル 音と響きの秘密
amazon
クラシックにあまり興味がない人たちは共通してこんな疑問を思う。「なぜ同じ曲なのに指揮者とか演奏者とかが違うだけでマニアたちは騒いだり解釈がどうのと言うのだ? 楽譜通りに演奏しておけばいいのではないのか」。ある程度好きになってからでも、指揮者によるまとめ方の違いの意味やオケによる音色の違いの必然性などが見えなかったりする。
そういう疑問にすべて明解に答えを出すだけでなく、クラシック音楽とは何なのかということにも(結果として)すべて答えてしまっている本がこれ。別にQ&A本ではないのだが、結果的にすべてが書いてあるのだよ、この薄い新書に。

いやー、長年いろいろ疑問に思っていたことがコレ一冊でほとんど解けてしまった気分。
ウィーン・フィルに焦点を合わせてはいるものの、ほとんど「ウィーンフィルのエピソードを通してみたクラシックの魅力の秘密」みたいな感じ。楽団員のエピソードによって解き明かされていく指揮法の違いやその重要性、オケの音色や個性の成り立ち、これからのクラシック音楽の問題点など、これほど明解に解き明かしてくれる本はない。かといって難しい本ではない。クラシック初心者でも十分楽しめる。なにしろエピソードから解き明かしているので。

これを読むとひたすらクラシックが聴きたくなる。
それもフルトヴェングラーやボスコフスキー、ミトロプーロス、カラヤン。いままで何を聴いていたのだろう。もう一度ちゃんとすべての音楽を聴き直したくなってきた。表題が「ウィーン・フィル」としているので、マニアしか買わない可能性も高いが、それではもったいなさすぎる評論だとボクは思う。

2003年02月01日(土) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:音楽

LV4「クラシックCDの名盤」

宇野功芳・中野雄・福島章恭著/文春新書/880円

クラシックCDの名盤
amazon
久しぶりに読んで楽しい名盤案内が出た。
いや、読んで「楽しいように作ってある」名盤案内は他にもあるか。エッセイ風にしたりお笑い風にしたりマンガを入れたり…。でもそういうのが楽しかった試しがない。そういう意味の楽しさではなくて、この本のいいところはそれぞれ個性と一家言ある書き手が一曲についてそれぞれベストのCDを挙げ、対抗しあっているところ。対話形式ではなくそれぞれ独立したコラムなのだが、たぶん書く順番を決めているのであろう、最初に書いた人の選択を批判したり後に書く人の選択を牽制したりされておりなんだか楽しくなるのだ。

例えばメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲など、中野氏が一番最初に書いたのを受けて宇野氏が「なんじゃアレを紹介しないのならワシがする」とばかりに書くものを変更しつつ「福島氏はチョン・キョンファか」と牽制する。福島氏は「はずれてすいません」とクーレンを推薦する、といった具合。

もちろんバッティングしないものを紹介する場合も多いが、それぞれに曲への捉え方、選択の基準、自宅で使用しているオーディオ機器によって演奏の好き嫌いが変わってくるところなどいろいろ見えて、それなりに知っている人には非常に楽しい名盤案内だろう。そんなに詳しくないボクでもかなり楽しめるし、いろいろ聴いてみたくなる。あー、しばらくはクラシックにもはまりそうだ。

1999年12月01日(水) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:音楽

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール