トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 五木寛之 >

五木寛之

LV1「知の休日」

五木寛之著/集英社新書/640円

知の休日―退屈な時間をどう遊ぶか
amazon
五木寛之を読むのって「青春の門」以来かも。
副題は「退屈な時間をどう遊ぶか」。人生は短いのに退屈は長い、という矛盾を、遊ぶ、という切り口でさらっと書いているのだが、まぁ敢えて言うなら「退屈」であった。
ただし、退屈を楽しもうというコンセプトの本だから、この退屈は正しい退屈であって…、まぁ著者は上手に逃げている気がするな。退屈な本を書こうという確信犯的著述なのかもしれない、とちょっと思わせる。

著者のエッセイを面白いという人は年輩の方に多い。エッセイはこれしか読んだことないのだが、どうなのだろう。著者に興味がないせいもあるが、なんともはや中途半端な読後感が残った。

2000年03月01日(水) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:エッセイ

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール