トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 井上尚登 >

井上尚登

LV3「T.R.Y.」

井上尚登著/角川書店/1500円

T.R.Y.(トライ)
amazon
「横溝正史賞史上最高傑作!」と帯にある。
うん、確かに面白かった。でもこれが圧倒的に最高傑作とされてしまう横溝賞って……?って感じは残るなぁ。

革命に翻弄される詐欺師の物語なのだが、その詐欺のプロットは見事だしキャラ造形も上手。なのになぜかあまり印象に残らない。文体かなぁ。主人公にいまいちカタルシスを感じられない部分かなぁ。ストーリーの面白さと細部の存在感がどこかで乖離している気がするのだ。それと、革命につきものの「恋」の部分がないのが物足りない。ここにも主人公にのめり込めない要因があるのかも。

それともうひとつ。題名はもともと横溝賞に応募した題名「化して荒波」の方がまだいいかも、と思った。「T.R.Y.」では何もわからない。何も伝わらない。ちょっと残念。

1999年09月01日(水) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:ミステリー

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール