トップ > おもしろ本 > 月別一覧 >

2006年09月

LV3「容疑者Xの献身」

東野圭吾著/文藝春秋/1600円

容疑者Xの献身
amazon
直木賞受賞作である。著者には出来れば「白夜行」で直木賞を取って欲しかったな。この本は、よくできてはいるが、代表作になるにはちょっと足りないという印象。他にもっといい本をいっぱい書いている。

巷でも言われていることだが、容疑者Xの「献身」の動機がやはり弱いのが最後まで気になった。いっそのこと「救済&恋」ではなく「刑務所で誰にも邪魔されず数式と向き合いたい」という動機の方が共感できたのではないかとすら思った。もしくは、その動機に至る容疑者Xの心理描写をもう数ページ深く書き込んで欲しいと思った。

ミステリーとしてはなかなかよく出来ていて、ストーリーの追い込み方も見事なだけに、根本の動機に共感がもてないというのが最後まで惜しい。「最終的に露見してほしい愛の発露」という持てない男の心理まで踏み込んでこういうストーリーにしたのかともちょっと思ったが、そうであるとしてももう少し容疑者の周辺描写が欲しいところ。なんとなく不完全燃焼感が残った読後だった。

2006年09月01日(金) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:ミステリー

LV3「クライマーズ・ハイ」

横山秀夫著/文春文庫/660円

クライマーズ・ハイ
amazon
1985年の日航機墜落事故を舞台にした長編小説。

御巣鷹山に飛行機が落ち、地元紙「北関東新聞」の遊軍記者として半ば干されていた主人公が全権デスクに任命される。一方、その日一緒に衝立岩を登るはずだった同僚は意識不明の重体となり病院に運ばれる。このふたつの事件が同時進行系で語られ、そこに父と子の確執、組織内のくだらない縄張り意識、友情、出世争い、報道の意味、被害者の想いなどが濃く濃く絡んでくる。この濃さが逆に鼻につく人もいるかもしれない。人間模様ありすぎではある。しかも相当オーバーである。でも未曾有の大事故を題材にしているだけにこれは仕方ないのかもしれない。よくぞこれだけの要素をまとめきったと賞賛すべきだろう。

ただ、率直に言って、墜落事故前後の臨場感が凄まじい分(この辺の描写は本当にスゴイ)、他の要素を邪魔に感じたのは事実。特に登山のエピソード。タイトルにも関連する最重要エピソードであり小説の骨そのものなのだが、それが柔く甘ったるく感じられてしまうのが小説構成上ちょっと弱いかもしれない。そのエピソードが主人公である悠木への共感につながるのであればまだしも、どうもそこまで行かないもどかしさがボクの中にあった。

人間ドラマ、は、人間を濃く濃く描けばいいというものでもない。ヘミングウェイのように事実展開だけを追っていっても描ける。そういう意味において、多少この本はToo Muchすぎる。でもそれがこの著者の「味」と言えば「味」なのだろう。絶賛する人が多いのも頷ける。

2006年09月01日(金) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:小説(日本)

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール