トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > アーサー・ゴールデン >

アーサー・ゴールデン

LV5「さゆり」

アーサー・ゴールデン著/小川高義訳/文藝春秋/上下各1524円

さゆり〈上〉
amazon
スピルバーグがこの本の映画化権を取ったとか、全米で200万部売れたとか、とにかく話題の本ではある。

アメリカ人が芸者のことを書いた本なのだが(原題は「Memories of a Geisha」、「将軍」にあったような“ねじ曲がった日本観”みたいなものはここにはなく、日本人でもここまで精密・正確には書けないのではないか、と思わせるくらい描写は見事。これは訳者の力もあるとは思うが、とにかく祇園の芸者たちの日常が行間から匂い立ってくるのだ。

上巻は特に大傑作。芸者の回想録なのに手に汗握るとは思わなかった。下巻はそれに比べると数段落ちてしまう。エピソードの積み重ね方も雑で、主人公へのカタルシスすら消えていってしまうのが残念。またラストにかけての展開もおざなりで、上巻が面白かった分、読後はなんだかがっかりしてしまった。でも、それでもまぁ最高点だろうなぁ。

まるで日本人が書いているように、日本人にとっては常識なことを著者はまるで説明しない。あれで全米200万の読者は正確に理解したのだろうか。そこらへんが心配。あと、あの独特の祇園言葉を英語ではどう書いたのだろう。ちょっと原書を読んでみたい気分。

2000年01月01日(土) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:小説(海外)

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール