トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 早乙女哲哉 >

早乙女哲哉

LV1「天ぷら道楽」

早乙女哲哉著/講談社/1800円

天ぷら道楽
amazon
日本橋茅場町の「みかわ」のご主人のうんちく本。というか、自慢本かな。少し自慢が過ぎる出来。

謙虚っぽい言い回しがとても嫌味になる好例かもしれない。自慢したいのなら、玉村豊男や林望の「嫌味になる一歩手前で寸止めする熟達の自慢技」を見習って欲しいかも。自慢というのは相当難しい技なのだ。
個々のエピソードは食べ好きにはなかなか面白い。特に東銀座の寿司屋「とゝや」のオヤジのエピソードが個人的には面白かった。そうか、あそこの陶器はそうだったのか。

1996年05月01日(水) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:食・酒

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール