トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 一橋文哉 >

一橋文哉

LV1「闇に消えた怪人」

一橋文哉著/新潮社/1680円

闇に消えた怪人―グリコ・森永事件の真相
amazon
副題が「グリコ・森永事件の真相」で、帯が「犯人は分かっていた!」。こりゃ買ってしまうわ。

かなり期待して読んだんだけど内容はもうひとつだった。
一応労作と呼ぶのだろうけど、とりあえず内容の整理が出来ていない気がする。緻密さが足りないから読んでいて不満が残る。細部で問題を提起しておいてそのまま終わっちゃうのが多く、欲求不満が溜まるのだ。あまりに総花的にしすぎたのかも。巻末の資料、「かいじん21面相」の挑戦状集が一番面白かった、というと失礼かな。

1997年01月01日(水) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:ノンフィクション

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール