トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 篠山紀信 >

篠山紀信

LV5「定本作家の仕事場」

篠山紀信著/新潮社/12000円

定本 作家の仕事場―昭和から平成へ読み継がれる日本の作家一三五人の肖像
amazon
副題は「昭和から平成へ読み継がれる日本の作家一三五人の肖像」。12000円もする高価な本である。

篠山紀信が撮り続けた135人の作家にそれぞれいろんな人が短文を寄せて構成してある。つまりは135人の仕事場での写真と135本の短文。短文はキャスティングが絶妙で飽きさせないし、紀信の写真も作家の内面に貪欲に迫っていて素晴らしい出来。特に中上健次や色川武大、開高健なんかの写真は良かったなぁ。
こうしてみると日本にも作家が多いねぇ。読書人口は続々減っているのにどうするんだろう。でも抜けている作家達もいろいろいるぞ。選ばれなかった人はそれなりにショックだろうなぁ。

高い本なので、作家好きとか文学好き以外にはオススメしないけど、ボクは満足した。

1997年03月01日(土) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:写真集・イラスト集

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール