トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 筒井康隆 >

筒井康隆

LV4「わたしのグランパ」

筒井康隆著/文藝春秋/952円

わたしのグランパ
amazon
著者にとっては「時をかける少女」以来のジュブナイル(少年少女小説)。「時をかける少女」は大好きだったからかなり期待して読んだ。

読んですぐ思ったのは「筒井康隆は夏目漱石の『坊ちゃん』を歳とらせてみたかったのかな。そして彼に平成の街を歩かせてみたかったのかな」ということ。
古き良き昭和(明治?)の殻をお尻に残しているような任侠ジジイを平成の孫娘と触れあわせてみることで、著者は、姿勢が良かった頃の日本と姿勢が悪くなり始めている日本を接触させてみたのだと思う。一本筋が通っている生き方。そういう生き方をこの時代に提示したかったのかもしれない。

夏目の「坊ちゃん」がわりと素っ気なく終わるように、この本も素っ気なく終わりを迎える。なんだかこのジジイともっとずっと一緒にいたかった感じの物足りなさ。中学生の描写もありがちかつ性善説的で気恥ずかしい部分が多い。そういう意味ではどうかなぁと思ったが、ジジイの存在はとても印象的で素晴らしい。人物造形の勝利だろう。

1999年11月01日(月) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:小説(日本)

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール