テレビ・ラジオ アーカイブ

「たむたむたいむ」と「二十歳の原点」

2012年6月27日(水) 8:28:46

前回の「たむたむたいむ」、覚えてくださっている方が多くてうれしかったな。

こういうのは同年代が多いフェイスブックの方が盛り上がるかと思ったら、意外とツイッターで盛り上がった。ほんの少し引用すると・・・

香川の片田舎でしたが深夜帯は電波が届くので聴いてました。 懐かしいですね。熱心なリスナーではなかったけど、時々聴いてましたよ。 懐かしい。関東では、「あおい君とさとう君」「たむたむたいむ」「コッキーポップ」の流れでしたね。 ( *`ω´) 覚えてます!って云うか聴いてました! 私はTBSラジオ派でしたが、聞いてました。かぜこうじ 懐かしいです。確か公開録音にも参加した気がします。 よく聞いていました。エッセイ本「各駅停車の青春に」も持っていました。 懐かしい ナッチヤコパックと同じ頃だっけか うわぁ、たむたむタイム!サイトがあるなんて知らなんだ。たむたむタイム聴いて、コッキーポップ聴いて、その後曜日によっていろいろ深夜放送聴くのが日課だった。かぜさんは憧れの人でした! 昭和40年生まれですが、深夜放送で一番最初に聞いた番組だと思います 覚えてるというか、必聴番組でした。あおいくんと佐藤君〜たむたむ〜コッキー〜オールナイトニッポン 有りましたね 懐かしい「自作自演のコナー」で曲がかかった事あります。昔昔の話し・・ 「音のMAC」。RT: ナショナルステレオマックのラジオCMをよく覚えてます。そして親にねだって買ってもらった。 いや、「はじめの1歩」でマンホール落下ならば、茶色ではなかったか、と。 黄色の方がリアルではありますがw RT: 黄色い少年の話とか、いまでもたまに思い出します! かぜさんきいてよ~……そんなフレーズありましたね。フレーズしか思い出せない。フレーズ繋げていくて蘇るものがあるかしら(笑) 昼間探したら「さよならの待ち伏せ」と「各駅停車の青春に」上下、まだ持っていました♪

・・・こんな雰囲気w

懐かしいといえば、6月24日は「二十歳の原点」の髙野悦子の命日だった。

約40年前の深夜放送「たむたむたいむ」を覚えてる方!

2012年6月25日(月) 6:53:33

昨日は「かぜ耕士の『たむたむたいむ』サイト」のオフ会であった。

いま40代50代60代の方で、昭和50年代、東京近辺に住んでいらした方は覚えていらっしゃる方も多いと思う。

そう、当時中学生高校生の方々。
当時のラジオの深夜放送のNo.1聴取率だったニッポン放送「たむたむたいむ」。そのパーソナリティ(DJ)だった「かぜ耕士さん」を囲む会なのである。

理恵塾と尾崎牛とNHK

2012年1月14日(土) 16:44:32

朝、宮崎観光ホテルの部屋で目覚め、ベッドに寝転びながらぼんやりNHKニュースを見ていたら、6時50分に自分のアップが流れた(笑)

昨晩の宮崎での「理恵塾」での講演、NHK宮崎が取材をしてくれ、地元版でオンエアーされたのである。びっくりした。7時30分にも再び流れたので、慌てて写真を撮った。アップのところは恥ずかしいので、ちょっと引いたのを載せておきます。

おかげさまで昨晩は盛況だったけど、直前に「宮崎の課題」をいろいろ宮田理恵さんから聞かされ、それを盛り込んだ宮崎バージョンでソーシャルメディアの活用法をしゃべるトライをしたので、講演の出来としては少し散漫になっちゃったかも。でもまぁ「宮崎をソーシャルメディアを活用して盛り上げる方法」の方向性は話せたと思う。

あの幻の名店「サウンドインサム」が閉店…

2011年12月12日(月) 11:21:52

今回の大阪出張でショックだったこと。

北新地の「サウンド・イン・サム」が閉店していた・・・!

あぁ日本の中でも本当に本当に希有な店だったのになぁ。

市川森一「淋しいのはお前だけじゃない」

2011年12月10日(土) 22:05:41

ここ2週間くらい、福島県いわき市に行ったり、話題の代官山蔦谷書店に行ったり、大日本プロレスに行ったり、グーグルのカンファレンスで基調講演やったり、今日は今日で大阪で満劇(満員劇場御礼座)を観たり、いろいろあったんだけど(というか、年末まで4週間連続で休みが1日もないことが判明)、新幹線に乗って東京の家に帰り着いて夕刊みたらちょっとショックなニュースがあったので、それを短く。

市川森一さんが亡くなった。

知らない人はまったく知らないと思うけど、昭和を代表する脚本家のひとりである。
名作ドラマをたくさん作ってくれた彼であるが、ボクはダントツに「淋しいのはお前だけじゃない」が好きである。好きすぎて脚本本も買った。小室等が作った主題歌「淋しいのはお前だけじゃない」は、西田敏行(主演)が歌った歌の中では(「もしもピアノが弾けたなら」なんて目ではなく)一番の代表作だと思っている。

共有欲という基本的欲求

2011年10月23日(日) 14:40:06

燃え尽きがなかなか治らず、なんだか前向いて進めない毎日だが、作業量はわりかしこなしている。

それでもこの土日くらいゆっくりしようと思い、録り溜めていたテレビ番組などを観て過ごした。

録画していた「ようこそ!先輩」とか「アメトーク」とか「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」とか「クローズアップ現代」とか、次々に観ていったのだが、なんだか不思議な感覚があった。

ラジオのパーソナリティ、初挑戦!(ちょっと過去)

2011年9月21日(水) 7:11:29

asakatsu.jpegずぅっとずぅっと書こう書こうと思いつつ、書くタイミングを失っていたのだけど、ラジオNIKKEI の「アサカツ!」という番組の、月曜日のパーソナリティをやってます。

いや、やってました(過去形)、か。
もう3ヶ月分の収録を終え、来週月曜が最終回になってしまった。

でも、なんとなく「書くタイミングを失っていても大丈夫」と思っていたのには理由がある。
ポッドキャストで聴けるのである。

篠山紀信 × ホンマタカシ × 梅佳代

2011年4月26日(火) 9:08:57

昨晩はNHK「DEEP PEOPLE」を楽しんだ。

出演者が、篠山紀信・ホンマタカシ・梅佳代のお三方。3人とも(少しではあるが)実際に知っている。テレビで鼎談している人が全員知っている人なんて機会はそんなにない。ご一緒したときのことを思い出しながらニヤニヤ見ていた。

3人の中で一番古いのはホンマタカシさん。
とはいえ3年弱前。一緒にハワイ・ロケをした。本当に無口でシャイな方で、初対面の挨拶をしても「あー」くらいしか言わないw でも少しずつ関係が温まってきて、最後には世間話などもする感じに。でもアシスタントの人(その名もアマゾン)が「ホンマさんがこんなにしゃべるの珍しいです」とのことだったので、これでも気を許してくれた方なのかもしれない。

「クローズアップ現代」にちらりと出たお話

2010年9月 2日(木) 9:37:40

一昨日の夜のNHK「クローズアップ現代」にボクのインタビュー映像が少し出た。

その夜は深夜まで残業だったので、本放送も、BS2での再放送(同日深夜)も見られなかった。というか、NHKのディレクターからメールで「撮った映像を使うことになるかどうか、放映直前ギリギリまでわからない」と言われていたので(ギリギリまで編集作業をしてるのね)、半分忘れていた。そしたら19時半すぎ(ボクが映った時間)にツイッターで「見ました!」「ひょっとしてアレは…?」とかたくさん流れてきて、電話もいくつかいただき、「あー映ったんだ」と知った次第。

事の発端は、まず「クローズアップ現代」(以下「クロ現」)の大野ディレクターが7月頭に連絡してきて、ツイッターについて取材されたのが始まり(カメラなしの事前取材)。ツイッター特集をする、ということで、募金の話とか鳩山さんの話とかウメケンの話とかとんかつ屋での話とか月が美しい話とか、いろいろ聞かれ、答え、メディア論まで発展していろいろ話した。

お知らせなど

2010年6月 4日(金) 9:28:47

いきなりですが、今晩23時からNHK教育「芸術劇場」でアナニアシヴィリの「ロミオとジュリエット」放映します! 岩田守弘さんももちろん出ます。ぜひご覧下さい。当日のボクの感想はこちら

お知らせついでにもうひとつ。
「my Japan」というコンテストの審査員をしています。「学生が日本の良さを表現する」というコンテストで、テーマは「ガイドブックにない日本の良さ」。CM部門とインタラクティブ部門があります。ボクが審査するのはインタラクティブ部門。佐藤尚之賞もあります(笑)。インタラクティブ部門の〆切は6月26日(エントリー〆切は19日)。ふるってご応募ください。

こういう漠然とした広いテーマの場合、わりと「自分の視点」に固執してしまってひとりよがりの作品になりがちなんですよね。それではヒトに伝わらない。まず「伝えたい相手」を決め、その人の顔を具体的に想像しながら、その人だけのために作ってみると意外とうまく行くと思います。がんばって!

佐藤尚之(さとなお)

佐藤尚之

佐藤尚之(さとなお)

コミュニケーション・ディレクター
(株)ツナグ代表。(株)4th代表。独立行政法人「国際交流基金」理事。復興庁政策参与。公益社団法人「助けあいジャパン」代表理事。
大阪芸術大学客員教授。東京大学大学院非常勤講師。上智大学非常勤講師。
朝日広告賞審査員。やってみなはれ佐治敬三賞審査員。
1961年東京生まれ。1985年(株)電通入社。コピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経て、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。2011年に独立し(株)ツナグ設立。
現在は広告コミュニケーションの仕事の他に、「さとなおオープンラボ」や「さとなおリレー塾」「4th(コミュニティ)」などを主宰。講演は年100本ペース。
「スラムダンク一億冊感謝キャンペーン」でのJIAAグランプリなど受賞多数。
本名での著書に「明日の広告」「明日のコミュニケーション」(ともにアスキー新書)。「明日のプランニング」(講談社現代新書)
“さとなお”の名前で「うまひゃひゃさぬきうどん」(光文社文庫)、「沖縄やぎ地獄」(角川文庫)、「沖縄上手な旅ごはん」「極楽おいしい二泊三日」(文藝春秋)、「ジバラン」(日経BP社)などの著書がある。
花火師免許所持。
東京出身。東京在住。横浜(保土ケ谷)、苦楽園夙川芦屋などにも住む。
仕事・講演・執筆などのお問い合わせは、satonao[a]satonao.com まで(←スパムメール防止のため、@を[a]にしてあります)。