ファッション アーカイブ

パーソナル・スタイリストとショッピングしてきたぞ

2012年2月25日(土) 21:37:20

2011年は、会社を辞めて独立したことと東日本大震災支援活動が重なって、本当に余裕がなかった。

会社を辞めてやろうとしたこともほとんどできず、余裕がないまま怒濤の支援生活に突入した。もちろん若干の仕事や多くの講演もやったのだけど、「やった」というより「渦に巻き込まれてそのまま流されてほとんど溺れた」に近いw

このことはボクの人生のいろいろなところに影響を与えているのだけど、そのうちのひとつ(小さいことのようでいて実は大きなひとつ)が、「服を買う時間も余裕もなくなった」ことである。

ジーンズ遍歴(ってほどのものではないが)

2011年3月 8日(火) 7:36:21

写真は昨日買った「Diesel」のジーンズ(と同型のものをネットで探してきて貼った)。
愛用のブルージーンズのダメージ加工の穴が開きすぎて、冬に履くには寒くなりすぎたので、前から1本新しいの買おうと思っていた。昨日30分の隙間を見つけて銀座の「Diesel」に飛び込んでゲット。本当はダメージ加工なしのものを買おうと思ったのだけど、店員の強力プッシュに負けてこれを購入。LARKEE-Tというシリーズ。

つか、ジーンズって呼ぶとバカにされるんだっけ?(笑)
最近はみんなデニムと呼ぶからなぁ。古くはジーパン、ちょっと前はジーンズ、いまはデニム(デニム・パンツ)。ボクは「ジーンズ」と呼ぶのが一番しっくり来る。

中学高校でラグビーをやっていたせいか、太ももが太く、昔はジーンズがまるで似合わなかった。ファッション的にもあまり好きではなく、当時はチノパンを履いて生きていた。でも最近はジーンズ以外のパンツを持ってないかも、と思うくらいジーンズ一辺倒である。

テカテカ系

2009年1月30日(金) 6:41:42

今年はイタリアでジージャン買ったのでもう冬物は買わないと思っていたが、DIESELでテカテカ系の黒ダウンが4割引きだったので思わず手に入れてしまった。

DIESELの本拠地(発祥地)はイタリアのバッサーノ・デル・グラッパ。
去年の旅の滞在地である。その郊外に3泊した。DIESELの地元アウトレットにも行った。そういうこともあってDIESELはとても親近感あるブランドとなり、最近ではよく着ている。

ツルツルで手触りがよく、軽いので肩も凝らない。とてもお気に入り。服一着で気分ってずいぶん変わるね。最近クヨクヨが強いので、バーゲン行ってお洒落しよう。

旅行中に服を買うこと

2006年2月15日(水) 9:23:12

岡山・広島行脚にインナーの着替えを持っていくのを忘れたので、岡山駅前の高島屋に入って紳士服売り場を見回ったのだが、なかなかピンと来る物がない。普段東京の真ん中で最新のものに囲まれた生活をしているせいか、「物」で選び出すとどうしても東京の方がバリエが多くなる。

こういう時の鉄則は「人」で選ぶこと。
ブランドもデザインも無視して、デザイナーズ売り場で良さそうな売り子さんを物色して歩く。3周まわってひとりの40代女性店員さんに決めた。ファッションの感じは普通だが、なんだか相性良さそうっぽいオーラがむんむんと。
「このジャケットとジーンズに合わせてすぐ着替えたい」と言ったら頭の先からつま先までサッとスキャンしてバリエを3つすばやく持ってきてくれた。なるほどなるほど。シャツはひとつもなくダブルジッパー系。理由を簡潔に説明してくれ、その中でグレーのものをオススメされる。うん。なかなかよい。自分で探してたら選ばない組み合わせ。

「ジローラモさんもオススメの組み合わせです」というひと言が余計だったが(笑)、すっと決まって良かった良かった。これでこのインナーを着るたびにボクは岡山のあの店員さんとこの出張を頭の隅で思い出し、ちょっと楽しい気分になれる。旅行中に服を買うのってだから好き。財布の紐もゆるむしね。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。