トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 池上永一 >

池上永一

LV5「夏化粧」

池上永一著/文藝春秋/1524円

夏化粧
amazon
石垣島を舞台にしたSFファンタジー風純文学とでも言おうか。
著者の本は短編集を読んだことがあるが、ちょっと期待はずれだった。でもこの長編はとても良かった。読後もとても強い印象。いろんな場面が瑞々しく思い出される。

物語はRPG的である。
ある島の井戸の奥に「陽」の世界であるこの世と反対の「陰」の世界がある。光と闇が逆転するその世界で7つの他人の「願い」を集めて、息子をこの世に取り戻そうとするシングルマザーの闘いの物語なのだ。7つの願いを陰の世界で集める旅……こう書くとジュブナイル小説か?と敬遠する向きもあるだろうが、筆致も展開も大人っぽいので杞憂。他人の願いを集める、というのがミソで、様々な人生がそこに絡んでき、なかなかせつないのだ。そしてラストもかなりせつない。満足して読み終えられるだろう。

敢えて言うなら題名がイマイチかなぁ。題名をここまでウェットにしてしまうと、ファンタジー好き読者が手に取らない気がする。また、内容を正確に言い当てていない。題名だけ純文学している。もうちょっと違う題名にしたらヒット作になったのではないだろうか。

2003年06月01日(日) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:ファンタジー

LV2「あたしのマブイ見ませんでしたか」

池上永一著/角川文庫/552円

あたしのマブイ見ませんでしたか
amazon
沖縄在住で沖縄の豊かな世界を書き続けている池上永一の本は前から読もう読もうと思っていたのだが、なぜか縁がなくいままで読まなかった。まずは手軽に著者初の短編集から。
でも他のから読んだ方が良かったかも。短編より長編のヒトなのかな。叙情性に富んだとても美しい創作世界になっているのだが、おとぎ話になりきっていないし、かと言ってリアルな世界を描いているわけでもない。その間を狙っているのはわかるのだが、読んでいてちょっとずつ中途半端な後味が残るのが残念。ちょっとした場面の描き方とか行間の雰囲気作りで違ってくるのだろうと思うのだけど、それは長編の方が出しやすいのかもしれない。じっくり世界観を作っていった方が向いている感じに思えた。
「カジマイ」「復活、へび女」「宗教新聞」とか、とても印象に残る短編がいくつかあった。次は長編の「夏化粧」を読んでみよう。

2003年02月01日(土) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:小説(日本)

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール