トップ > おもしろ本 > 月別一覧 >

2006年08月

LV4「図書館戦争」

有川浩著/メディアワークス/1600円

図書館戦争
amazon
「本の雑誌」が選ぶ 2006年上半期エンタテインメント第1位である。
前半は、本書内の言葉を借りれば少し「痒かった」。でも、設定の秀逸さ、キャラ立ち、若者言葉のリアルさ、文章のリズムなどに引っ張られ、読み進むうちに止まらなくなる。さすがに面白い。主要登場人物のキャラもよく立っている。主人公が特によい。武装化&銃弾の雨あられっていうあたりにもう少しリアリティ(そうなる必然性)があったらより完成度増すんだけどなぁ…。

とはいえ「メディア良化法」って怖すぎ。一歩間違えばありえるだけに。あぁ怖い。いい設定だ。
でも現実には、図書館を武器で守るよりも海外サーバーでの無償公開で悪法に対抗した方が有利かも、とネットにどっぷり浸かっているボクはちょっと思った。ネットを利用する話がひとつも出てこなかった(と思う)あたりが、この時代のリアリティを少し欠いているかも。←ネットを利用するといきなり物語が陳腐になりがち&まだついてこれない人が多そう、というのもわかるけど。

ちなみに著者は「ありかわひろし」という男性かと思っていたが、「ありかわひろ」という女性のようである。

2006年08月01日(火) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:ミステリー , 小説(日本)

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール