トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 小泉武夫 >

小泉武夫

LV1「灰に謎あり」

小泉武夫著/NTT出版/1500円

灰に謎あり―酒・食・灰の怪しい関係
amazon
沖縄の本を書いていて(「胃袋で感じた沖縄」さとなお著/コスモの本/1500円/6月20日頃発売)、沖縄そばの項で「灰汁」の不思議にぶちあたった。

それで灰に興味を持って、本屋で見つけた本がこの「灰に謎あり」。
灰と生い立ち、灰と料理、灰の恵み、灰の効能、灰の恐怖などなど、灰にまつわることをかなりの専門性をもって追っており、昔から人はこんなに灰に関わって生きてきたんだなぁ、と感慨を持つことは持つのだが、それ以上でもそれ以下でもない。研究論文とエッセイの中間の中途半端さも手伝って、なんだか物足りない。読んでいて快感がないのは題材が地味なせいかな。よく調べて書かれてはいるのだが…。

ちなみに「沖縄そばと灰汁」についてはまるで触れていなかった。そのことも個人的には残念。

1999年06月01日(火) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:食・酒 , 雑学・その他

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール