トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 北村薫 >

北村薫

LV1「ターン」

北村薫著/新潮社/1700円

ターン―Turn
amazon
「時と人」三部作その2。
前作「スキップ」にあったみずみずしいリアリティがなくなってしまって、なんだかちょっと少女小説のようになってしまったのが残念。赤川次郎を読んでいるような甘ったるさを感じた。そういった本を否定するわけではないが、どうもボクは食い足りなかった。

まったく同じような設定に大名作「リプライ」(ケン・グリムウッド著)があって、この名作と比べるのもアレなのだけど、うーん、もう少しなんとかならなかったのだろうか。ちょっと優しさや繊細さが前面に出すぎてしまって居心地悪い部分があった。もしかしたら若い女性にはこのくらいがちょうどいいかもしれない。ジュブナイル系とかにも。

1998年02月01日(日) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:ファンタジー

LV3「スキップ」

北村薫著/新潮社/1900円

スキップ
amazon
17歳の女子高生が25年の時を超えて42歳の自分にタイムスリップするお話。

25年後、学校教師をしている自分に17歳の自我が入ってしまう設定は非常に新鮮で、その時の主人公の心の動きは非常によく書けていると思う。人生とは時間そのものなんだな、と改めて思わされるし、では時間とはいったい何なのだと胸元に突きつけられる。

だが、17歳の精神にしては主人公はあまりにしっかりしすぎているのがボクは気になった。カタルシスを感じる寸前でしらけてしまうのはそこらへんが原因だったと思う。惜しいなぁ。ケン・グリムウッドの名作「リプレイ」と題材が似ているが、主人公の内面の揺らぎをもう少し上手に膨らませれば、あれに勝てるほどのものも出来たと思う。なんだか惜しい本だ。

1997年12月01日(月) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:小説(日本) , ファンタジー

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール