トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 大貫妙子 >

大貫妙子

LV3「ライオンは寝ている」

大貫妙子著/新潮社/1700円

ライオンは寝ている
amazon
独自の世界を持つシンガーソングライターである著者が、ガラパゴス、南極、アフリカと旅をして書いた紀行文。というかエッセイ。

彼女の歌はなんか人を無口にさせる作用があるけど、この本もそんな感じ。
静かで自然体。ちっともはしゃがない(前半は少しミーハーなところもある)その文章は彼女の静謐な歌のように心地よい。こういう時、ヒトは環境がどうの、と大声で語りがちだが、著者はもっと含羞があって素敵だ。でもひとつ、前書きだけはちょっと説教くさかった。残念。3つの話の中ではアフリカでのエピソードが一番気に入った。

1997年01月01日(水) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル: , エッセイ

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール