トップ > おもしろ本 > 著者別一覧 > > 赤瀬川隼 >

赤瀬川隼

LV1「白球残映」

赤瀬川隼著/文藝春秋

白球残映
amazon
直木賞受賞作。
野球に関連した5編の短編(野球に関係しない短編もひとつ入っているが)。努力、挫折、栄光、埋没…。いろんな人生の諸相が現れてくる。でも、直木賞レベルかどうかは正直疑問もある。わりと普通っぽいのだ。独自の文体がないのが痛い。だから伊集院静や海老沢泰久にちょっと負けて見える。大衆小説としては彼らの方がやはりうまいと思うし。なんだか欲求不満が残った一冊。

1995年12月01日(金) 12:00:00・リンク用URL

ジャンル:小説(日本)

ページの先頭に戻る

メニュー

Follow satonao310 on Twitter @satonao310

satonao [at] satonao.com
スパム対策を強化しているので、メールが戻ってきちゃう場合があります。その場合は、satonao310 [at] gmail.com へ。

ページの先頭に戻る

Google Sitemaps用XML自動生成ツール