トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 糸井重里 >

糸井重里

LV5「海馬」

池谷裕二・糸井重里著/朝日出版社/1700円

海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス
amazon
副題は「脳は疲れない」。ほぼ日ブックス第二弾の一冊。

東大薬学部の気鋭の学者である池谷氏と糸井氏の対談をまとめたもので、脳についての最新研究における池谷氏の成果と糸井氏のクリエーターとしての視点がコラボレーションして、実に興味深い内容になっている。
少し挙げるだけでも「脳はいくら使ってもまったく疲れない」「30歳過ぎてから頭は飛躍的に良くなる」「睡眠時間は脳の疲れを取る時間なのではなく、脳が情報を整理する時間である」「夢は整理の過程でいろんな情報をランダムに結びつけてみることから起こる」「脳細胞は一秒に一個死んでいくが、もともとの容量が莫大なので無視していい」「使えば使うほど脳は成長する」……などなど、いままでのいろんな胸のつかえがおり、現41歳のボクに自信と勇気を与えてくれる内容がゴマンと入っている。
各章ごとにまとめも作ってあり、記憶をきちんと整理したあとの脳の中身みたいな印象に本が仕上がっているのもいい。あとはこのまとめ(記憶)をなにと結びつけて、読者自身がブレイクスルーを起こすか、である。

発見は多かったが、特に「脳は疲れない」ことと「睡眠とは脳の最適化作業なのだ」と気づかされたのは大きい。もっともっと脳を酷使しようという気になったしね。うはは。んでもって、ちゃんと睡眠しないと、整理されない雑然とした脳になる、というのも実感としてわかる。インプットがそのまま積み重なっているようなあの徹夜明けの気分。なるほど、ちゃんと寝よう。

などなど、目から鱗の発見が多く、味読したい事実が多い本であった。
池谷氏が最前線で研究する31歳の学者であるというのもいい。糸井氏の先輩風を全く吹かせない謙虚で好奇に満ちた姿勢もいい。ふたりとも論の掘り起こし方は天才的だ。脳を知り、脳を刺激するために読むべき一冊。

2002年09月01日(日) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:対談 , 科学

LV2「インターネット的」

糸井重里著/PHP新書/660円

インターネット的
amazon
著者が人気HPの運営で得た「肌感」を文章化して、ネットの本質をやさしくひらたい言葉で語っている。
仕事でもプライベートでもインターネットの現場に身を置いているボクにとっては、旧知だったり分析済みだったりする事柄が多い内容だったが(偉そう?)、一般的にはいい本だとは思う。ちょっと尻切れトンボな感じがあるけど、これまたインターネット的でいいではないか。結果までたどり着いてない感じが。そしてそれを出版しちゃうお手軽な感じが。

ボクも6年以上HP運営をやってきているので、アタマで考えただけの人より、肌感で掴んでいることは多いと思う。そういう意味での共感は多かった。やっぱり現場の言葉は強いのだ。学者の分析言葉には飽き飽きしていたからその点はうれしかった。ボク的には「消費にどれだけクリエイティブになれるか」あたりの命題が面白かったな。他のことはわりと考えていたことに近かったが、この命題はあまり考えていなかったので。

著者は「とりあえず今はインターネット的な世界についての翻訳者という位置で楽しむもんね」と目論んでいるんだろうな。昔からその辺の「場所取り感覚」はお見事の一語に尽きる。結果としてインターネット的世界の内にいる人からも外にいる人からも嫌われず、独特の立場で楽しんでいられる。ヤルなぁ、である。

2001年10月01日(月) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:IT・ネット

LV3「豆炭とパソコン」

糸井重里著/世界文化社/1470円

豆炭とパソコン―80代からのインターネット入門
amazon
「ほぼ日刊イトイ新聞」での人気コンテンツの単行本化。副題が「80代からのインターネット入門」。

著者の80歳の実母が初めてパソコンに触りネットにつながるまでの顛末である。
インターネットについての著者の平明かつ鋭い分析はもちろん面白いが、なによりもイキイキ生きているミーチャン(実母)とその先生役の南波あっこさんの息づかいがたまらなく良い。そういう良さを前面に出すために題名も「豆炭とパソコン」にしたのだろう(「ほぼ日」連載時はいまの副題が題名だった)。豆炭もパソコンも、それ自体が大切なのではない。大切なのは豆炭やパソコンがある生活を楽しんでいるミーチャンなのだ。その主客転倒がいまのIT革命の最大の問題。そういうことが声高でなく生活レベルで伝わってくるところがこの本のいいところなのである(そういう意味では著者による前書き後書きは蛇足かも)。

残念なのは「つながった」ところで終わってしまう点。つながった先の生活をもうちょっとでいいから読みたい。消化不良。とはいえまぁそれは現在の「ほぼ日」で読めるからいいか。むぅ。先を読みたい方はミーチャンみたいにネットにつなぐトライをしてみてね、という深謀遠慮なのかもしれない。

2000年12月01日(金) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:IT・ネット , 教育・環境・福祉

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール