動画コンテンツ アーカイブ

スナックエリーに出演した

2012年7月 5日(木) 16:38:28

火曜の深夜、スナックエリーに出演した。

スナックエリーとは何かと言うと、「お酒(特にハイボール!)が大好きな大宮エリー。そんな彼女がスナックのママに扮し、来店するお客様(ゲスト)と一緒にお酒を飲みながら『目がすわって、くだをまいていく様子を見るだけ』のUstream番組(60分)です。」とのこと(番組概要より)。週一ペースで夜22時から「飲み会を生中継する番組」なのである。

大宮エリーはご存知だと思うが、まぁいろんなことをやっているヒトである。
脚本家、CMディレクター、映画監督、作家、エッセイスト、コピーライター、演出家、ラジオパーソナリティ。。。

刺激と共有の12時間。TEDxTokyo 2012に参加してきた!

2012年7月 1日(日) 19:17:53

ちなみに「TEDかけるTokyo」かと思い込んでいたら、「TEDx(テデックス)Tokyo」だったですよ!
TEDにxをつける意味は「x=independently organized TED event」だということです。

というわけで、昨日「TEDxTokyo」に参加してきた(@渋谷ヒカリエ・ホール)。

TED自体は最近NHKで「スーパープレゼンテーション」という番組になったので知っている方も多いかもしれない。

悲しくてやりきれない @沖縄

2012年3月 9日(金) 14:44:09

ちょっと理由があって沖縄に急に来た。

その理由については、詳細がわかり次第、また書きたい。人の死が関係したことなので不正確には書きたくない。まだ情報が不足している。でも、とにかく、朝そのことを知り、予定を放り出して昼前の便に乗った。その死んだ人とボクを実の息子のように思ってくれている大切な人の横にいないといけない。

一本松のクリスマス

2011年12月25日(日) 14:55:53

残念ながら枯れてしまったのだけど。

昨日のクリスマスイブ、岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」を、地元「高田松原を守る会」の人たちや学生ボランティアの人たちがライトアップした。

ベクレルとシーベルトの違い、子供に説明できますか? 〜MOJO更新

2011年11月 6日(日) 12:19:06

「新しい風穴になるといいな」という記事でその趣旨をくわしく書いた「MOJO 〜モニタリングや除染のことを大臣や省庁や専門家たちにいろいろ聞いてくるページ」が先週ようやく更新できました。

更新したのは「Q&A MOJOが聞いてきました」の部分。
「MOJO」の左側のメニューの「Q&A MOJOが聞いてきました」から入って、ぜひご覧ください。

金井夕子の「パステルラヴ」

2011年9月25日(日) 17:48:35

ドラクエ2ばっかりやっていたように見えるかもだけど、この三連休はマジで整理&断捨離をがんばった。

前にも書いたが、4月1日に独立してからちゃんとした整理をしておらず、311後のそれどころではない毎日に翻弄されていた。半年経ってようやく自分のことに目を向け始めた感じ。いわば「いまから独立するぞ」な気分である。

で、量的には小型のバンがいっぱいになるくらいは捨てた。
とはいえまだまだだ。「あ、これScanSnapでスキャンしとかないとー」とかいう書類が多く、時間がかかっている。来週週末までになんとかもっとキレイで落ち着いた環境にするつもり。

観る人に伝わるクリエイティブ

2011年6月14日(火) 8:42:48

さて、昨日書いたように、札幌のYOSAKOIソーラン祭りの話。

ボクはこの祭りに2006年からなぜか深く関わるようになり、ここ4年間、審査員なんかもした。YOSAKOIソーラン・フォーラムという巨大イベントでパネラーをしたり、基調講演をしたりもした。

その過程で、踊りも出来ないくせに、なぜか「どうやって演舞を構成していけばいいかをクリエイティブディレクターの視点から講義する」という講義行脚もしたのである。旭川、帯広、十勝で、たくさんのチームを集めて講義をした。

ニューヨークの友人が作ってくれたビデオ

2011年4月 7日(木) 14:28:51

ニューヨークの古い友人がこんなビデオを作ってくれた。

ニューヨーク在住の彼とは十数年前にいっしょに長い映像作品を作った。
ボクが企画し、彼はライン・プロデューサーだった。ニューヨークやコニーアイランドでロケをし、編集した。とても印象深い仕事で、細部にわたってすごくよく覚えている。ニューヨークのアパートの窓のカタチをきっかけに次々と物語がつながっていく10分ほどの映像で、ストーリーも仕上がりもとても満足していた。あぁ懐かしい。

日本人に生まれて良かった

2011年3月15日(火) 11:39:49




万感胸に迫ってくる。
いろんなことがあるけど、日本人に生まれて良かった。日本人が大好きだ。

もちろん、これはCMだ。広告だ。"企画"である。
でも、こういう広告のチカラも、企画を作った日本人も、大好きだ。

そして、この強い想いを、いま苦しんでいる方々のためになんとか使いたいと思う。

ここんとこ気になった(ツイッターで人気が出た)リンク集

2011年2月 6日(日) 18:22:07

相変わらず土日は執筆。物理的にはもう3冊くらい書けているぐらい時間を使っている。

もうなんというか、試合をしながら成長していったサッカー日本代表みたいな気分す。って、そんな上等なもんじゃないな。もっとドロドロだ。書きながらどんどん内容が変わる。一応「成長」の方向に変わってはいると思うけど、とにかく変わる。で、また最初から見直す。書き直す。ふとあることに気づく。また最初から見直す。書き直す。そんなこんなで深まっているのか混迷しているのか微妙な感じで書き続けています。

ということで、余裕がないこともあり、たま〜にやっている「ここんとこ気になった(ツイッターで人気が出た)リンク集」をやろうと思う。

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。